大人も注意が必要な溶連菌感染症の症状や原因とは?

目次

溶連菌とは何?

溶連菌とは正式には溶血性レンサ球菌と言い、上気道炎や皮膚の化膿など、様々な感染症の原因となる細菌です。顕微鏡で覗くと、菌体同士が1列にくっつきあい、鎖が連なっているように見えることから「連鎖」球菌と呼ばれています。

溶連菌はA群、B群、C群、G群に分類されますが、A群レンサ球菌による感染が溶連菌感染症の90%以上を占めるため、溶連菌感染症は一般的にA群レンサ球菌による感染症のことを言います。A群レンサ球菌という言葉はあくまでも菌の分類で、菌体の名前は化膿性レンサ球菌 (Streptococcus pyogenes)と言います。

引用元-[溶連菌感染症の症状・原因・治療法]大人も要注意!発疹やかゆみが出る前に予防するための方法まとめ|welq [ウェルク]

溶連菌感染症について

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。したがって、一般にはA群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を溶連菌感染症として理解されているといってもよいでしょう。主に“のど”に感染して、咽頭炎や扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱といった病気を引き起こします。
(ここでは下記のそのほかの溶連菌感染症については省略します)

“のど”に感染する病原体

“のど”に感染する病原体は、風邪に関係するいろいろなウイルスや細菌があります。細菌では溶連菌が代表的ですが、ほかに肺炎球菌やインフルエンザ菌(インフルエンザとは関係ありません)といったものがあります。

溶連菌が起こす病気

粘膜
咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、中耳炎、副鼻腔炎など
皮膚・軟部組織
伝染性膿痂疹、蜂窩織炎、丹毒など
その他
肺炎、菌血症、トキシックショック症候群など

引用元-こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなし | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

溶連菌感染症は子供がなりやすい

溶連菌感染症は、溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)という細菌によって起こる感染症です。主にのどに感染後、咽頭炎や扁桃炎、猩紅熱などを引きおこします。幼児や低学年の児童に多く、特に5~15歳の子供に最も多く発症します。
保育園、幼稚園、小学校などでの感染が多く、発症のピークは「冬」と「春から夏にかけて」の年2回です。
ポイントは次の3つです。

・38~39度の発熱とのどの痛み、嘔吐が症状の始まり、風邪と似た症状です。
・完治には、10日間から2週間、抗生物質の服用が必要です。
・完治したかどうかは、症状が改善してから2~3週間後の検査で初めてわかります。症状が治まったからと安心して油断することは大敵です。医師の診察をきちんと受けましょう。

引用元-子どもの溶連菌感染症の特徴と症状、予防法は? | イクシル

溶連菌感染症の大人の症状について

溶連菌感染症で多くみられる特徴的な症状は、のどの痛みと発熱、舌に赤いブツブツができるといったものになります。
 
症状がひどいときは、扁桃腺の辺りにも白いブツブツができて、唾を飲みこむのも痛くなり、38度以上の高熱がでたりします。
このときに、体に発疹がでることもあります。
 
その他にも、頭痛や下痢、嘔吐などの、風邪と同じような症状がでることもあるようです。
 
溶連菌は、めずらしいものではありませんし、免疫力が高い健康な大人の場合、発症しないまま保菌している人も多いとのこと。
風邪とよく似た症状のため、悪化しなければ、溶連菌感染症と気づかないまま、症状が治まっていくこともあります。
 
ただ、風邪ではなく溶連菌感染症だった場合、抗生物質を使って治療をしないと、菌がなくなることはありません。
希ですが、症状が長引いたときには、腎炎やリウマチ熱などの別の病気に繋がることがあります。
 
周りに溶連菌感染症になった人がいるなど、気になるときには、病院で検査をうけるようにしましょう。

引用元-溶連菌感染症で大人の症状と治療法は?頭痛や下痢はある? | ヘルシースタイルnavi

溶連菌感染症の原因と治療について

原因は「A群溶血性レンサ球菌」という細菌への感染で、咽頭炎、扁桃炎、しょう紅熱などを引き起こす。紅い発疹を伴うしょう紅熱は、昔は命を奪う怖い病気として恐れられ、患者が隔離されていた伝染病だ。溶連菌感染症の典型的な症状は、のどの痛み、発熱、イチゴ舌(舌に発疹が出てイチゴのようになる)で、全身倦怠感、嘔吐、手足に発疹が出たり、発熱や発疹が治まってから手足の皮がむけたりすることがある。3歳以下の乳幼児では、典型的な症状が出にくく比較的軽く済む場合が多いという。

溶連菌感染症かどうかは、医療機関でA群溶血性連鎖球菌迅速診断キットを用いれば数分間で診断できる。インフルエンザの迅速診断キットは鼻の粘膜をぬぐうが、溶連菌はのどの赤く腫れた部分を綿棒などでのどをこすって培養する。患者数が増えたのは、迅速キットが普及し、ほとんどの医療機関で「溶連菌感染症」と簡単に診断できるようになったためとの説もある。子供の頃、「扁桃腺が腫れているね」と医師によく言われたが、ひょっとしたら溶連菌感染症だったのかもしれない。

治療は抗生物質の服用が中心だ。一般的には、薬を飲み始めて1~2日で熱は下がり、のどの腫れや痛みも治まる。のどが痛いときは、辛い、熱い、すっぱい、冷たいなど刺激の強い食べ物は避けたほうがよい。のどや舌が痛くて食欲が落ちているときには、脱水症にならないよう注意しよう。

引用元-大人も要注意! 「溶連菌感染症」の不気味な大流行:PRESIDENT Online – プレジデント

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる