日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

多くの人が悩む頭痛に吐き気が伴う原因は?

      2016/12/19

多くの人が悩む頭痛に吐き気が伴う原因は?

頭痛は3000万人以上が悩んでいるといわれます。

この頭痛と吐き気も伴う場合の原因とは?

身近な症状にも気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

スポンサーリンク

ストレスが原因の場合の頭痛と吐き気

ストレス性の頭痛はじんわり痛む

頭痛の中でもっとも危険なのは脳の病気からくる『ドーン』と殴られたような頭痛です。
一般的に広く知られている片頭痛の場合は心臓の鼓動に合わせたような頭痛があります。「ズキズキ」というような感じの頭痛です。
 
それに比べると自律神経失調による筋肉の過緊張からくるストレス性頭痛は緊張性頭痛に最も近いです。緊張性頭痛の痛み方はじんわりと頭が痛むのが特徴で、心臓の鼓動音にはあっていません。
肩や首が重く、頭にも何か乗っかっているような頭痛がストレス性の頭痛や緊張性頭痛の特徴です。
 
ストレス性の吐き気は見分けがつきにくい

ストレス性の吐き気は急性の感染症などの吐き気との見分けはつきますが、風邪などの吐き気とは見分けがつきにくいです。
いきなり嘔吐するということはなく、胃の上の方から喉にかけてがむかむかするのが特徴です。実際に嘔吐する人よりも吐き気だけが長く続くという人も多いです。 

引用元-ストレス性頭痛、吐き気の見分け方!痛みの特徴、すぐできる対処法まとめ[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

偏頭痛の時は吐き気や嘔吐の症状が出る場合もある

片頭痛では、頭が痛いというだけではなく、吐き気や嘔吐も起こることがあると言われています。こうした症状が出るのは、頭の外側の太い動脈(外頚動脈)が拡張することにより→三叉神経(頭の中にある大きな神経)を刺激し→嘔吐中枢(吐き気を制御する神経)に伝わり→腸間膜動脈(腸にある血管)や消化管の働きのバランスを崩してしまうようです。

ですから、ドクターの中には、片頭痛の発作時にはトリプタン系という血管の収縮を押さえて痛みを止める薬と同時に吐き気止めの薬(ナウゼリンやプリンペランなど)の服用をすすめる場合があるようです。これは、せっかく服用した片頭痛の薬を吐いてしまうことを防ぐためと言われています。

引用元-【頭が痛い時(頭痛)の5つの原因】吐き気や気持ち悪いときは要注意?後頭部やこめかみなど部位別チェック!|welq [ウェルク]

偏頭痛で起こる吐き気は緊張型頭痛では起こらない?

「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

「片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

いったん痛み出すと2~3日間は続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。

一方、午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが「緊張型頭痛」。後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れず、日常生活への支障も片頭痛ほどではありませんが、数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、慢性化するケースもあるようです。

引用元-頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

頭痛と吐き気の原因として肩こりも考えられる

たまに頭痛と吐き気が出てくることがあり、非常に苦しんでいたときがあったのですが、今では解消しています。
その頭痛と吐き気の原因が肩こりであったことは、それが解消できたから、わかったわけです。言うまでもありませんが、まずはこりをほぐしましたが、これで相当に頭痛と吐き気がなくなり、かなり生活が楽になったのです。
元々、肩甲骨あたりが張っているような気がしていたのですが、慣れてしまっていて、それでなかなか対策をしなかったのです。ですから、意外とこうした症状の人は多いわけですが、私もその一人であり、すぐに原因がわからなかったのです。
肩こりですが、簡単に言えば、肩甲骨のマッサージとそして、運動によって、すぐにこりはなくなりましたから、実は大した問題ではなかったのです。しかし、それでも日々、パソコンで仕事をしているとどうしてもそれでこりは蓄積されていきますから、定期的に対策、つまりは運動とマッサージをしています。

引用元-吐き気をともなう頭痛の原因【Doctors Me体験談】

あまり知られていない頭痛と吐き気の原因は低気圧

意外と知られていないものに

台風や季節が変り目
などでおきる、

気圧の変化

これは低気圧によっる酸素濃度の低下に要員があります。

仕組みとして簡単に言えば、

酸素脳濃度の低下は、
体の中に取り入れる酸素が少なくなり、
結果、あくびが何度も出ます。

つづいて、酸素濃度が低く酸欠状態になると、
体を休めようと副交感神経の方が優位に
働き出します。

結果、眠気や頭痛や吐き気など、体調を
悪化を起こすことになります。

この、低気圧による体調の変化は
意識しておいて損は無いでしょう。

引用元-眠気と頭痛や吐き気がひどい!この症状はどんな病気?対処方法はコレだ! | 猫の手も借りたい

 - ハウツー, 生活, 病気

ページ
上部へ