日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

モデルの食生活とは?スタイル維持だけでなく健康面も大事

      2016/02/10

モデルの食生活とは?スタイル維持だけでなく健康面も大事

モデルにとっての食事というのは、スタイルを維持することも

大切ですが、健康を維持することも大変重要となります。

モデルの人は、どのような食生活をしているのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

妊婦さんの胃痛の症状はストレスが原因?

妊婦さんは妊娠の特に初期や後期に、ストレスが起きやすいと言わ...

背中の激痛の原因は?立てない時はどうしたらいい?

腰や背中に激痛が走り、立てないくらい痛い原因とは?背中の痛み...

妊婦に起こる胃痛や背中痛の原因とは?

妊娠時に胃痛や背中痛が起こることは、比較的多いそうです。しか...

背中の激痛はすぐに病院へ!受診するのは何科?

背中の痛みの原因として、最も多いのが「筋肉疲労」です。次に考...

スポンサーリンク

美を守るためのモデルの食生活

モデルは、その魅力的なルックスを商品にして報酬を得ていると言っても過言ではありません。

ファッションモデルであれば全身のスタイルや顔の表情が何よりも大切ですし、ヘアメイクのモデルであれば健康的な髪や肌が欠かせません。

ハンドクリームのCMに出るようなパーツモデルの場合は、傷や荒れがない美しい手をしていることが大前提になります。

こうした大切な商売道具を守るために、モデルは日々、大変な努力をしています。

たとえば「体重の管理」をするために、「肉」や「炭水化物」「糖類」などが含まれる太りやすい食事を厳しく制限し、野菜や雑穀米を中心としたヘルシーな食生活を送る。毎日必ずランニングやウォーキングをする、スポーツジムで泳ぐ、などの努力は多くのモデルが実行していることです。

引用元-モデルの体調管理・食事・体重 | モデルの仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

モデルの食生活 食事制限はNG?

食生活に気を付けるのと、食事制限は全く違うと感じています。
例えば暴飲暴食を避けるのは食生活に気をつけていると言えますが、食事制限とは言えませんよね。
とにかく食べる量を少なくして我慢しなければいけないのが食事制限になると考えられます。
生きるために必要な欲求になる食欲を堪えながら生活してモデル体型を維持するのは、正直言って無理な話です。
ストレスが溜まって反動でドカ食いをしたり、健康を害して痩せすぎになったりするため、プロのモデルとして失格のスタイルになってもおかしくありません
プロのモデルたちも食事で注意している部分はあっても、過酷な食事制限は一切実践していないでしょう。

引用元-モデルの食生活を真似る | モデル目指してます!

モデルの体型維持は食べるバランスや順番を考える

まず、最初に見直したいのは、“糖質のバランスを考える事”がベストです。
バランスと言っても、「食べる量」や「内容」です。
脂肪になりやすいと聞くと、【脂質】を気にする方が多くいられますが、【脂質】よりも【糖質】の方が脂肪になりやすいことを念頭に置きながら調整していきましょう。
糖質の中でも、上白糖やグラニュー糖(お菓子など)や炭水化物(米、パン、いも、麺類など)を食べ過ぎている人が多く見受けられます。
心当たりのある糖質は、一度書き出してみてください。
その分量を少しずつ減らし、徐々に慣れていくことが重要です。
糖質を急にカットすると、体が欲してしまい、後々過剰に摂取をしてしまう反動がくることがありますので、極端な減らし方はしないほうが効果的です。
また、脳の働きや筋肉、神経系統などのエネルギー源は、糖質であることも事実ですので、完全に糖質を断つことは、避けましょう。
 
次に食べる順番としては、まず副菜である野菜やスープを口に入れて、吸収しにくくする防波堤をつくり、主菜のお肉や魚等のおかず、その後に主食である炭水化物という順番が理想的ではありますが、実際、最後にご飯だけ、というのもなかなか味気ない気がしますよね。
まずは副菜を先に食べてあげる事からスタートするだけでも、一ヶ月後の効果は違ってきますので、
徹底してそれだけでも継続してみてはいかがでしょうか。

引用元-モデルの体型維持~食事・食生活について(モデルの仕事について) | MODELBA

モデルの食生活はどんな感じ?

モデルの朝食

ダイエット中でも朝食を抜いてしまうのはよくありません。バランス良く、美肌にもダイエットにも効果のある食事をしましょう。

スムージー
お手製の野菜スムージーが人気です。果物も入れれば飲みやすいですし、好みの味をさがすのも楽しいですよね。

シリアル
炭水化物よりもヘルシーですが、意外とお腹に溜まります。果物やハチミツも混ぜれば、満足感も美肌効果もアップです。肌荒れが気になるときは特にオススメ。

パンケーキ
いろいろとアレンジも出来ますし、簡単に作れますよね。特にベリー系を生地に混ぜて食べるのが人気。意外にもラズベリーには脂肪燃焼作用があるんですよ。

モデルの昼食

こちらもやはり抜いてはいけません。好き嫌いを考慮しながらいろんなメニューを試してみてください。

和食
全体的にカロリーが低いので、昼食に和食を取り入れているモデルさんは多いようです。煮物であればお肉でもさっぱり食べられますね。

サラダ
やはりサラダは欠かせません。1番最初に食べればその後の食事の吸収を抑えてくれます。

肉、魚
もちろん脂身の少ないものをチョイスしましょう。たんぱく質は筋肉の元になるので、適度に摂取すれば代謝も上がってダイエット効果も増します。

モデルの夕食

あまり遅い時間には食べず、18時ぐらいまでに食べ終える方が多いです。少なくとも寝る4時間前は食べないように気をつけましょう。

玄米
白米よりも玄米を。食物繊維もありますし、噛み応えのある玄米は咀嚼することで満腹感も得られます。食べ過ぎを防ぐことも出来ますね。

鍋料理
野菜が苦手な方にオススメです。鍋にしてしまえば結構な量の野菜でも食べやすいですよね。コラーゲン鍋も人気です。

少量のデザート
アイスクリームでもチョコレートでも構いません。週に数回は息抜きに食べましょう。ダイエットの大敵はストレスです。リバウンド防止になるのではないでしょうか。

引用元-モデルの食生活、ダイエット方法 | 食事健康ドットコム

モデル体型維持のために 食べ過ぎた翌日のリセット法とは?

朝食は、コールドプレスジュースでリセット。体が重いと感じたら、何も食べずに胃を休めることも
昼食・夕食は自炊。いつもの分量の7~8分目でつくる
お皿に余白をつくり美しく盛り付ける。見た目でボリュームの物足りなさをカバー
時間をかけて食べ、満足度を高める。家族や友人とゆっくり過ごすなどして、早食いを防止
体重計に乗り、鏡を見て、ラインの変化を確認する。日常の動きのなかで筋肉の使い方を意識して体を動かす

外食の翌日などは、これら5つのことを実践しているそうです。しっかり食べた次の日は、お腹はいっぱいのはずなのに、ついつい前日のテンションのまま食べ過ぎてしまったり、現実を見るのが怖くて体重計を避けたりしがちですが、早めの対策で「なかったこと」にすることが大切なんですね。

引用元-ママモデルに聞く、キレイをつくる毎日の食生活習慣とは?〜宮平亜矢子さん〜 | ベルタカフェ

 - ハウツー, 健康, 美容

ページ
上部へ