皮膚のかゆみと内臓の関係とは?

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係について

順天堂大学大学院環境医学研究所長で、かゆみの最新研究を行っている高森建二教授(同大学浦安病院皮膚科)は「かゆみの謎は重大な病気のサインになる」と語る。
 かゆみを引き起こす主な原因は、肥満細胞から分泌される「ヒスタミン」というかゆみを引き起こす化合物。これが皮膚の中にあるかゆみを感じる神経に結合するとかゆくなる。
 代表的な病に、じんましんがあり、見た目も赤く腫れるなどの異変が起こるが、市販の抗ヒスタミン成分配合薬を飲めばほとんどが治るとされる。しかし、それでも治まらないかゆみがある。これらのことを、専門医は“難治性のかゆみ”と呼んでいる。主に皮膚の乾燥によって生じるが、保湿剤をいくら塗っても効かない場合は、重大病を疑わなくてはならない。
 体内に生じた病気の影響で皮膚が乾燥して起こるかゆみが危ないのだ。

 「内臓疾患に伴う皮膚症状で全身のかゆみが続く場合は、糖尿病や甲状腺疾患、原発性胆汁肝硬変などの病気が考えられ、それを念頭に治療を進める必要があります」
 と言うのは、東京都多摩総合医療センターの皮膚科担当医。
 さらに、かゆみの出現が頻繁に起こる疾患としては、慢性腎不全や閉塞性胆道疾患もあり、いわば「かゆみに隠れた内臓疾患」という見方ができるという。

 このように、かゆみの発症で疑われる病気はいくつもある。中でも多く見られる腎不全や尿毒素症の場合は、「オピオイド」と呼ばれる体内物質のバランスが崩れ、かゆみを引き起こす。
 人工透析でも強いかゆみが続き、長年、多くの患者が耐えられないほどのかゆみに悩まされていた。しかし近年になって、かゆみを起こすオピオイドを抑える薬が開発され、多くの患者がかゆみから解放されているという。
 また、肝硬変や肝臓を患うことで併発する原発性胆汁性肝硬変は、胆汁中のピルビン成分が全身に回り、激しいかゆみを生じさせる。しかし、こちらも現在では「オピオイドの発見により、今ではナルフラフィン(カッパオピオイド受容体作動薬)の効用も確認されている」(専門医)という。

引用元-原因は冬の乾燥肌だけではない 辛いかゆみに隠された内臓疾患の脅威(1) – リアルライブ

皮膚のかゆみは白血病の初期症状としてもみられる

皮膚のかゆみが初期症状として見られるがんとしては、最も有名なのが白血病かもしれません。
特に慢性リンパ性白血病においては、他の白血病に比べて皮膚の病変が多く見られることが特徴的です。
 
吹き出物や水疱などの症状が見られることもあります。かゆみ症状を伴う場合には、しつこいかゆみ症状が見られるようです。
この初期症状としてのかゆみ症状は、白血病の他、血液系の悪性腫瘍、悪性リンパ腫においても見られます。
 
痒みだけが症状として見られるのか、他の症状も見られるのかによって、原因の病気は異なります。
ですが、がんの可能性があるということを、頭に入れておくと、かゆみ症状を軽視しないで対処できるのではないでしょうか。

引用元-しつこいかゆみの原因は、「内臓にできたガン」!?どんなガンがかゆみの原因になるの?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

肝臓病と皮膚のかゆみの関係について

肝臓病とは肝臓の組織に炎症が起き、腫れて熱をもった状態をいいます。病気の種類として、日本ではウイルスの感染によって起こるウイルス性肝炎がもっとも多く、ほかにはお酒の飲みすぎによるアルコール性肝炎などがあります。肝臓病は発症の仕方や経過によって、急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎に分けられます。

 急性肝炎は風邪に似た症状があらわれ、その後黄疸が出てきます。適切な治療でほとんどが治りますが、なかには重症化することもあります。慢性肝炎は急性肝炎からの移行もありますが、無症状のまま健康診断などで発見されることが多いようです。劇症肝炎は急性肝炎が短期間で悪化した状態のものをいいます。

 肝臓病では、黄疸とともに強いかゆみがあらわれやすいといいますが、黄疸が出る前に皮膚がかゆくなる病気に、原発性胆汁性肝硬変というものがあります。自己免疫異常が原因で肝臓のなかに胆汁がたまり、肝臓の機能が低下していく病気です。厚生労働省の調査によると、年々患者数が増えており、中年女性に発症しやすいのが特徴だそうです。肝硬変という名称がついていますが、実際に肝硬変に至るのは1割程度といわれています。

肝臓は沈黙の臓器といわれ、病気になってもなかなか症状が出にくいものです。異変を早くキャッチするには定期的な検診が大切といえますね。

引用元-5:皮膚がかゆい…肝臓病|健康な毎日のために|株式会社関西メディカルネット

皮膚のかゆみは内臓の異変 肝臓病との関係

内臓に何らかの異変があると、皮膚上にかゆみが出てくる事があり通称『デルマドローム』と呼ばれています。
そして肝臓に備わっている機能が低下してくると、快楽ホルモンの一種である「ベータエンドルフィン」という物質が脳から分泌される事によって、かゆみが発生するという流れになるんですね。
具体的には、
原発性胆汁性肝硬変
肝臓がん
などがあるのですが、血液中の物質が変化して皮膚神経が敏感になったり、肝臓に胆汁がたまってしまうことによってかゆみが起こってしまうワケです。
つまり、肝臓の異常を知られせてくれる前兆サインなんです。
そしてこのベータエンドルフィンが原因によるかゆみは、通常の皮膚疾患とは異なり、脳から体内中の物質にダイレクトに刺激されるため、かきまくっても治らないという特徴があります。
更に一般的に効くとされている市販薬も効果がないので、病院を受診してくださいね!

引用元-背中がかゆい!内臓が原因の5つの事例&対策法! | up-your-life

B型肝炎の場合でもかゆみを発症することがある

B型肝炎の場合でも、かゆみを発症することがあります。

ウイルスによって肝臓の機能が低下することによって、
血液中に胆汁酸が増加し、末梢神経に刺激を与えることで、
かゆみを訴えるのではないかと考えられています。

 

B型肝炎の場合、予防接種時における
集団感染が疑われる人もいます。

 

予防接種によって感染が疑われる場合には、
国から補助金も支給されるため、心当たりがある場合は、
B型肝炎起訴に詳しい弁護士事務所も存在しているため、
相談してみるといいでしょう。

 

どの病気の場合も、かゆいからと掻き続けていると、
さらに症状は悪化してしまいます。

肝臓に限らず、かゆみを訴える病気はさまざまなものがるため、
我慢できないかゆみが続く場合は、早めに医師に相談することが大切です。

引用元-全身のかゆみは肝臓が原因のヤバイ病気かもしれない? | QRIONE調査団

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA