便秘じゃない?腸閉塞の症状について

目次

腸閉塞とはどんな病気か?

口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収されて残りは便とともに排泄されます。

 これらの食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で 滞とどこおった状態、すなわち内容物が腸に詰まった状態が腸閉塞です。腸が拡張して張ってくるため、おなかが張って痛くなり、肛門の方向へ進めなくなった腸の内容物が口の方向に逆流して吐き気を催し、嘔吐したりします。腸閉塞は、吐き気・嘔吐を伴う腹痛が現れる最も代表的で一般的な病気です。

引用元-腸閉塞(イレウス) 症状、治療、原因など | 食道・胃・腸の病気 – Yahoo!ヘルスケア

腸閉塞の原因について

腸閉塞には、「機械性」と「複雑性」の2種類があり、それぞれ原因が異なります。

機械的腸閉塞(機械的イレウス)

腸が捻じれたり、腸管内部に腫瘍などができたりして塞がれてしまう状態です。また、機械的腸閉塞(イレウス)は、「単純性」と「複雑性」の2つに分類されます。

単純性腸閉塞(単純性イレウス、閉塞性イレウス)
単純性腸閉塞の原因のほとんどが、開腹手術後の腸管の癒着によるものです。開腹手術後は腸同士や腸と腹壁がくっつく癒着が起こりますが、癒着の部位や程度によっては腸が折れたり捻じれたりして詰まることがあります。場合によって手術が必要なこともあります。
ほかにも、大腸がんなどの腫瘍、胆石、宿便や寄生虫の集まりなどが原因となって腸管を塞ぐこともあります。このような単純性腸閉塞の場合は、血流までは阻害されず、症状としては、腹部膨満や腹痛、嘔吐が主になります。
複雑性腸閉塞(複雑性イレウス、絞扼(こうやく)性イレウス)
腸重積、腸軸捻転、ヘルニア(※)などが原因で、腸が閉塞した状態です。腸が締め付けられて血行障害を起こし、壊死してしまう危険性があります。症状は、激しい嘔吐や腹痛、時にショック症状を起こすこともあり、緊急な処置が必要です。

腸重積…乳幼児に多くみられ、腸の中に腸が入り込んでしまう状態
腸軸捻転…腸が捻じれてしまう状態
鼠径(そけい)ヘルニアや大腿ヘルニア…腸が飛び出してしまう状態で、いわゆる脱腸のことをさします
機能的腸閉塞(機能的イレウス)

神経の異常や炎症などの影響で腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)がなくなり、内容物が腸内に停滞する状態です。機能的腸閉塞(イレウス)は、「麻痺性」と「痙攣(けいれん)性」の2つに分類されます。

麻痺性腸閉塞(麻痺性イレウス)
腹膜炎による腸管への影響や、開腹手術後の神経麻痺、脳疾患、腸間膜血管の閉塞などが原因となって起こります。そのほか、ショックや強いストレスなどでも起こり、薬剤(鼻炎薬、免疫抑制剤、あへん系鎮痛薬、抗精神病薬など)の副作用によるものもあります。これらが原因となって、腸管運動が麻痺し、腸の内容物が停滞してしまいます。
痙攣(けいれん)性腸閉塞(痙攣性イレウス)
鉛中毒、胆石、虫垂炎、尿管結石、ヒステリーなどにより、腸管の一部が痙攣(けいれん)を起こして、腸の内容物の移動に支障をきたします。

引用元-腸閉塞(イレウス)の原因と症状、治療法 | ヘルスケア大学

腸閉塞の主な症状について

腸閉塞にはいくつか症状があります。

●嘔吐
腸閉塞の中で最も顕著な症状です。
腸が詰まっているので食べ物を排泄することができず、逆流させてしまいます。
嘔吐は風邪など他の病気と混同しがちなため、腸閉塞を見逃してしまう原因です。
胃液や胆汁をはき出すようになり、さらに進行していくと腸の中のものまで吐き出すようになります。
腸の中のものは下痢のような色合いで便の臭いがするので、かなり辛い症状といえるでしょう。

●腹痛
およそ30秒ごとに強い痛みと弱い痛みが交互に来ます。
疝痛発作と呼ばれる、腸閉塞の特徴的な腹痛です。

●便秘
腸の中で食べ物が詰まるため、便秘気味になります。
腸閉塞は、生まれつき腸の配置がゆがんでいることが原因で起こることもあるので、小さい頃から便秘気味だという人は腸閉塞予備軍の可能性があります。気をつけましょう。

引用元-腸閉塞とは?初期症状や原因、治療法・手術について | くらし辞典

腸閉塞の治療について

腸閉塞になると、まず、絶飲食が大前提です。
治療には、二種類の方法があります。
鼻からイレウス管(吸引チューブ)を入れる方法と開腹手術です。
原因の項で述べますが、腸管の癒着が原因や緊急でない場合は、イレウス管を挿入して経過観察します。これで快方となる場合もありますが、そうでない場合は、開腹手術となります。イレウス管で治るかどうかの目安は約二週間の経過観察の後に判断します。
イレウス管を入れる目的は、小腸の中にたまった腸液や食べ物を吸引し、小腸の腫れが引き、腸閉塞が治る場合があります。
イレウス管を入れている間は、絶飲食となり、点滴で過ごすこととなります。
腸閉塞の中でも緊急度の高い場合は、即時、開腹手術となります。緊急度が高いというのは、腸管への血流が途絶えた場合の事を指します。

引用元-腸閉塞の症状や治療、原因と手術

腸閉塞の予防に食事と運動を

頻繁に腸閉塞を起こす人には、予防効果のある「大建中湯(だいけんちゅうとう)」という漢方薬が勧められます。大建中湯には、腹痛や腹部の冷えや張りを和らげ、体を温めて胃腸の調子を整える働きがあります。興味があれば、かかりつけの医師に相談してみてください。

 日ごろの食生活では、繊維質を豊富に含む、きのこ、海草、こんにゃくなどの食物を適度に取った方がよいでしょう。ただし、同じ種類のものを大量に食べるのはよくありません。適切な量を守り、バランスの良い食生活を心がけてください。

 また、あまり積極的に活動せず、座って安静にしている時間が長いと腸閉塞が起こりやすくなります。腸にも運動不足は悪影響をもたらします。激しい運動などの無理は禁物ですが、できるだけ歩くよう勧められます。

引用元-腸閉塞の症状がつらく、困っています:がんナビ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる