日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

顎を小さくして小顔に!小顔の簡単マッサージとは

      2018/11/02

顎を小さくして小顔に!小顔の簡単マッサージとは

顔が大きく見えてしまうのは、

顎のたるみなどが原因のようです。

マッサージやメイクで顎を小さくしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

顔を小さく見せたい 大きく見えるのは顎のたるみが原因?

私たちの体は、毎日仕事などで忙しくしていて、不規則な生活を続けたり生活習慣が乱れたりすると、体の血流が悪くなったり筋肉がコリ固まったりしてしまいます。すると、体に表れてくるのが体のむくみやたるみです。
血行が悪くなって筋肉がコリ固まれば、体に老廃物がたまりやすくなります。しかも、余分なお肉まで体についてしまうんですね。これが体のむくみやたるみを引き起こしてしまうわけです。
もちろん、このむくみやたるみは顔にも表れます。例えば頬がたるみ、下あごがたるんで二重あごになり、目元がたるめばシワもできてしまい、顔全体がむくめが顔が大きく見えてしまいまいますよね。
このように顔のむくみやたるみが顔を大きく見せてしまうため、その原因となる顔の血行不良や筋肉の凝り固まりを解消する必要があります。
そこで顔の血行不良や筋肉のコリに効果があるといわれるのが、顔のツボです。
顔のツボを押すと、顔の血行が良くなって筋肉のコリも解消されます。そして、顔にたまった老廃物を流して余分な肉をとって、顔を小顔にすることができるといわれているんですよ。

引用元-小顔にする方法ならこれでしょ!押すだけで小さくする顔のツボ12選| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

顎を小さくしたい たるみ顎や二重あごの改善法とは

●たるみ顎
特に口角の下の筋肉が衰えて、脂肪組織もおちてくると、 口がへの字になりやすく、 
アゴがたるんで、大きくなり老け顔に見えてしまいがちです。
それを予防するには、顔の筋肉トレーニングが効果的でしょう。
食事の時によく咀嚼する習慣を付けることも効果があります、あごの筋肉が鍛えられるからです。

●二重あご
二重あアゴの原因は主に表情筋の衰えです。
アゴを押し上げる筋肉である「おとがい筋」が 弱くなると、下頬やアゴの辺りがたるんで、
二重アゴになってしまいます。

二重あご解消してフェイスラインをくっきりさせる、骨気(コルギ)やマッサージが有効です。

骨を刺激することで顔の骨の位置が矯正され、また、血液やリンパ液の流れがスムーズになることで、
むくみやたるみが解消され、顔がどんどん小さくなっていきます。

あごも使わないとダメで、よく噛んだり、よく喋るようにいつも顎を使う習慣をつける。

顎などマッサージで小顔を目指そう!

実は小顔にするためには痩せることも大事ですが顔の筋肉、特に顎の筋肉を鍛えることが大事だそうです。

筋肉を鍛えることで痩せた後にもたるむこともなく綺麗に小顔にすることができます。そのためには毎日ストレッチをしてあげる必要があります。
毎日簡単にできる、小顔にするためのストレッチを覚えましょう。

顔の筋肉を手のひらでほぐす

いきなり顔のストレッチをすると顔が痛くなる場合があります。それを防止するためにまずは手のひらを使って顎(えら部分)、頬などの筋肉を軽くほぐしてあげましょう。

手のひらで頬を包み込み、軽く回してあげるだけで筋肉がほぐれますので、時間がある時に簡単にできます。

口角を上げて顎をシャープに

口の「い」の状態にします。その時に口角が上がっているかをしっかりと確認します。その口角が上がった状態で5秒キープ、口角が下がらないようにその間はしっかりとチェックしておきましょう。

首筋が張るのを意識する

首筋に手を添えて口を「え」の状態にします。首筋が張っていない場合は手を首筋に添えて下(鎖骨方向)に引っ張ってみましょう。首筋がピンと伸びた状態で5秒キープします。

舌を出して顎を引き締め

舌を「べーっ」と思いっきり出します。その時、口も大きく開けるのがポイントです。下が顎先につくように思い切り出してそのまま5秒キープ、難しい場合は2~3秒でも構いません。舌を出すことで顎の筋肉が固くなり引き締めに繋がります。

口を動かしてフェイスラインを綺麗に

この方法は雑誌やテレビでもよく紹介をされていますが、とても効果があります。大きく口を開けてゆっくりと「あ・い・う・え・お」と動かすだけで顎がしっかりと動くのでフェイスラインが綺麗になると言われています。

フェイスラインが綺麗になると小顔にも繋がります。これは時間がある時にすぐにできるので、ちょっとした休憩時間やトイレに行った時などにやるととても効果的です。

引用元-小顔にしたいなら顎の筋肉に注目!1日1分の簡単ストレッチ | 女性の美学

顎の長さはメイクで改善 メイク法について

顎を長く見せたい場合
顎を長く見せるためには、顎先に明るい色を乗せましょう。
少し明るめのハイライトを入れた部分は、目の錯覚によって、長く伸びているように見えてきます。
顎先のうぶ毛もきちんと処理して、吹き出物もコンシーラーで隠しましょう。
明るくなった分、顎が長くなったように見えるのです。
顎を短く見せたい場合
顎を短く見せたいときは、顎先に暗い色を乗せましょう。
顎先に、少し暗めのシェーディングを入れると、目の錯覚によって、顎が引っ込んで見えるようになります。
顎が短くなったように見えるのです。

引用元-顎を長く見せたいときのメイク。顎を短く見せたいときのメイク。 | 顔立ちの悩みを解消させる30のメイク方法 | HappyLifeStyle

若者の顎が小さくなっているという問題も

なぜ顎が小さくなるのか?

若者の顎が小さくなっているのは、ズバリ下顎の発達がうまくいっていないからです。
よくかまないことによる骨の退化です。進化ではありません。
よく噛まない原因は、ハンバーグやシチュー、カレーライス、ファーストフードなどの柔らかい食事、カタカナ食の洋食がメインになっているからです。
昔はゴボウなど硬い野菜が入った和食を毎日食べることが普通でしたが、最近はお味噌汁をだしからとって作る家庭も少ないのではないでしょうか。
お急須にお茶をいれて飲む家庭も激減しているといいます。
離乳食の進め方にも問題がある

また、離乳食の進め方にも問題があります。
多くの育児本、雑誌では、「○ヶ月になったらパンがゆを始めましょう」などと月齢単位で食事のメニューをすすめています。
しかし、本来はその子の口の状態(歯がどれくらい生えているか、食事に適した口になっているか)によって進めるべきであり、成長を無視して月齢で一律に進めるべきではありません。
さらに、最も大切なのは、離乳食の際にスプーンで食べさせる「補食」をきちんと指導できていないことです。早く食べさせようと、スプーンを口の中に押し込むようにいれてしまい、子供が唇をきちんと使えないまま成長してしまうのです。
そうなると、唇の筋力が成長に応じて発達しないため、正常な飲み込みができなくなり、異常な飲み込みの癖がついてしまいます。顎の骨や舌、唇の筋力によって絶妙なバランスで発達していくのですが、唇の筋力が低いままであると、歯が生え揃った際に適切な力が加われず、異常な歯並びになったり、口呼吸になってお口ポカンになってしまいます。
その口呼吸が続くと、さらに唇の筋力も低下し、顎の発達も遅れるという悪循環になってしまいます。

引用元-若者の顎が小さくなり親知らずが正常にはえない

 - 健康, 美容

ページ
上部へ