日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

目の病気である光視症の原因や見え方とは?

      2017/09/11

目の病気である光視症の原因や見え方とは?

光視症という病気はご存知ですか?

これは目の病気で網膜剥離などの前兆であるとも言われています。

原因や症状を知り、適切な対応ができるようにしておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

妊婦さんの胃痛の症状はストレスが原因?

妊婦さんは妊娠の特に初期や後期に、ストレスが起きやすいと言わ...

背中の激痛の原因は?立てない時はどうしたらいい?

腰や背中に激痛が走り、立てないくらい痛い原因とは?背中の痛み...

妊婦に起こる胃痛や背中痛の原因とは?

妊娠時に胃痛や背中痛が起こることは、比較的多いそうです。しか...

背中の激痛はすぐに病院へ!受診するのは何科?

背中の痛みの原因として、最も多いのが「筋肉疲労」です。次に考...

スポンサーリンク

目の病気である光視症とは?その症状について

眼に光が当たっているわけではないのに、
眼がチカチカ・キラキラと光の点滅を感じたり、
夜になるとピカっと光ったりすることはありませんか?

それは、光視症かもしれません。

若い時は、硝子体は硬くしっかりしていて、
硝子体と網膜は接着しているのですが、
加齢とともに硝子体はしぼみ、
網膜との接着が緩くなります。

そうすると、視線を動かすたびに硝子体は揺れ、
網膜が引っ張られます。

この網膜が引っ張られる刺激によって、
実際にはない光を感じるようになるのです。

光視症の症状は、眼の中で無数の光がうごめいたり、
視野の中心や端で光が点滅したり、
稲妻のように光が走ったりと人によって様々です。

引用元-光が当たってないのにピカピカ光っているように感じる光視症について知りましょう。 | 医療のネタ帳 メディトピ

光視症の原因について

光視症は飛蚊症と同様、網膜剥離などでも起こりますが、主に老化(加齢)と共に、後部硝子体剥離のときに起こります。網膜と硝子体の間に強い癒着があると、その部位はすぐに剥がれず、目を動かすたびに硝子体が揺れて網膜が引っ張られます。このとき網膜が刺激され、実際にはない光を感じます。網膜と硝子体の癒着がとれれば光は見えなくなりますが、癒着が長く残り、光視症が数週間から数年間持続することもあります。
また、脳の血管の病気、過労や睡眠不足などが原因で光視症が起こる事もあります。頭をぶつけたときなどに「目から火花が出て、パッと目の前が明るくなった」といったことを経験した事はありませんか?これは頭をぶつけたときの衝撃が網膜の視細胞を刺激し、光として感じてしまうために起こるのです。これも光視症のひとつといってもよいかもしれません。
光視症は必ずしも網膜剥離や、網膜裂孔の前兆としての症状ではありませんが、光視症と思われるような症状が数週間以上続くようでしたら、早めに眼科医の診察を受けましょう。

引用元-光視症 | 新宿で眼科を探すなら新宿東口眼科医院 | 新宿駅東口から徒歩1分の眼科医院 土日祝日も診察

目の病気である光視症の見え方や危険性について

見え方

光視症にかかった場合、光の見え方は様々です。
稲妻のような形の光が見えることもあれば、線香花火のように周囲に広がるタイプもあります。
持続時間も様々です。数秒で終わるものもあれば、30秒以上持続するものもあります。

光の色は白が最も多いです。
しかし場合によっては、黄色、赤色、オレンジ色の光が見える場合もあります。

 

光視症の危険性

光視症は、より重大な目の病気の前兆を示すときがあります。
特に飛蚊症と併発しているときは注意が必要です。
光視症にかかれば網膜裂孔を併発している恐れがあり、網膜裂孔が進行すれば網膜剥離になります。

 

網膜剥離は、網膜に栄養が行き届かなくなり、二度と光を感知できなくなる状態です。
失明につながり、後遺症が残ってしまいます。
そのため光視症の症状があらわれたときは、一刻も早く眼科に行って診察を受けましょう。

引用元-光視症の原因はストレス?見え方・原因は?治療で治る?症状は頭痛? | くらし辞典

光視症の治療について

光視症を治療する際には、視力検査や眼底検査を実施し、様子を見ます。ある程度の期間が経過すれば、症状は回復するのですが、高齢者の方などは症状が継続されたり、悪化することもあるので、その場合には手術が必要となります。外科手術以外にも【レーザー治療】などがあります。

【目薬をさす】といった対処の仕方もありますが、この場合は 医師に処方された目薬を使い、一回に差す量や一日に差す回数などもきちんと守って使用することが大切です。目薬であっても薬の一種なので、用法用量はしっかりと守りましょう。

また、脳梗塞などの前兆であった場合には、その病気に適した治療を行なう必要があるので、見え方に異常があったり 光視症の症状が見られた場合には、出来るだけ病院などでしっかりと診察してもらうようにしましょう。

引用元-【光視症】 原因はストレス? 見え方や目薬の治療について

光視症は網膜剥離にも注意

光視症とは、実際には光がないのに、暗い場所にいたり目を閉じたときにピカッと光ったりチカチカした光が見える症状を言います。光視症の光は、いずれも一瞬しか見えません。

眼球内は硝子体と呼ばれる透明なゲル状組織が大部分を占めていますが、加齢などによってこの硝子体が液状化し、眼底の網膜から剥がれていきます。目を動かすたびに硝子体が網膜に引っ張られて、網膜に刺激の信号が光として送られてしまうことで、実際にない光を感じてしまうのです。

網膜剥離や網膜裂孔にも注意!

これは網膜剥離の前兆ともいわれています。もし、網膜剥離になってしまった場合、網膜が一緒に剥がれ、失明の原因にもなります。また、網膜を引っ張った時に穴があいてしまう網膜裂孔にも繋がりかねないので要注意です。

光視症は、疲労、睡眠不足、加齢によって生じることが多く、その場合は様子見になります。その他、脳の血管の病気も疑われるので、症状が続く場合は、早めに眼科を受診しましょう。

引用元-目がチカチカする原因4つとその解消法とは? | ハウケア

 - ハウツー, 生活, 病気

ページ
上部へ