歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

目次

歯の矯正は20代からでも大丈夫?

矯正治療は子供が行うものと思っている方も多いと思います。「自分の年齢でも治療はできるのか」と不安に思う方もいるかもしれませんが、歯列矯正に年齢制限はありません!
20代、30代、40代はもちろん、50代以降でも治療されている方は大勢います。

近年は目立たない装置が普及したこともあり、大人の治療が大変増えています。
子供の頃に矯正するチャンスがなかった、ずっと歯並びをコンプレックスに思っていた、という方が、大人になってから矯正治療に取り組み綺麗な歯並びになって、とても満足したという声をたくさん伺います。
「歯列矯正を始めよう!」と思った時が、始めドキなのです。

顎の成長期である子供時代が過ぎ、顎顔面部の成長発育能力はほとんどないけれど、その分、歯の移動計画が立てやすいとも言えるでしょう。むしろ大人の方が、前向きに治療に取り組むために、スムーズに治療が進むことも多いようです。是非、この機会に矯正治療に一歩踏み出してみてください。

引用元-矯正の疑問アレコレ|大人の歯列矯正マニュアル

20代の歯を矯正する金額はどのくらい?

大人の歯の矯正には100万円くらいはかかると思っておいた方が良いでしょう。
20代の頃はそれほど貯金もなかったので、
矯正しようかなと思ってもやっぱりお金が足りないので諦めていました。

100万円あれば

軽自動車
家具や家電一式
3泊の海外旅行約5回分

など色々な物が買えます。
100万円あれば失業しても半年くらいは生活水準を落とさずに生きていけるでしょう。

そんなわけで、歯並びに100万円もかけるのはもったいないという思いもあり、先延ばしにしてきました。
デンタルローンというものや、クレジットカードの分割決済という手段もありますが、
調べてみると年利7%~11%くらいの利息がかかりますので、余分に10万円や20万円を支払うことになってしまうため、
現金で一括払いした方が良いと思い、貯金に余裕ができてから歯列矯正をしようと思いました。

そんなわけで30代になってしまったのですが。

ためしに100万円を年利7%で借金して
4年間かけて返済する場合を計算してみました。

毎月の返済額23944円で48回、利息の合計は149419円です。

年利7%で貸してくれる所はあまりないと思います。
一般的にカードローンなどは金利15%くらいになるので、
15%で計算すると、毎月の返済額が27830円で利息の総額は336093円になります。

30万円あれば、引越しなどもできますし、
やっぱり貯めてから矯正することをおすすめします。
でも、貯金が苦手な場合にはローンを組むのも良いかもしれません。

住宅ローンやオートローンやデンタルローンと言うと、
なんとなく「借金」ではなく「自分に投資」をしている感覚になりますが、実際は普通の借金です。
どうしても貯金が苦手でお金が貯まらないという場合には、
なるべく金利の低いカードローンなどを使って、それを歯列矯正の治療費に回しましょう。

歯列矯正の場合、確定申告をすると「医療費控除」で年間200万円まで、
課税所得から医療費を引いて、所得税や住民税を減らすことができます。
国保の金額も減ります。確定申告をやったことが無い場合にはちょっと面倒だと思いますが、やった方がお得です。

30代や40代になってからの歯科矯正のリスクについて

<大人の歯科矯正のリスクは?>

滑舌が悪くなる
裏側ブラケットなどでは、場合によっては舌が上手く回らず、滑舌が悪くなることがあります。

仕事で話をする際に、うまく口が回らなくなることがあります。口の中に違和感があってストレスに感じる方もいます。

慣れれば問題なくなることもありますが、営業などで話をメインにしている方は、問題ないか、事前に歯科医師に相談して頂きたいです。

食べ物に気を付ける
歯科矯正は、およそ1年~2年間くらいかかる長い治療です。その間、歯科矯正装置を付けていると、食べ物によっては矯正装置が壊れたりズレたりすることがあります。

ピーナッツのような固い食べ物、ガムのように粘り気がある食べ物、コーヒーなどの色素が付きやすい食べ物・飲み物には注意が必要です。

仕事で接待された時の食事やお客さんとの食事、お土産などをもらった時に、歯科矯正装置に負担が食べ物は、無理に食べないようにする必要があります。

スポーツ
激しい運動をするスポーツでは、歯を食いしばったり、対人接触であご・歯をぶつけたり圧力がかかることがあります。

あご・歯に圧力がかかると、矯正装置がズレたり外れたりするリスクがあります。

会社の仲間内でのスポーツや、趣味でスポーツをやられている方は、注意が必要です。事前に歯科医師にスポーツをしていることを伝えておくとよいです。

吹奏楽などの楽器演奏
歯科矯正装置を付けていると、うまく口が動かず、吹奏楽など息を吹く楽器の演奏が難しい場合があります。

趣味でトランペットやサックスなどを吹いている方は、矯正時は注意が必要です。

マウスピースの歯科矯正装置なら、取り外しができるので、演奏時に外すことが出来ますので便利です。

引用元-大人の歯の矯正の費用・期間・リスクは?30代・40代が増加中 | 知恵の泉

20代以降の歯の矯正のメリットとは

2−1.コンプレックスが解消される

前歯の歯並びは誰もが気になっているものです。長年治そうかどうか悩んでいる方も多いです。矯正治療をすることによって口元に自信をもち、笑ったり、話したりが楽しくなる方が多いです。

2−2.噛み合わせのバランスが良くなり顔のゆがみが取れる

歯並びが悪いと片側で噛んでいたり、噛む力が弱くなってしまいます。顔の輪郭は筋肉で出来ているため、バランスよく噛めないと顔がゆがんでしまいます。歯列矯正で歯並びを改善することによって左右の噛み合わせのバランスが良くなり、顔のゆがみが取れてきます。

引用元-大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

2−3.歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病が予防できる

歯並びが悪いと歯が重なっている部分にプラークが溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。歯磨きやデンタルフロスなどもやりにくく、口臭の原因にもなります。

2−4.歯科治療後長く歯を使える

歯並びが悪い部分の治療は、力がかかる方向が変わってしまったり、無理な形で詰め物やかぶせ物を行なわなければなりません。そのため取れたり再治療を繰り返すことが多くなります。歯並びがきれいになると、歯の治療も噛み合わせのバランスを見ながら治療ができるために長く使える治療ができます。

引用元-大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

大人の歯の矯正の金額の目安について

歯列矯正は自由診療で保険がきかないので、どうしても高額になってしまいます。治療期間が長くなればなるほど、費用もかかるということを頭に置いておいてください。費用に関しては医療機関によって異なりますが、総額80万円前後から120万円前後が多いケースです。
装置は前から取り付けるものよりも、裏側から取り付けるものほうが高い傾向にあります。

治療費用は、以下のような種類のものがあります。
● 治療前:
初診・相談料/歯の悩みを聞いて、治療内容の相談を行う。0~10,000円ぐらい。
精密検査料/頭部X線写真、口や顔の撮影、歯型採取 25,000~60,000円ぐらい。
診断料/治療計画の説明10,000~40,000円
● 治療中
装置・基本料/選択した装置によって異なるが、65万~100万円ぐらい。裏側の矯正は150万円程度
処置料/装置・基本料に含まれる場合や、都度発生する場合がある。1回数千~1万円ぐらい。
● 治療後
装置・基本料金/リテーナー(保定用器材)の料金が10,000~60,000円ぐらい。

セラミック法は細かい検査料などはなく、1本当たりの料金で決まります。
例えば1本8万円のセラミックで4本治したとすると32万円です。
仮歯代が別途3千円ほどかかりますが、それ以外には料金はかかりません。
また、毎回の治療費もありません。
低価格での治療がご希望でしたらセラミック法がおすすめです。

引用元-やっぱりお高い?大人の歯列矯正の費用とは | ヘルスケア大学

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる