腸炎の症状である下痢や嘔吐 腸炎とはどんな病気?

腸炎とはどのような病気なのか

腸の主な働きは、食べ物の栄養分と水分を吸収して、残ったカスを体外に出す…というものです。腸が健康ならば毎日便通がよくスッキリ快調で、体内はキレイに保たれます。ところが、何らかの原因で吸収と排泄という大事な腸の働きが乱れてしまうことがあります。それが腸炎といわれるもので、腸の粘膜に炎症が起きた状態をいいます。原因によっていくつかの種類に分けられますが、一番よく見られるのは急性腸炎ではないでしょうか。

腸炎の原因には、さまざまなことが考えられます。特に、精神的なストレスは大きな原因の1つとして挙げられます。腸の緊張を強める神経と弱める神経が、小腸や大腸にはあるのですが、そのバランスがストレスによって乱れてしまいます。その結果、腸炎を発症します。よく試験の前や大事な会議のなると、お腹を下す人がいるのはそのためです。これは神経性腸炎と呼ばれています。さらに、ウイルスや細菌が急性腸炎の原因となることもあります。その場合は感染性腸炎といわれ、腸炎ビブリオ菌やO-157などがよく知られています。ほかにも、腸管内にできた潰瘍や腫瘍、腸以外の病気として、肝臓や胆道、膵臓の病気、泌尿器系の炎症、糖尿病、アレルギーなどが原因になります。

引用元-【腸炎】 – 消化器科

急性腸炎の下痢などの症状について

急性腸炎とは、厳密には1つの病気の診断名ではなく、腸に炎症を引きお こす疾患群の総称である。すなわち、食中毒のような細菌によるものにせ よ、アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症をおこし、その結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて急 性腸炎と呼んでいる。

特に処置をしなくとも、自然に回復する軽い例から、入院治療が必要な重 症な例まで急性腸炎のなかに含まれている。

おかされる部位および炎症の程度によって、症状の現れ方は異なるが、共 通した症状として、下痢、腹痛などがあらわれる。吐き気や嘔吐を伴い、 発熱がある場合には感染性の腸炎が疑われる。
下痢は水様性であり、大量 であることが多いが、小腸に炎症が起こると、粘液の少ない便となり、大 腸がおかされるとかなりの粘液便となり、血液やうみが混じるのが特徴で ある。腸の炎症のため、食べたものはほとんど吸収されず、悪臭やぶつぶ つの泡が混じることもある。

腹痛は、腹部不快感から差し込むような強い痛みまで様々だ。一般に小腸 の炎症ではへそ周辺の痛みが多く、大腸の炎症では左または右側腹部痛が 多くみられる。
全身症状として下痢に基づく脱水症状による脱力感、倦怠 感などが起こる。トイレに通うのが頻繁で、粘液の中に血が混じり高熱が 出た場合は、入院が必要になる。

引用元-急性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical

腸炎の原因と食中毒の違いについて

腸炎の原因は大きく分けで2つあります。

細菌からくる急性の腸炎
夏場によくおこる食中毒の原因と言われている
サルモネラ菌や、腸管出血性大腸(0-157)
腸炎ビブリオ、病原性大腸菌やカンピロバクターなどがあります。

ウイルスからくる急性の腸炎
子供に多く見られますが大人の間でも流行する冬場の風邪である
アデノウイルスやロタウイルス、ノロウイルスなどがあります。

激しい症状に見舞われやすく重篤なのは一般的に
細菌からくるものだと言われて、
これがいわゆる「食中毒」になりますね。

ですので腸炎と食中毒に違いはありません。
「食中毒による腸炎」ということになります。

しかし、腸炎にはそのほかにも

☆ウイルスからくる感染性腸炎
☆ストレスからくる神経性腸炎
☆暴飲暴食・アルコールなどの過剰摂取が原因
☆抗生剤
☆アレルギー
などが原因で発症することがありますから
原因を正しく診断しなければ適切な処置ができません。

また直接的な腸の炎症だけではなく、
肺や心臓、肝臓など他の病気が原因で起こるもあるようですから
注意が必要ですね。

引用元-腸炎で杏が入院!食中毒との違いや原因・症状・治療について | 季節の病気ナビ

ウイルス性腸炎の症状は重症化しやすい

冬の乾燥した時期に起こりやすいとされています。

ノロウィルスやロタウィルス、エンテロウィルスなどがあります。

 

ウィルス性の腸炎は原因菌を特定することが難しく症状と流行の状況から判断します。

 

ロタウィルスは5歳までに最低1回は多くの子供がかかるウィルスです。水のような水分の多い下痢と嘔吐を伴います。最も重症化しやすく、注意しなければならないウィルスでもあります。

 

下痢と嘔吐により体中から水分がどんどん無くなっていきます。それにより脱水症状に陥りやすい腸炎です。

 

感染力が強く、完全には感染を抑えることが出来ません。治療法は無く、ワクチンによる予防しか対処法がありません。

引用元-腸炎の症状は、激しい下痢と嘔吐も伴う – health

腸炎の症状がある時の食事は?

腹痛や下痢などの辛い症状があらわれる腸炎。腸炎のときはどんな食事をすればいいのでしょうか?

腸炎のときは、腸の働きを整えてくれるリンゴやヨーグルト、人参などのほか、たんぱく質やビタミン・ミネラルが豊富で消化吸収も良い豆腐を食べるのがおすすめです。

また、下痢症状があるときは温めた薄めの番茶やほうじ茶を飲むと良いですよ。腸炎のときは、脱水症状にならないようにスポーツドリンクなどで水分補給をするようにしてくださいね!

引用元-【腸炎】 その恐い症状とは?腹痛や下痢など高熱が続くと注意!

腹痛や下痢などの症状は体力を消耗するので、かなり辛いですよね…。何度もトイレに駆け込んだり、トイレからなかなか出られなくなったりということが続くと精神的にも辛いものです。夏場は食中毒が原因で急性腸炎を発症する場合も多いので、食べ物には十分気をつけましょう。

また、腸炎の原因の1つにストレスが挙げられますから、ストレスをためないようにすることも大切です。上手に気分転換して、ストレスをためないようにしましょうね♪

引用元-【腸炎】 その恐い症状とは?腹痛や下痢など高熱が続くと注意!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA