日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

てんかんの場合の運転は2年発作がなければ大丈夫?

   

てんかんの場合の運転は2年発作がなければ大丈夫?

てんかんの人は免許を持ってはいけないのでしょうか?

発作が2年以上なかったり、ちゃんとした手続きを踏めば、

可能であるそうです。意外と知られていない免許について確認しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

てんかんになると運転はできないの?

てんかんと診断された方が真っ先に心配するのは、自動車運転と事故の問題だと言われています。「運転中に発作が起きて大事故につながったらどうしよう」と心配なのは当然です。しかし「免許を取り上げられたら仕事に就けない」、「生活が崩壊してしまう」、と心配する人も少なくありません。
自動車運転免許の交付は公安委員会が決定する事項ですが、そのためには医師の診断書が必要となります。しかし、医師の診断書よりも大切なことは「患者さん一人一人が自分のてんかんについて正しく理解しているかどうか」です。てんかん患者さんが自動車運転をするためには何よりもこれが大切です。
てんかんといっても、患者ごとに発作のタイプは千差万別です。てんかん発作で運転が危険な方でも自分の発作を軽視して「大丈夫だろう」と思ってこっそり運転し、取り返しのつかない事故に繋がる恐れもあるからです。
患者さんが自分自身のてんかんの専門家になることがもっとも大切です。そうすれば、自ずと危険のすくない生活が送れるようになります。

引用元-てんかんと自動車、運転免許─基本は「自分のてんかんを正しく知る」こと|メディカルノート

てんかん患者の運転免許取得は発作から2年後?

今も昔も道路交通法では、下記条件を満たさない場合は取得を禁じております。
いつの時代も医者の判断で満たした場合のみ取得は可能になっていることをお忘れなく。

発作が過去5年以内に起こったことがなく、医師が「今後、発作が起こるおそれがない」旨の診断を行った場合。
発作が過去2年以内に起こったことがなく、医師が「今後、x年程度であれば発作が起こるおそれがない」旨の診断を行った場合。
医師が1年の経過観察の後「発作が意識障害及び運動障害を伴わない単純部分発作に限られ、今後症状の悪化のおそれがない」旨の診断を行った場合。
医師が2年間の経過観察の後「発作が睡眠中に限って起こり、今後、症状の悪化がない」旨の診断を行った場合
『てんかんで運転免許を持つ場合診断書が必要になる』という言葉が散々でているが、ここで気をつけて頂きたいのが、診断書は病院のではなく、公安委員会指定の診断書ということである。

この公安委員会が指定する診断書は免許センターが受け持っており、取り寄せる必要がある。

引用元-てんかんと運転免許|てんかん鈴屋

てんかん発作が2年以上起きなければ大型免許なども大丈夫?

運転に支障があらわれるてんかん発作が2年間起きていないうえで、以下の点に当てはまる方はそれぞれ決められた期間経過を追います。その後医師の判断により運転許可が出れば診断書をもらい免許センターに提出して免許を取得、更新します。

運転に支障があらわれるおそれのないてんかん発作がある場合は(単純部分発作がある:意識のある発作)、1年間以上の経過観察
睡眠中に限り発作がある場合は2年以上の経過観察
 

ただし、大型免許、第2種免許の取得は控える必要があります。日本てんかん学会によると5年以上てんかん発作がコントロールされており薬の服用が終了している場合に大型免許、第2種免許の適正があるとされています。

なおてんかん発作や症状が良くないことが理由で免許を取り消しになった場合は、免許が取り消されて3年未満に運転が適正が得られる状態まで回復できれば運転免許取得試験が免除になります。

 

症状が安定しており、てんかん発作がおきていないからといって免許を取るときや免許を更新するときに虚偽(嘘)の報告をしないようにしてください(改正道交法や自動車運転死傷処罰法によって罰則される、傷害事故をおこした場合は処罰が重くなっています)。

引用元-てんかんになったら自動車は乗れる?運転免許はとれる? – MEDLEY(メドレー)

てんかんである場合の運転免許の更新について

<てんかん 運転免許 更新について>
癲癇の人は運転免許更新の際に診断書が必要になります。
 
 
 <てんかん 運転免許 診断書>
免許更新に必要な診断書はどうしたらいいか?
1、免許センターにて公安委員会指定の診断書を貰う
 
2、かかりつけの医師にその診断書を渡し運転免許更新に必要な旨を伝える
(伝えなくとも慣れているのでわかると思います)
 
3、診断書に医師のサイン、記入をして貰ったら免許センターにて診断書を提出する
 
これだけです、あとは公安委員会の方が運転免許の可否を決めます。
判断内容は以下のようになっております。
1、過去5年以内にてんかん発作がなく、今後てんかん発作が起こる可能性が無い人。
(医師の診断が必要)
 
 2、過去2年以内にてんかん発作がなく、医師により「今後○年くらいはてんかん発作が起きない」と診断された人。
(医師による定期的な診察が必要)
 
 3、医師が1年以上、経過観察の後「てんかん発作によって意識障害や運動障害を伴わない、今後てんかん症状の悪化の可能性が無」」と診断された人。
 
 4、医師が2年以上、経過観察の後「てんかん発作が睡眠中に限り起こり、今後てんかん症状の悪化の可能性が無」いと診断された人。

引用元-てんかん 運転免許 更新

てんかん患者は日本にどのくらいいる?てんかんは治るの?

Q:てんかんは治る?

A:てんかんは、種類によって治る事もありますし、治らない事もあります。治るてんかんは、良性小児てんかん、成人の側頭葉てんかん、欠伸発作などです。ただ、治ると言っても、脳の傷が無くなるという事ではありません。

発作が起こらなくなるという事です。その為、睡眠不足、不規則な生活、過度のストレスなどは避けた方が良いです。また、他の種類のてんかんも、薬を飲むことで症状を完全に抑える事が出来る事も多いです。

発作を薬で抑える事が出来れば、完全に普通の日常生活を取り戻すことができます。ですから、薬をしっかり飲み、てんかんの発作が起こらないようにしましょう。

Q:日本にはどのくらいのてんかん患者さんがいる?

A:日本における「てんかん患者」の人数は、約80万人~約100万人だと言われています。つまり、人口の1%程度がてんかん患者さんだと考えられます。人口の約1%と言う事は、約100人に1人程度が、てんかんを発病しているという事です。

引用元-「車の運転はOK?」などてんかんに関する5つの疑問を解決! | 健康生活

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ