日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

花粉症による鼻づまりによる弊害とは?解消法はどんなものがある?

      2016/05/08

花粉症による鼻づまりによる弊害とは?解消法はどんなものがある?

鼻づまりが解消されないと、中々集中力も続きません。

花粉症による鼻づまりで困った時には、

どのように解消したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

花粉症の主な症状について

花粉症の症状は、目、鼻、皮膚などに現れます。花粉症がある方のなかには、花粉の時期になると、いてもたってもいられないくらいアレルギー反応に苦しんでいる方も多いと思います。

花粉症では4大症状として、次の症状が見られます。

鼻づまり
くしゃみ
目のかゆみ
鼻水
これに加えて、頭痛、涙、目の充血、喉の奥のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、発熱、だるさなど、様々な症状が全身で見られます。目や鼻はよく耳にするかもしれませんが、皮膚というのは珍しく感じるかもしれません。アレルギー反応ですので、症状は必ずしも目や鼻に限ったことではないことを覚えておきましょう。

引用元-花粉症の症状をチェック!鼻づまり、くしゃみから重症度を確認しましょう – MEDLEYニュース

花粉症の鼻づまりによる弊害について

鼻づまりは早めに対処した方がよいとされています。その理由は鼻づまりによる弊害が日常生活に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
 
<集中力の低下>
鼻がつまると集中できなくてボーッとするという経験をした事がある人も多いと思います。
思考力も低下し仕事も手につかない・勉強にも集中できないという状態になり仕事や学業にも支障をきたすようになってしまいます。集中力の低下した状態での車の運転なども危険ですので、早めの対処が必要になるのです。
 
<眠れない>
鼻づまりがあると気になって眠れない、鼻呼吸ができないので眠れても眠りが浅く、すぐに目が覚めてしまうという経験をしている人も多いようです。
 
<口呼吸になる>
鼻で息が出来ないため必然的に口呼吸になってしまい口の中が乾燥し、喉が炎症を起こし痛くなってしまいます。また鼻本来の空気清浄機のようなフィルターの働きができないので、ウイルスなどが直接入り込みやすくなり、感染しやすい状態になってしまいます。
 
<においを感じない>
鼻づまりで空気の流れが悪くなると、においを感じる部分に届かなくなるので、においを感じにくくなってしまう場合もがあります。また、においと食べ物の味は深い関係にあるため、においを感じにくくなると同時に味覚も低下してしまい、何を食べても味がしないという状況になってしまいます。
 
その他、いびきの原因となったり、子供の場合は中耳炎の原因となってしまう事もあるのです。

引用元-花粉症の季節到来!つらい鼻づまりの4つの症状と治療法 | いしゃまち

鼻づまりによる喉の痛みの症状が出ることも

鼻の中には毛と粘液により保護された粘膜があり、これにより空気中の埃や細菌などが体内への侵入することを防いでいます。また外気が冷たく乾燥している場合でも、鼻を通る空気は、湿度や温度を調節されて喉や肺に送られます。このように、鼻は空気清浄機や加湿器のような役割を果たしています。

鼻がつまって口呼吸をするようになると、細菌などの異物はそのまま体内へ取り込まれ、また冷たく乾燥した空気がそのまま喉へ到達することで、喉を冷やして乾燥させ、喉を痛めてしまうことがあります。このように呼吸の大半を鼻で行う人間にとって、鼻呼吸は非常に大切なのです。

引用元-花粉症の鼻づまりを解消させるには?市販薬や処方薬はどうなの?頭痛などの症状や漢方薬や点鼻薬で治療する方法のまとめ|welq [ウェルク]

つらい鼻づまりの解消法について

1-1.鼻の中を温める

鼻がつまっているときにお風呂に入ると楽になる、という方は多いと思います。鼻の中を温めると鼻腔が広がって呼吸が楽になるのです。仕事中に鼻がつまって苦しい場合は、熱めのお湯で濡らしたタオルで鼻を覆ってみてください。また、お風呂の中でしっかり鼻をかんでから出ると、数時間はすっきりと呼吸できるでしょう。さらに夜寝てる際に鼻がつまって苦しい場合は洗面器にお湯を張ってその上に顔を近づけ、さらに頭からすっぽり大きなタオルなどをかぶると、湯気で鼻腔が拡張して楽になります。

1-2.軽い運動をする

軽い運動をすると全身の血行がよくなります。もちろん鼻の血行も良くなりますから、鼻腔が広がって呼吸が楽になりやすいです。運動はどんなものでも構いませんが、軽く汗ばむくらいを目安にします。階段の上り下りでもよいですし、腕立てや腹筋など筋力トレーニングでもよいでしょう。

1-3.わきの下にペットボトルを挟む

東京都内の耳鼻科医が考案したといわれる鼻づまり解消法です。空になったペットボトルをわきの下にぐっと挟むだけで、挟んだわきの反対側の鼻づまりが解消されます。これはわきの下にある自律神経が圧迫されることで、鼻腔が拡張されるためです。効果には個人差がありますが、やってみる価値があるでしょう。なおペットボトル以外にも、テニスボールなどを挟むのも効果的です。

1-4.市販の鼻腔拡張テープを使用する

鼻がつまって寝苦しいという場合は、市販の鼻腔拡張テープを使用してみましょう。ドラッグストアに行けば、いろいろな種類の拡張テープが売っています。いくつか試してみて、自分に合ったものを見つけてください。また、拡張テープの中にはミント系の匂いがついたものもあります。ミント系の匂いは鼻がスーッとするので、匂いつきのものの方が効果が高い場合もあるでしょう。

引用元-花粉症が原因の鼻づまりを解消したい方必見! 効果的な鼻づまり解消法

鼻づまりに効くツボは迎香

鼻づまりに最も素早く効果があって、また効き目も高い方法からお伝えすると、まずは鼻のツボだ。
左右両方の小鼻。
そのすぐ両外脇にあるツボで、指先で押すとズーンとグリグリする感触があるところ。
これを30分くらいかけて両手の人差し指とか、右手(利き手)の人差し指と中指などで押したり引いたりマッサージすると良い。
早ければ2.3分で効果が現れるはずだ。
注意しなくてはならないことは、確かに容易に鼻づまりがなくなるけれど、だからといってものの2.3分程度では後でまたすぐ鼻づまりが戻ってしまうことが多い。
だから最低でも15~20分くらいマッサージを続ける必要がある。
寝ながらはちょっと面倒かも知れないが、眠れないことを考えれば何のことはないはずだ、と思って続けて頂きたい。
理想的には30分ほど続けると良い。

引用元-片方だけが鼻づまり!花粉症で最悪の眠れない症状が出てきたらどうすればよいのか | Woomedia

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ