日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

血圧が低いと危険?低血圧で気をつけたいこと

      2017/09/11

血圧が低いと危険?低血圧で気をつけたいこと

血圧が高い時は、危険を多く言われますが、

低血圧の危険性というものはあまり言われません。

ですが、気をつけなければならないことは、もちろんあります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

血圧が低いとどのような危険があるのか

一般的に、高血圧の場合その危険性が叫ばれたりもしますが、血圧が低い場合に関してはそれほど注目されません。それはなぜかというと、高血圧に比べて命の危険に直結することがないからです。だからといって安心はできません。
 
 
血流量が低いことで思わぬ二次被害を被ることもあるからです。
 
 
例えばめまいや立ちくらみ。急に立ち上がったりしたときに激しい立ちくらみやめまいを起こして転倒し、怪我をするという例も数多くあります。また、隠れた病気が元で血流の悪い状態になっているかもしれません。体の不調が続くのであれば、まず医療機関に相談した方が賢明です。
 
 
さらに、朝起きられないという状態が続くと、会社に遅刻したり欠勤してしまったりする人もいます。周囲からはやる気がないとレッテルを貼られ、最悪の場合退社に追い込まれる人もいます。血圧が低いという理由だけで、日常生活に支障を来してしまう危険も潜んでいるわけです。

引用元-血圧が低いとどのような危険があるのか

血圧が低いことによる立ちくらみで怪我をする危険も

低血圧によってめまいや立ちくらみを起こしやすい人の場合、怪我を負う可能性が高まってしまうという点も無視できません。寝ている状態、もしくは座っている状態から急に体を起こしたり立ち上がったとき、血圧が低下してめまいなどを起こす事を「起立性低血圧」と呼びますが、近年では中高年者にこの症状が多く見られる事が報告されています。
 
中高年者の場合、体がふらついても咄嗟に対応して体を支える事が難しく、頭や体を強く打ち付けて骨折してしまう例も珍しく無いため危険性が高いと言われているのです。
 
 
特に高齢者の場合は骨折の治癒に時間がかかるため、身体機能の衰えが加速し、自力で動く事が困難な状態に陥る可能性もありますから、充分に注意が必要です。また、血圧が高めだと言われていても食後や入浴後、薬の服用後に血圧が急に低下する場合もあります。薬の服用が原因だと思われる場合は、すぐに医師に相談しましょう。

引用元-血圧が低い その危険とは

血圧が低いことで気をつけたいのは低血圧症

低血圧であっても、なんの症状もなければただ血圧が低いだけの人です。しかし血圧が低く、下記のような自覚症状がある場合は「低血圧症」という病気になります。

低血圧症の症状

全身の倦怠感
立ちくらみ
冷え症
肩こり
動機
寝つきが悪い
食欲不振
低血圧であることが直接命に関わることはありませんが、こういった症状は日常生活に悪影響を及ぼします。

低血圧であっても何の症状もない人もいますが、はっきりとした理由もないのに“なんとなくしんどい、辛い”という人は、もしかしたら低血圧が原因かもしれません。

引用元-低血圧も予防と改善が必要!注意したい危険な低血圧の症状 | 女性の美学

血圧が低い時はセルフチェックで低血圧症をチェックしよう

■低血圧症の自己チェック
自分自身が低血圧症なのかどうかチェックしてみましょう。
・電車の中で長時間立っていられなかったり、ふらつくことがある
・椅子から立ち上がった瞬間、立ちくらみがする
・食欲がない
・疲れやすい
・食後にだるさを感じる
・頭痛、肩こり
・耳鳴りがする
・むくみやすい
生活に支障をきたすことがなければ問題ありませんが、これらの症状にほぼ当てはまるという方は、低血圧症の可能性が大!
低血圧は、もともとの体質によるという人もいますが、生活習慣の影響も受けやすい、というのも事実です。例えば、朝食を抜いているという場合。朝食を食べることは、胃を働かせるので、自律神経を刺激します。
通常の方は、朝起きると、副交感神経が優位な状態から交感神経が優位な状態にスイッチが上手く切り替わるのですが、低血圧の方は、その切り替えが上手くできず、体のエンジンがかかるまでに時間がかかってしまうのです。
そのため、低血圧の方にとって朝食を食べることは大切です。

引用元-あてはまったら要注意!無料「低血圧症」セルフチェック – Ameba News [アメーバニュース]

血圧が低い時に生活で気をつけたいこととは

低血圧を改善するには、食事療法だけでは効果が上がりません。
できるだけ早めに寝て、早く起きるようにして下さいね。
 
低血圧の人は、夜遅くなると、調子が出て来ますが、
夜更しをすると、よけい朝がつらくなります。
早目に起きて、ゆっくりと時間をかけて、調子を上げて下さい。
 
毎日、軽い運動をするようにしましょう。
朝、ゆっくりと散歩するのも、いいですね。
手軽に気楽にできる運動がいいですよ。
 
一番怖いのは、
ずっと低血圧で悩んできた人が、急に血圧が高くなることです。
 
特に女性は、更年期から血圧が高くなりがちです。
「低血圧症だと思っていたら、高血圧症になっていた」
ということが、少なくありません。
 
定期的に血圧を測るようにして下さいね。

引用元-低血圧を食事で改善できるかしら?一番良いのは和食?! | 自分のことは自分が一番分かってない?!

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ