うちの赤ちゃんの顔に湿疹が!どんな原因が考えられる?

赤ちゃんの顔の湿疹は何?乳児湿疹について

赤ちゃんにできる湿疹を総称して、乳児湿疹と呼びます

赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼びます。カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ~んぶ乳児湿疹。乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのです。   このうち低月齢のころ、脂分の分泌が多い場所に見られるものには、脂漏性湿疹という名前がつきます。生後2~3カ月ごろになると、乾燥による湿疹もふえてきます。また、ガーゼなどでふきすぎると口の周りがカサついて赤くなることもあります。低月齢のころのこうした湿疹が、アトピー性皮膚炎かどうかは、少し様子を見ないと判断できないこともあります。

引用元-赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 – gooベビー

乳児湿疹で多い新生児ニキビについて

(1)特徴

生後1週間から1か月の間によく見られます。見た感じは思春期ニキビと同じような赤いぶつぶつがほっぺやおでこに現れ、顔全体に広がって顔全体が真っ赤になることもあります。清潔な状態を保っていれば生後1~2か月くらいで自然と鎮静化します。

(2)原因

お母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌の多い新生児では、過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まってしまうことが多く、これが主な原因と考えられます。他にも、外部からの刺激や汚れによって炎症を起こす場合や、赤ちゃんが触ったりひっかいたりすることで悪化することもあります。

(3)ケア方法

毎日の入浴時に、顔もしっかり洗い肌を清潔に保ちましょう。洗顔に関しては、赤ちゃん用の石鹸か赤ちゃん用のボディーソープの泡をたっぷりつけて、やさしく洗います。すすぎではお湯を含ませたガーゼで優しく拭い、余計な皮脂をしっかり落としましょう。

引用元-赤ちゃんに現れる「乳児湿疹」の正しいケア方法と原因・種類 | ヘルスケア大学

新生児ニキビと並んで多い赤ちゃんの脂漏性湿疹について

症状

新生児ニキビと原因や症状もよく似ており、あまり分ける必要もないかな?という感じではありますが、湿疹が顔や頭皮にできて、黄色いかさぶたのようになったり、かさかさしたフケのような状態になったりします。
新生児ニキビと同様、痒みはほとんどなく、赤ちゃんは特に気にする感じではないです。
ただ、赤ちゃんはよく手を顔に持って行ったりするので、そのせいで引っ掻いてしまったりして、湿疹をつぶしてしまい、血がでたり、炎症を起こして、赤くジュクジュクしてしまったりもします。

原因

新生児ニキビと同じで過剰な皮脂分泌です。

引用元-【乳児湿疹】の種類・症状・原因、家庭できるケア・対策をまとめました!

顔の乳児湿疹はいつ頃に現れるものなのか?

乳児湿疹は生後2週間を過ぎた頃から現れ始めますが、いつまで続くかは個人差があります。たとえば、乳児湿疹の原因が新生児ニキビであれば、生後1ヶ月を迎える頃には自然と治まりますが、それ以外の湿疹だと1歳を過ぎて続くこともあります。湿疹があらわれた直後は不安になりますが、きちんとケアをしていれば自然と治まる場合がほとんどなので落ち着いて対処してくださいね。

きちんとケアをしているにも関わらず、症状が快復せず、悪化するときは、「アトピー性皮膚炎」や「食物アレルギー」による湿疹の可能性も考えられます。乳児湿疹が長引くようなら定期的に皮膚科で検査を受けましょう。

引用元-乳児湿疹の原因は?いつからいつまで?赤ちゃんの顔や体にできる? – こそだてハック

赤ちゃんの乳児湿疹は母親の食事は関係するのか?

生後1ヶ月を過ぎる頃になると、生まれた時はツルツルのお肌だった赤ちゃんの顔に、
  ブツブツと湿疹・できものが出てくることがあります。
  これを一般に“乳児湿疹”というのですが、この乳児湿疹にも軽いものからひどいものまで色々です。
  お医者さんや保健婦さんなどに相談すると、「乳児湿疹だからしばらくすれば治る」と言われ、
  軟膏を処方されるということが多いのですが、それでは根本的に治らないことが多く、
  薬でごまかしていまうために、かえって将来的に湿疹等がひどくなったりする場合もあります。
  ではどうすれば根本治療が出来るのでしょうか? それはまずママの食事を改善することです。

  うちの子も1ヶ月半頃から湿疹が出来はじめ、ほっぺたがじくじくして膿んだり、しるが出たり、
  顔中が真っ赤になったりとひどい状態になっていました。
  アレルギー検査を受けましたが何もアレルギー反応は出ず、とにかく軟膏などを塗って対処をしていました。
  でもいっこうによくならず、いろんなサイトを訪問し、調べていました。
  そして母乳の場合、ママの食事で赤ちゃんの湿疹が左右されるということを初めて知りました。

  油ものや甘いものや乳製品を摂りすぎた母乳は、新鮮な母乳に比べて脂肪分や糖分が高く、
  また母乳も多く分泌されがちで溜まり乳となりやすく母乳の質が落ちたり、
  小麦・卵・大豆・牛乳などのアレルゲン食品をママが多く食べると、母乳にたんぱく質が多くなり、
  赤ちゃんにとって消化しにくい母乳になり、その結果、体に湿疹として現れてしまうそうです。

  うちの子の場合、なぜかほっぺたにばかり湿疹が集中していたのですが、これはママの乳製品の摂りすぎだそうです。
  また、断乳・卒乳後の幼児のほっぺたが真っ赤になっている子をたまに見かけますが、
  これも牛乳などの乳製品の摂りすぎが原因だそうです。
  けどアレルギー検査で反応は出ないので、原因不明だとかアトピーだとか言われてしまいます。
  そうして軟膏やステロイドを処方され、根本原因がわからないまま、薬に頼ってしまうそうです。

引用元-乳児湿疹について

twitterの反応


https://twitter.com/saki_mama0214/status/723220704615788544


https://twitter.com/SAReedus/status/718785966090006528

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA