リンパ腺の腫れがある時に発熱もある場合、注意すべき点とは?

リンパ腺の腫れと発熱について

風邪などをひいたとき、耳に後ろや首などのリンパ腺が腫れる場合があります。

これらの原因は、細菌やウイルスなどがリンパの流れにのってリンパ腺に達した場合に起こります。
体の中の免疫細胞が病原菌を退治しようと活動していることで、リンパ腺が腫れてしまうのです。

高熱を伴う場合は、亜急性壊死性リンパ節炎の可能性があります。
この病気はリンパ節が腫れることと、原因不明の高熱、時には皮膚の発疹を出しますが、1~3ヵ月で改善する良性のリンパ節疾患と言われています。

原因ははっきりしていませんが、ウイルス、アレルギー、局所の異常免疫反応などが原因となるのではないかと考えられています。
年齢に関しては幅広く見られますが、特に10~30代の女性に多く見られる病気です。

腫れが生じるのは、首が圧倒的に多く、次に脇の下で痛みを伴います。
治療をしないと1ヵ月熱が下がらないこともあるので、早目に病院に行くようにしましょう。

リンパの腫れや痛みがすぐに改善するならほとんど心配はないようですが、中には液自体ががん細胞に犯されている場合もあります。
リンパ節が痛いと感じるようであれば、原因を見つけ正しい処置をしましょう。

引用元-女性のリンパ腺が腫れるのは何の病気が原因? | 女性の健康づくり

発熱やリンパ腺の腫れの症状がある亜急性壊死性リンパ節炎とは

壊死性リンパ節炎は、 1972 年に菊池らにより報告された原因不明の高熱とリンパ節腫脹をきたす病気ですが、 1 〜 3 か月で良好な経過をとる良性のリンパ節疾患です。原因にはウィルス説、アレルギー説、局所の異常免疫反応説などが想定されていますが、はっきりした原因は分かっていません。

 
■ 頻度と性差
本症は四歳から七十五歳まで幅広くみられますが、比較的若年層に多い傾向にあり、特に 10 − 30 代の女性に多く、男女比は1:2−3です。

 
■ 症状
症状は発熱、リンパ節の腫れが主体で、そのほか皮膚の発疹(ほっしん)を伴う場合があります。38度以上の発熱が一週間続くこともあり、無治療では熱は一カ月近く熱が下がらないこともあります。リンパ節の腫れは風邪のような症状の後に起き、場所は首のリンパ節が圧倒的に多く、次いで脇の下のリンパ節です。またそれらのほとんどは痛みを伴っています。リンパが腫れる部位は、首のリンパ節が圧倒的に多く、次いでわきの下のリンパ節などです。発疹は一過性で、出る時期は一定していないようですが、高熱が続く時や症状の強い場合に多く見られます。そのほか扁桃(へんとう)が腫れることもしばしばあります

引用元-ウィミンズクリニック札幌 女性の病気 亜急性壊死性リンパ節炎

風邪でリンパ腺の腫れや発熱がある場合の治すためのポイントについて

寒い時期に限らず、季節の変わり目や、疲れがたまっている時に風邪をひく方は多いですよね。

風邪の症状として、発熱、鼻水、喉の痛みに加えて、後頭部の下側や耳の下、首周りが腫れることがあります。

普通の風邪の場合、よく腫れることがあるのが首のリンパである頚部(けいぶ)リンパ節で、おたふく風邪の場合には、耳下腺リンパ節が腫れることがあります。

熱があっても仕事を休めない等の理由で、すぐに解熱剤を服用すると、かえってリンパが働かず、いったん熱は下がったものの風邪が長引くこともあるため、要注意です!

リンパ腺の腫れを抑えるためには、以下の事に気をつけて、風邪を早く治すことが先決です。

風邪を早く治してしまおう!生活面での注意点

・とにかく安静、たくさん睡眠をとる
・水分をこまめにとる
・食欲がなくても食事を摂り栄養補給する

熱が下がり風邪が治るとリンパ腺の腫れも引くことが殆どですが、依然としてリンパ腺の腫れが残る場合には、内科や耳鼻咽喉科で診てもらうようにしましょう。

引用元-リンパ腺の腫れが示す7つの病気の兆候と対処法 | ライフスタイルNext

リンパの腫れとリンパ節について

リンパは体中にあり、ばい菌・ウイルスが侵入し退治しているときにリンパが腫れる。
病気になると体中になるリンパ節のどれかが反応することになることから、リンパの腫れには注意が必要である。とはいえ、リンパの腫れがあったからといってそれがすぐ重病というわけではなく、風邪でもリンパは腫れることもある。

数日リンパが腫れて熱が出たとしても、多くは風邪が治ることにともないリンパの腫れはひいていく。
しかし、「悪性腫瘍」(悪性リンパ腫、がん)などでも、リンパ節は腫れてくることがあり、この場合全身のリンパ節転移すこともある。

やっかいなことに痛みがあまり伴わないことから、定期検診をしっかりと受け、リンパの腫れを見つけたら早めに医師に相談することが盤石といえる。

以下に体中にあるリンパの主要な部分について紹介する。
・鼡径リンパ節:このリンパ節は、下肢の付け根の前面(鼡径部)に数十個集まっており、触診しやすいリンパ節である。
・腸リンパ本幹:腹腔内にあり、リンパの集合場所である。
・ヴィルヒョウのリンパ節:左鎖骨上部にあり、このリンパの腫れは胃癌の徴候として知られているリンパ節でもある。
・気管支肺リンパ節:肺門リンパ節とも呼ばれる肺内リンパの総称である。
・腋下リンパ節:腋下にある20~30個のリンパ節群であり、このリンパは乳癌転移を起こしやすい。

引用元-リンパの腫れの原因と症状

首のリンパ腺の腫れには注意が必要

喉の腫れと混同しやすいのが、首のリンパ腺の腫れです。首のリンパ腺の腫れの場合、重大な疾患が潜んでいることがあるため、注意が必要です。

【リンパ腺が腫れる原因】
頚部(首の部分)リンパ節が腫れる原因には、いろいろな疾患が考えられます。咽頭炎や扁桃炎が起きているときにもこの部分が腫れることもありますし、歯が痛い時に腫れることもあります。しかし、悪性リンパ腫の症状として頚部リンパ節が腫れることもあります。

悪性リンパ腫は血液のがんと言われていて、早期治療が大切です。喉の腫れが出た時に、以下の症状も併発した場合は、すぐに病院に行きましょう。

【悪性リンパ腫の症状】
痛みを伴わない腫れ
発熱
体重が減る
頚部以外にもリンパ節が腫れる

【悪性リンパ腫の治療】
血液内科で診断を受けます。ただ、悪性リンパ腫の場合は自覚症状が薄い傾向があるため、初診で血液内科に行くことは稀です。まずは内科や耳鼻咽頭科を受診する人が多いでしょう。その際には必ず症状を正確に伝え、特に痛みを伴わないことは必ず伝えた方がいいかもしれません。

悪性リンパ腫だと診断された場合は、抗がん剤治療が一般的なようです。

引用元-【喉の腫れや痛みの原因と治し方】熱や咳があるときは要注意!薬で早く対処するために必要なこととは?|welq [ウェルク]

twitterの反応


https://twitter.com/sumifuji_4087/status/736901385145319424
https://twitter.com/yuripontp/status/736212256338247680
https://twitter.com/36_____miku/status/734888795326160897


https://twitter.com/kuin_erari/status/734188650531954688

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA