食生活アドバイザーの資格とは?合格率はどのくらいなのか

食生活アドバイザーの資格とはどんなものなのか

食生活アドバイザーは食に関しての専門家!!

食生活アドバイザーは、食に関してのスペシャリストになります。
食に関して幅広い知識を持ち、適切なアドバイスで、健康な生活を送るための手助けができる資格になりますので、幅広い仕事ができる資格の一つであると言えます。
また、食に関して正しい知識を持つことが、最近では健康面でも注目されていますので、食生活アドバイザーの、需要度は高まってきており、活躍の場も広くなってきています。

ここで、気になる食生活アドバイザーと他資格の違いとは!?

上記では、食生活アドバイザーに関して紹介しましたので、何となく食生活アドバイザーは、どんな資格なのかというところは、わかって頂けたと思います。
ただ、ここで、疑問がある人もいると思います。
それとは、調理師と栄養管理士とはどんな違いがあるのかということ。
もちろん、必要とする知識に違いはありますが、大まかな違いは、やはり、受験資格にあります。
食生活アドバイザーには、受験資格が必要ないので、主婦の方や食品業界の人が目指したりしています。

引用元-食生活アドバイザー試験の難易度と資格取得のメリット | 資格のことならキャリアパーク

食生活アドバイザーの試験について

試験は年2回!2・3級の併願受験が可能です。

実施団体 一般社団法人 FLAネットワーク協会
受験資格 受験資格の制限はありません
出題科目 3級・2級共通

●栄養と健康(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
●食文化と食習慣(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
●食品学(食材・加工食品・有機食品・食品表示・安全性・環境問題など)
●衛生管理(食中毒・衛生管理・予防・食品化学など)
●食マーケット(流通・物流・外食・メニューメイキング・食品販売など)
●社会生活(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)
出題形式 3級理論問題:選択問題(マークシート形式)
2級理論問題:選択問題(マークシート形式)/筆記問題(記述形式)
合格基準 合計点数の60%以上
試験日程 毎年7月と11月
会場 札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡(2013年実施)
受験料(各税込) 3級 4,700円
2級 7,300円
3級・2級併願 12,000円

引用元-ユーキャンの食生活アドバイザー(2級・3級)講座|資格・検定試験ガイド

食生活アドバイザーび試験内容はどのようなものなのか

3級2級内容は同じで

①栄養と健康 →栄養学の知識が問われます。

②食文化と食習慣 →日本伝統の行事、食事、郷土料理、旬食材、食マナーや配膳、調理や献立、また食に関わる四字熟語やことわざなど食文化全般です。

③食品学→生鮮食品や加工食品の定義、食品表示、栄養成分表示、有機食品の定義や表示、アレルギー食品表示、食にまつわる環境問題などです。

④衛生管理→食中毒の原因、種類、予防方法、食品化学、食品の安全性などの衛生管理など。

⑤食マーケット→食品の流通や物流、外食のメニューメイキング、食品販売など食マーケットに関する問題など。

⑥社会生活→暮らしと経済、生活環境、消費者問題、IT社会、法律など社会生活全般。

3級と2級の違いは

3級は【消費者や生活者】という視点からの知識レベル。

2級は【食を提供する側】としての視点が求められます。

食と生活について正しい知識と見解を持ち、総合的にアドバイスできるようになることが求められます。

食生活アドバイザーの活躍の場としては
販売や物流の現場、飲食店、医療、福祉介護、学校など様々なフィールドで

例えば販売の現場だと食べ方の提案、食卓提案、健康アドバイスからクレーム処理も行います。

食品メーカーではマーケティングや商品開発、衛生管理、物流管理や商品提供など、

また飲食店では食材調達からメニューやレシピの提案、衛生管理や店舗運営のアドバイスもできるようになります。

試験での3級2級の大きな違いは、2級は筆記試験があることと
3級は【五肢択一】で
2級は【六肢択一】で、
マークシート形式ですが、2級には『該当するものがない場合、6を選びなさい』という指示がある点が全く違います。

引用元-食生活アドバイザー資格について|AYAオフィシャルブログ「AYAの育児とお子様ランチにかける日々」Powered by Ameba

食生活アドバイザー資格の合格率はどのくらい?

合格率は、平均で3級が65%、2級が35%とのこと。(※情報元 http://flanet.jp/qa/index.html)
3級はマークシート形式の選択問題のみなので、比較的合格を目指しやすい資格と言えるでしょう。
2級は3級よりも合格率が低く、選択に加えて筆記問題も出題されより細かい知識が求められるため、試験対策は入念にした方がよさそうです。
どちらの級も、合計点数の60%以上の得点を有すること、というのが合格基準になっているので多少は苦手科目があっても他の科目で補えれば合格に近付けるでしょう。

引用元-話題の食生活アドバイザー(R)ってどんな資格?難易度は?(記事69)|資格取得ならBrushUP学び

食生活アドバイザーに合格して得られるメリットとは

食生活アドバイザーは食生活の総合的な知識を身に付けるための試験です。
特に近年は、食の安全に関する関心も高まっているため、子どもを持つ女性を中心に人気の資格です。
ですので、家庭の食事に関する興味のある方は、ぜひ取得してみたい資格です。

仕事の場では、食品メーカーでの製造現場や、スーパーマーケット・デパートの食品販売などで、企業で活躍する資格です。
もちろん、飲食業や外食業などでも活かせる資格です。ただし、飲食店営業などになると、「栄養士」「管理栄養士」「調理師」と言った、上位の食資格・国家資格がありますので、それらの取得を目指すことになるでしょう。
また、それらの資格を含め、この資格は関連のある資格との同時取得する「ダブルライセンス」が推奨されています。ですので、この資格だけで満足せず、関連のある別の資格の取得も目指してみると良いでしょう。

引用元-食資格の注目「食生活アドバイザー」に合格しよう! ~試験概要・勉強法~|トピックスファロー

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA