日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

いびき対策にマスクを!おすすめから画期的な商品まで

      2018/10/31

いびき対策にマスクを!おすすめから画期的な商品まで

いびきを治したいといびき対策を考えているなら、

マスクがいいみたいです。専用のいびき防止マスクではなく、

普通のマスクでも直接的な効果はありませんが、

専門家も勧めているそうです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

妊婦さんの胃痛の症状はストレスが原因?

妊婦さんは妊娠の特に初期や後期に、ストレスが起きやすいと言わ...

背中の激痛の原因は?立てない時はどうしたらいい?

腰や背中に激痛が走り、立てないくらい痛い原因とは?背中の痛み...

妊婦に起こる胃痛や背中痛の原因とは?

妊娠時に胃痛や背中痛が起こることは、比較的多いそうです。しか...

背中の激痛はすぐに病院へ!受診するのは何科?

背中の痛みの原因として、最も多いのが「筋肉疲労」です。次に考...

スポンサーリンク

いびき対策のマスクはどんなものがあるのか

いびき防止マスク

いびき防止マスクとして「いびきマスカット」という商品などがあります。いびき防止の効果がなければ全額返金してもらえるとなっているようですので、一度試してみるのはいかがでしょうか。いびきは口呼吸をしていることから原因となっていることが多いですので、その口呼吸を止めるために活躍することと思います。「いびきマスカット」は口の開きを抑えていびきを止める役割をする商品となっているようです。

いびき防止マスクの価格

いびきマスカットの価格は1.680円となっています。他にもマスクタイプの口を止めるタイプのサポーターになっているマスク「ナイトサポーターすやすやいびき防止マスク」などの商品もあり、こちらも口呼吸を止めて鼻呼吸できるようにするマスクとなっています。価格は4.000円前後となっていますのでマスクタイプがいいという人は使いやすいものを探して使用するといいでしょう。

いびき対策できるグッズ

いびき防止グッズにはいろいろなものがあります。マスクタイプから鼻テープ、バンド、アプリやマウスピースまでいろいろありますので、一つに限らずいろいろなものを試していびきを防止できるものを探すといいでしょう。

このようにいびき防止グッズにはたくさんのものがあります。口呼吸を止める防止マスクは、ぴったり合うものがあるととても効果的と口コミなどでも言われているようですので、是非いびきに悩んでいる人は試してみるといいのではないでしょうか。

いびき対策でマスクを いびき防止マスクのメリットとは

いびき防止マスクは、マスクをして口を閉じることによって口呼吸を防ぎ、いびきを軽減するものです。
テープの方もいびき防止マスクと同様、口にテープをして口を閉じる事によって鼻呼吸にするという商品です。
口呼吸が癖になっていることが原因でいびきをかく人に効果がある商品で、使っているうちに自然と鼻呼吸になっていくのも嬉しいところです。

マスクのメリットは比較的安価で手に入るところです。しかし自分に合うタイプを買わないと、外れやすかったり苦しくなることがあります。
テープの方はマスクよりコストパフォーマンスは悪いですが、使い捨てなので衛生面が気になる人におすすめです!
ただし、鼻が詰まっているときに口にマスクやテープをすると呼吸ができなくて寝苦しくなるので、花粉症や風邪の人は注意して使ってくださいね!

引用元-いびき防止グッズでおすすめなもの7選 | 花言葉と夢占い

いびき対策に画期的な商品も マスクもホースもないCPAPとは

夜寝ているとき、“いびき”がうるさいと周囲の人に言われてお悩みの人の中には、もしかすると“睡眠時無呼吸症候群”の患者もいるかもしれない。

そんな患者たちをサポートしようと開発されているのが、「Airing」というツールだ。

・“閉塞型睡眠時無呼吸”対策のための小型CPAP

Obstructive Sleep Apnea (OSA、閉塞型睡眠時無呼吸)は、睡眠中に喉の筋肉が弛緩し、舌根が垂れ下がることで気道が塞がれてしまう症状。

OSAは、高血圧、心循環系の病気、記憶障害、体重増加、頭痛など、さまざまな身体異常の原因となる恐ろしいものである。

このOSAの治療で一般的に用いられているのが、Continuous Positive Airway Pressure(CPAP、持続気道陽圧)というツールだが、ホースとマスクでつながれ、見た目も悪い上、寝苦しさを伴うのが難点で、ユーザーのうちおよそ半数が1年以内に使用をやめてしまうというデータもあるようだ。

・マスクもホースもない!使いやすさを目指す

そこで、よりコンパクトで装着しやすく、快適な眠りを目指したのが、小型CPAP「Airing」である。うっとうしいマスクも、そこから伸びるホースやコードも取り払われ、鼻腔の部分に装着するだけ。

「Airing」は、もともとコンピューターチップの熱コントロールに使われる、マイクロブロアの開発中に誕生した副産物だったという。「Airing」の本体部分にはバッテリーなどの電気部品が内蔵されており、コードレスを実現している。

引用元-【睡眠時無呼吸症候群に悩む人に】マスクもコードもない小型CPAPで快適な睡眠を! | Techable(テッカブル)

普通のマスクではいびき対策にならないの?

マスクでいびきが改善されたという体験談はインターネット上に多く見られるようです。

一般的に、マスクには呼吸の方法を鼻呼吸に矯正する直接の効果はありません。

ですが、口での呼吸がしにくくなっていて鼻で呼吸するようになったり、細菌を防いで
鼻の通りを良好に保ち、鼻呼吸がしやすい状況を作ってくれます。

その他にも、いびきと並んでお悩みの口臭も防いでくれるのです。
口臭も口呼吸が原因でなりやすいと言われております。

そしていびき対策用に作られたマスクの中には、
口を開きにくいように軽く押さえることで口呼吸を減らし、
鼻呼吸を促すようなものもあります。

単純に、マスクをすることで外に漏れるいびきの音がちょっとだけ小さくなるというのも、
一緒に寝る人からするとありがたいみたいです。

実は、健康的な睡眠のためにも実はマスクの着用が良いということは専門家も認めているところです。

ですから、いびき対策に何から始めていいかわからないという人は、
とりあえずマスクの着用から始めてみてはいかがでしょうか。

いびきが重度の場合は鼻マスク療法も

いびきの治療とは、病気を含めて原因となっている要素を取り除くことが必要なわけですが、それと並行して、いびきを抑えるための対症療法的な治療もいくつかあります。

具体的には下記のような治療の方法があります。

・薬物療法

・鼻マスク療法

・マウスピース療法

いびきは、ある種の薬を使うことで、いびきの原因となっている気道を拡張することができます。しかし、このような薬物療法は、あくまでも一時的なものでしかありません。

薬の服用を中止すれば、また元に戻ってしまうんですね。まさか、ずっと薬を飲み続けるわけにはいきませんよね。従いまして、いびき対策の薬物療法は、他の治療と同時進行で行われることがほとんどです。

肥満も度が過ぎますと、いびきの原因になることがあるのですが、そういう方に対しては、鼻マスク療法(CPAP)が実施されることがあります。

鼻マスク療法(CPAP)の正式名称は、経鼻式持続陽庄呼吸装置(nasal continuous positive airway pressure:CPAP)と呼ばれるものですが、この医療器具は就寝時に、ゴムマスクを顔に装着することで気道を確保して、コンプレッサーを作動させることで空気を送り込んでしまうというものです。

ちょっと想像がつくと思いますが、この装置は簡単に持ち運びができるものではありませんし、マスクの装着感や衛生上の問題、さらには費用的な面からも、重度の患者さん以外は実施されていないのが実情です。

twitterつぶやき

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ