風邪で熱が下がらない時の原因や対処法とは?

風邪で熱があるというのは何度から?

医学的には平熱というのは35度~37度未満とされています。ですので体温が37度以上あった場合、熱があると言います。ただこれは一般的な話であって、実際には年齢や人によって個人差があります。

つまり平熱によって同じ体温でも感じ方が変わってくるということです。子供は平熱がやや高いので37度強あっても平気で普通に元気だったりします。高齢者になると体温はやや低めになり、平熱が35度台の方などは36度台後半の体温があったりするとしんどく感じたりします。

多くの人が平熱より1度くらい高いとしんどく感じる傾向にあることから、平熱より1度高い状態だと体に異変がおきているという目安にするのが良いかと思います。

引用元-風邪で熱が下がらない原因は?通常何日で下がる?

熱はどのくらいまでなら大丈夫?

基本的に普通の風邪であれば、37度から40度程度
の熱が出ることが一般的となっています。
しかし、「どれくらいまでが安全なの?」と疑問に
思っている方も多いです。

具体的に何度まで安全という指標はないですが、
37度程度であれば命に関わることは、まず考えられ
ませんし、38度や39度でも命に関わることは、
あまり多くはないでしょう。

中には、乳幼児や老人の場合は、38度から40度程度の
高熱が出ると危険性が増すことはあります。
ただ、医学的に40度熱があっても、命の危険が伴う
ということは稀であると言えます。

それよりも合併症や他の症状が気になるはずなので、
どの様にすれば良いのかは、医師の判断を仰ぐのが
良いでしょう。

熱が5日間以上経過しても下がらない場合は、
医師に相談することが最適です。

引用元-風邪の熱が下がらない!何度までなら安全?お風呂は入っても平気? | 春のブタクサイネ科花粉症2016年5月

熱が下がらない原因とは?

通常風邪を引いて熱を出しても、人間本来の自然治癒能力が発揮されれば、1週間以内で熱がおさまることがほとんどです。
いつまでも熱が長引くということは、免疫機能が正常に機能していない可能性があります。

普段から無理をしていて抵抗力や免疫機能が衰えているか、風邪気味なのに無理をしてこじらせているのかもしれません。
特に夏場は体力を消耗してどうしても体が弱ってしまうので、風邪を引くと長引きがちです。

肺炎などの別の病気を発症しているのかもしれません。
4日以上経っても熱がおさまらない場合は、肺炎を疑ってみるべきです。

引用元-大人の熱が下がらない!早く治すための効果的な市販薬や食事は? | くらし辞典

子供の熱が下がらない時は?

子供が発熱した場合、単純な風邪であれば1~2日で治まっていきますので、子供の熱が上がったり下がったりを繰り返したり、熱が高かったりしても、水分がきちんと摂れていて機嫌もよければ、それほど心配はいりません。子供は大人よりも免疫機能が十分に発達しておらず、体温をあげることで病原体を撃退する傾向が強いので、高熱を出すことがしばしばあるのです。

ところが、中には注意すべき発熱もあります。それが、3日以上熱が下がらないケースです。こういった場合には、病院受診すべきウイルス性の感染症が隠れていたり、それが重症化していたりするケースが多いので、症状に応じて適切に対処することが大切です。

引用元-子供の熱が下がらない15の病気/受診の目安と対処法 – マーミー

風邪で熱が下がらない時の対処法について

基本的に風邪、すなわちウイルスに感染した時に発熱した場合、2~3日は熱が続くことがあります。子どもの場合は、抵抗力が弱いため3~4日続くこともあるようです。

大人であれば2~3日は家で様子を見て、4日目も熱が下がらないようでしたら病院を受診する必要があります。風邪が原因で発熱した、と思われる場合の対処法は、38℃を超える高熱で、辛いようであれば市販の解熱剤を服用してください。

また、のどの痛みや咳などの症状がみられる場合は、市販の風邪薬を服用しましょう。寒気を感じるようであれば衣類や室温を調節して身体を温めるようにしましょう。体温を高めると免疫機能が活性化し、ウイルスを弱らせるため効果的です。

そのため微熱でそれほど身体が辛くなければ無理に解熱剤を用いる必要はありません。しかし、発熱に伴って通常より汗をかくことになりますので、水分補給はこまめにする必要があります。水分と睡眠をしっかりとることが重要です。

引用元-風邪、喉の痛みと熱はいつ治る?気になる症状と対処法 | やじべえの気になる○○

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA