日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

若白髪を染めるために知っておくべきこととは?

      2017/09/11

若白髪を染めるために知っておくべきこととは?

通常30代後半から生えてくる白髪ですが、

若白髪とは10代・20代から生えてくる白髪のことを言います。

若白髪を染めるために知っておくべきこととは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

足の裏のイボはウイルス性?子供にできやすい尋常性疣贅とは

子供の足の裏に魚の目のようなイボのようなものがある。それはウ...

スポンサーリンク

若白髪の原因について

若白髪というと、普通30代で少しずつ生えてくる白髪が10代、20代から出ること。少しまとまって若白髪があると悩みも深くなりますね。
この若白髪の原因は大きく3つ考えられます。「遺伝」「精神的なストレス」そして「ダイエットなどによる栄養素不足」。
10代で若白髪ができてしまう原因は遺伝の影響が大きいと言う人もいます。

髪は、髪の根元にある「毛母細胞(髪が生まれるところ)」の中のメラノサイトで色素が作られるお陰で黒くなります。
色素を作るときにチロシナーゼという酵素が欠かせないのですが、これは老化するとすぐに減少してしまう酵素。
そのため30代以降になると白髪ができやすくなるのですが、それ以前でも何らかの原因で減少し、若白髪になってしまうのです。

でも、ある日突然、若白髪が増えた場合には、大きな自己免疫疾患などの病気が原因のこともあります。
たとえば、甲状腺疾患、悪性貧血、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)、フォークト・小柳・原田病などです。
そういう場合はすぐに専門医を訪ねましょう。

引用元-若白髪の原因と、おススメの改善対策!

若白髪を染めることでストレスも緩和できるかも

白髪は通常30代から徐々に増え始めるのですが、若白髪と呼ばれるものは20代10代のころから生えてしまいます。 若白髪の主な原因は遺伝で、さらにストレス、生活習慣の乱れが加わると、若白髪の量は増えてしまいます。
 
若白髪を増量させてしまう恐れがあるのは、睡眠不足、過激なダイエット、喫煙、飲酒などの習慣です。 つまり、体に悪いことは髪にも悪いということなのですね。
 
元々若白髪の素質がある人が極端な偏食や不規則な生活をしてしまうと、白髪がドッとでてしまうことがあります。 10代の成長期に、極端なダイエットや徹夜での試験勉強は禁物です。
 
また、若いうちに白髪が出てしまうこと自体が大きなストレスになり、白髪増量に拍車をかけてしまうこともあります。 ストレスを感じるぐらいならいっそ、白髪染めでカバーしてしまうのも良いのではないでしょうか?

引用元-若白髪が気になる人の染め方|白髪染めおすすめ口コミランキング

白髪を染める時の注意点について

残念ながら白髪染めヘアカラートリートメントでは、髪を真っ黒に染めることは出来ません。

イメージとしては「白髪ぼかし」という感じでしょうか?
 
白髪に色が入ってくるまでに、繰り返しトリートメントとして使っていくわけですがホントじんわりと染まっていく感じです。
 
白髪って白すぎると周りの光を反射して、「キラッ!」って光ってしまいますよね。

それが白髪が目立つ原因です。
 
白髪にほんわりとでも色が入ってくると、光の反射をずいぶんと吸収してくれるので、白髪の目立ち具合は改善されます。
 
また、トリートメント効果は抜群で、髪がしっとりとまとまってきます。

若いうちから髪や頭皮にダメージを与えていると、白髪を増やす原因にもなってしまいますし、将来髪が薄くなってしまう危険もあります。

そういった意味では、トリートメントタイプの白髪染めは、髪や頭皮に優しいので安心です。
 
若白髪を染めるのに、白髪染めヘアカラートリートメントはおススメといえますね。
 
ただ、白髪を真っ黒に染めたいとか、完全に白髪を隠してしまいたいという方には向いてないです。
 
美容室で白髪を染めたとしても数週間すると、生え際のところが伸びてきて白髪が目立ってきますよね?

そういう部分のメンテナンス向けの商品です。

若白髪を染める時の注意点について

若白髪を染めるときの注意点

若白髪を染める際には白髪染めを使うことが大切。

その際にはこんなことに注意しましょう。

クリームが頭皮につかないように気をつける

クリームが頭皮についてしまうと、余計に頭皮を傷つけることに繋がります。

染める際にはブロッキングが大切

サイドとトップ、バックの4つのブロックに分けて、根元や生え際まで丁寧に染めるようにします。

染める手順は、目立つところから染めていきます。サイドや前髪は顔に液がつきやすいため注意します。

ムラをなくすには

ムラができないように髪全体に均一に行き届かせるためには、クシを縦、横、斜めに動かしてとかしていきます。クシを使う際には、頭皮に対して垂直に立てて使うようにします。こうすることで、頭皮にクリームがつきにくくなります。

白髪染めは時間や温度もしっかりと

白髪染めでは、温度管理も大切です。設定温度が説明書に書かれているため、その温度を守るようにします。また、髪質によって染まりにくいこともあります。一般的には、髪が硬い人は染まりにくいとされています。髪質が硬い人は、規定の時間よりも5分から10分程度長く放置することで染まりやすくなります。ただ長時間おくことは頭皮に負担がかかるので気をつけること。

定期的に染める場合には、自分で染めるのではなく美容室に行って染めてもらうのもひとつです。ただ、美容室に行くとお金がかかるので自分でキレイに染めれれば一番ですね。頭皮に優しい白髪染めをつかって、自分で白髪染めにチャレンジしてみましょう!

引用元-若白髪はヘアカラーで染めない!染めるときの注意点

若白髪は美容院で染めてもらうのがおすすめ

私が悩みを解決できたのは、社会人になってからです。
いつも美容院に行くとき、若白髪っていうのをばれないように、自分で染めてから行ったりしていました…。でもきっと、気づかれていたと思います。
美容師さんって優しいから、自分から言い出さないと、突っ込んでこないんですね。
しかし、あるとき思い立って、新しく美容院を変えて、美容院で染めてみようと思いました。
そのころ、丁度仕事が忙しくなってきて、自分で染める体力も気力もないな、と思い始めたからです。
美容院を調べるときに「白髪染め(グレーカラー)」があるところを選んで、いきました。
美容師さんにオーダーするときに、ちょっとドキドキしながら
「白髪染めをお願いします」と言ったら、当たり前なんですが、普通に接してくれて、色々とアドバイスをもらえました。
あまり黒くしすぎると、次伸びてきたときに、目立つから、ぎりぎりまで明るくしましょう、とか。相談してよかったと思いました。
私の場合は、根本と全体で色を若干変えて、はじめ根本を暗い色でしっかり染めてから、全体は少し明るめに染めることにしました。
結果的にそれがすごく良くて、全く白髪染めをしたかんじはなく、きれいに染まっていて、しかも色落ちもほとんどしなかったので大満足!
美容院できちんと染めてもらっているから、ハーフアップにしたときに白髪がのぞく、なんて心配もありません。
はじめて、デートのときの下りのエスカレーターで、下の段に立つのが平気になりました。笑(上から頭部をのぞかれないように、ずっと気を使ってきたんです。)

引用元-若白髪で悩まされた日々。「美容院は必要経費」と割り切る解決法[体験談] | NICOLY:)[ニコリー]

 - ハウツー, 生活, 美容

ページ
上部へ