日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

疲労やストレスが原因で咳が止まらない?咳喘息とは?

      2016/04/23

疲労やストレスが原因で咳が止まらない?咳喘息とは?

近年疲労やストレスが原因による咳の症状を訴える人が

増えているそうです。

風邪だけが咳の原因ではないので気になることがあれば、

病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

ストレスが咳の原因になる場合がある

私は昔から緊張すると咳が出やすく、進学や就職活動の際に非常に苦労することがありました。そのため吸入器や漢方などに頼ることも多く、それらの費用負担も徐々に大きくなっていきました。そのため根本的な治療がしたいと考え、医療機関を受診してみたのですが、どうやら私の咳の原因としてストレスが大きいのではないかと言われました。
詳しく聞いてみたところ、身体が極度の緊張状態になることで変調をきたすのではないかと教えてもらいました。そのためまずはストレスの原因を取り除いたり、生活習慣の改善をしてみることが重要とのことでした。確かに仕事の重圧など思い当たる節があったため、医師の指導のもと、原因を取り除くことを始めてみました。
とは言え仕事上の問題は取り除くことが難しいため、生活習慣を改善し、ストレスを解消できるよう日々を過ごすようにしました。その結果、あれほどひどかった咳も徐々に治まり、今では症状がでることもなくなりました。長い間私と同じ症状で苦しんでいる方は、一度生活習慣を見なおしてみることをお薦めします。

引用元-ストレスによる咳【Doctors Me体験談】【Doctors Me】

ストレスや疲労が原因で喘息を発症

喘息の要因の一つとしてストレスを挙げることができ、発作を引き起こしてしまった人の中には、その直前までストレスを抱えてしまっていたといったケースも多く見られます。
 
ただ単にストレスと言いましても、仕事上のトラブルや発作への不安、そして対人関係など様々挙げることが出来ます。あまりにも強いストレスを抱えてしまうことによって、自律神経が乱れてしまい、その結果副交感神経が優位になり、アセチルコリンが放出されることで抵抗力が弱まってしまいます。
 
そして、最終的に気道が収縮してしまうことになり喘息の発作が起こりやすくなります。
 
また、ヒスタミンと呼ばれている化学伝達物質が放出されますと、咳や痰などが出やすくなり、刺激を気道の粘膜が受けるようになります。アレルギー反応に関係をしているlgE抗体の産生が促進され、その結果気道の過敏性が向上します。
 
中には自分でストレスに気が付いていない人も多くいらっしゃるようで、まず最初は自分で心身の状態に気を配ってあげるところから始めることが大切です。また、ストレスにさらされてしまった場合には、薬を使って症状をコントロールすることが出来るようにしておきましょう。
 
人間というのは好きなことに熱中をしている間というのは、発作が出にくいといった特徴があります。このことから、自分が夢中になることの出来る趣味を楽しんだり、また旅行に出掛けてみますと、上手にストレスを発散することが出来ます。

引用元-ストレスが原因で喘息を発症

ストレスなどが原因の咳喘息とは

3-1.咳喘息(せきぜそくk)とは

かぜは治ったはずなのに、咳(せき)はちっとも治まらない。特に、夜になって止まらないような咳(せき)が続いたら咳喘息(せきぜんそく)かも知れません。
咳喘息(せきぜんそく)は、慢性的に咳(せき)が続く気管支の病気。一般的な喘息(ぜんそく)同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になり炎症や咳(せき)の発作が起こる病気です。

3-2.咳喘息(せきぜんそく)の原因

室内外の温度差
たばこによる受動喫煙
運動
飲酒
ストレス
ほこり、ダニなどのハウスダスト
以上のことが咳喘息(せきぜんそく)の要因になるといわれており、患者数は年々増加傾向にあります。この病気はアレルギーのある人に多いです。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまいます。
風邪との併発で起こることが多く、風邪をひいたあと2~3週間以上たっても咳(せき)が続くようであれば可能性を疑いましょう。女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。
気になる症状があれば専門医(呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科)で詳しく診てもらいましょう。 

引用元-夜の咳を止めたい人必見! 病気でない咳を止める方法

疲労とストレスによる咳の症状を訴える患者は増加傾向にある

最近、秋の気温の低下だけでなく、

明らかに「過労」や「ストレス」が、

ぜんそく悪化の原因となっている方の受診が増えてきました。

 

最近も、診察に一緒に来ていただいたある患者さんのご家族が、

「職場は体を守ってくれへんよ」

と言って、仕事を休むようすすめていただき、

自宅療養することでぜんそくの症状がかなり改善した方がありました。

 

もちろん、家族が心配されている方だけでなく、

たった一人で病気と向き合っている方にも、

必要に応じて自宅療養や入院などをおすすめしています。

引用元-「疲れると咳が止まらないです」

風邪以外で咳の症状が出る病気について

肺炎
風邪の咳との区別がつかないが、肺炎の咳はとくに激しい。夜間に出ることが多く、一度はじまるとなかなかおさまらない。
マイコプラズマ肺炎
発熱や頭痛が3~4日続き、その間に咳がひどくなってくる。これらの症状が長引くのが特徴。中耳炎、副鼻腔炎などにつながる可能性もある。
百日咳
百日咳菌の飛沫感染による。発熱はなく、鼻水、くしゃみ、咳の順番で症状がでてくる。始めは軽い咳だが徐々に激しさを増す。最終的には激しい咳で嘔吐、呼吸困難などにつながることもある。夜にひどくなる傾向がある。
結核
咳とともに血が混じった痰が出る。感染の可能性があるので十分注意が必要。
慢性閉塞性肺疾患
肺気腫と慢性気管支炎によって起こる閉塞性肺疾患を総合したものをさす。1年以上、気道を拡張する為、痰が伴う咳が続く。喫煙が大きな要因と考えられている。喫煙習慣があり、痰を伴う咳が1年以上顕著な場合はこれを疑う必要もある。
肺がん
がんが気管支や肺を刺激して咳がでる。激しい咳と喘鳴、血痰を伴うことがある。
心臓疾患
心臓の疾患により、肺からの血液が正常に心臓に戻らず、肺に血液が溜まって咳を起こす。生まれつきの心臓疾患だけでなく心筋炎、心外膜炎などで起る場合もある。
心因性
昼間激しく、眠っている間は全く起きない。咳払いのような咳。ストレスを感じたときに起こる。
その他の病気
喘息、花粉症、肺梗塞、肺水腫、胸膜炎、降圧剤の副作用、急性咽頭炎、心筋炎、心外膜炎、間質性肺炎、がん性リンパ管症…など

引用元-咳が長引くとき-その次の病気かもしれない | 名医を探すドクターズガイド

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ