日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

噛んだ口内炎が治らない?原因と対処法について

   

噛んだ口内炎が治らない?原因と対処法について

口内をつい噛んだりして、そこから口内炎が始まる、

なんてことも多いかもしれません。

一度なってしまうと中々治らない口内炎の対処法とは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

スポンサーリンク

噛んだ傷や体力低下が引き起こす口内炎について

アフタ性口内炎の「アフタ」とは、口腔粘膜にできる5~6mm以下の潰瘍のこと。形は円形や楕円形、色は表面が白色または黄色がかった白色で、縁が赤くなっているのが特徴です。潰瘍の中央は少しくぼみ、クレーターのような形をしています。口内炎がなぜ白いのかというと、傷口の血液が凝固するときにタンパク質の偽膜ができ、潰瘍をふさいでいるためです。

アフタ性口内炎は、唇の裏側をはじめ、頬の内側、舌、歯茎など、口の中であればどこにでもできます。複数のアフタが同時にできたり、2つの口内炎がくっついて大きな潰瘍になってしまったりと、やっかいな場合もあります。

口内炎ができた理由として最も多いのが、食事中に口の中を噛んでしまい、傷口が炎症を起こしてしまうケースです。しかし、要因は傷だけとは限らず、実のところはっきりと解明されていません。ストレスや疲労、ビタミンB群の不足によって体力が低下している時に、口の中の細菌が増殖して炎症を起こすとも考えられています。

引用元-白い口内炎の原因と正しい治し方 | ヘルスケア大学

つい口内炎を噛んだりしてしまうのは頬の筋肉のたるみが原因?

噛み合わせによる口内炎

かみ合わせで口内炎を噛んでしまうのは、

何となく分かると思いますが、原因は何なのでしょうか?

例えば、歯医者さんの治療で以前の治療がまだ済んでいない場合、

これって歯のかみ合わせがしっかりと調整されていませんよね?

だから、口内炎を噛んでしまうリスクが高まるのです。

口の中の神経など、頬の筋肉のたるみ

では、口の中の神経や、頬の筋肉のたるみとは、

どういう原因からなのでしょうか?

私達の口の中にある神経は、

体の神経と同様に、疲れてくると働きが鈍くなってきます。

また、頬の筋肉も他の部位の筋肉同様、

使わないと衰えていきます。

そんな状態で口の中で噛む動作をしつつ、

別のことに気を取られてしまうと、

口の中に注意を払うことをしません。

なので、

口の中を誤って噛んでしまうのです。

筋肉は分かりやすいかもしれませんね、

思ったように体がついていかない状態です(笑)

引用元-【口内炎を噛んだ】腫れがひかなくて痛い時の治し方!!

中々治らない口内炎の原因について

口内炎の原因は?

まずは、原因を知らねばなりません。

口内炎の原因には以下のものがあります。

①ビタミンB2,6の不足
②疲れ、ストレス
③胃腸障害
④睡眠不足
⑤歯の噛みあわせ

この中で①~④までは関連性があるのですが、
⑤だけは全く他の原因と関連性がありません。

ちなみに私の場合は、
子供の頃は①~④が原因でしたが、
大人になってからは⑤が原因で口内炎になることが
非常に多かったです。

実は、歯の治療に通ううちに
噛み合わせがおかしくなり、唇、頬の内側を噛んで、
その傷口が口内炎になるパターンが多かったのです。

ついこの間も、仮歯の形が合わず、
治療後に唇の同じ場所を何度も噛んでしまい、
8~10箇所くらいの所から出血しました。

もちろん、歯医者さんに連絡し、
その日のうちに歯の形を修正していただいたので
それ以降は噛むことはなくなりました。

引用元-口内炎の治し方とは?即効性がある確実な方法とは? | 役立つ情報がいっぱい!

口内炎の種類と症状について

ひとことで口内炎といっても、口内炎には主に3つの種類とそれぞれの症状があります。

5− 1,疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」

口内炎で悩まれる人の多くが患っている口内炎が、このアフタ性口内炎です。
個人差はありますが、真中が少し窪む、または表面が白く周囲が赤い潰瘍が現れるのが特徴です。灰白色斑(アフタ)と言われています。

5−2,物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

カタル性口内炎は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。はっきりした境界線があまりなく、口内全体が赤く腫れていきます。そのため見た目で症状は比較的わかりにくいものです。痛みは比較的強くないですが、唾液の分泌量が増えて口臭が気になります。また口内に熱を感じ味覚が鈍る場合があります。酸味や辛味といった刺激の強い食べ物を口にすると、口内がしみることがあります。

5−3,ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

ヘルペス性口内炎(ウィルス性口内炎)

ヘルペス性口内炎は、特に生後6か月以降の乳幼児に発症することが多く、唇や舌などの口内に唇ヘルペスという潰瘍が現れて赤く腫れ上がり、激しい痛みと発熱(38度の高熱)を伴います。口内の皮膚だけでなく、喉などいたるところに発症する厄介な口内炎です。
ヘルペスウィルスによる感染症の種類は他にも複数あり、口内炎になる人は全体の中ではあまり多くはなく1割程度と言われていますが完治しないと、ほかの人へ伝染することがありますので、しっかり治してから会社や学校、幼稚園に行くようにしましょう。

カンジダ性口内炎

白い苔が舌や頬といった口の中全体に広がり、見た目に現れやすい口内炎です。白い苔だったものから赤く炎症をおこしていき、強い痛みも伴うようになります。この口内炎にかかること稀ですが、重大な疾患と併発することが多いことから、口内炎が引かない場合は口腔外科を受診し治療を進めましょう。

5−4,口腔内の組織を腐敗させる壊疽性口内炎

最も注意しなくてはいけないのが、口腔内の組織を腐敗させてしまう恐ろしい口内炎です。稀に肺炎や麻疹など身体の免疫力が低い時にも発症すると言われています。全身状態が安定し口腔衛生状態が良好であれば発病することはありません。

引用元-【保存版】口内炎をすぐに治したいなら必ずやるべき5つのこと

噛んだ口内炎を早く治すための対処法について

1.規則正しい生活を心がける口の中にできた傷や口内炎は、基本的には自然治癒で治していくものです。口の中は唾液の作用があって、他の部分よりも治りが早いところです。そのため、しっかりと免疫力や治癒力があれば、すぐに治すことができます。そこで、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。生活リズムが乱れれば免疫力が低下して、口内炎は治りにくくなります。噛んでもいない新しい口内炎ができるきっかけにもなるので、生活にはしっかり気をつかうようにしましょう。
2.食べ物や歯磨きで刺激を与えないそして、無理に刺激を与えるとさらに傷ついて悪化してしまうので、刺激は与えないようにしましょう。食べ物や歯磨きに要注意です。歯ブラシを当てない・こすらない熱いものは食べない辛いものはNG鋭くて口の中が傷つきやすいものは食べない(ポテトチップスやせんべいなど)以上のことを守れば、下手に刺激を与えることなく、悪化を防ぐことができます。自然に治る方向へ改善されるでしょう。

引用元-とても痛い!舌を噛んだ時の傷や口内炎を早く治すための対処法4選

twitterの反応

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ