リンパ腺の腫れが足の付け根にある場合に考えられる原因とは?

目次

リンパの仕組みついて

血管の中を循環しているのは「血液」です。 酸素や栄養を運んだり、逆に老廃物の撤去するシステムを担っています。 いっぽうリンパ管というのは、血管よりもっと細くて軟らかい管です。 血管とは別のルートで体中に張りめぐらされていて、こちらの管の中はリンパ液が循環しています。

リンパ管は、腸から吸収された脂肪分を運んだり、 血管から漏れ出た水分を回収したりする役目をもっています。 リンパ管は血管ともつながっています。 リンパ球は、血液とリンパ液の中を行き来して、老廃物を運びます。

リンパ管と良く似た器官に「リンパ節」というものがあります。 網状の皮質とリンパ細胞からなっていて、リンパ液をろ過器するという役目を持ちます。 具体的には、リンパと一緒に運ばれてくる病原体などを引っ掛けて捕えています。 リンパ節には白血球やリンパ球が集中しているんですが、「リンパ節」で捕まえた病原体などを、 リンパ球などが処理することで、身体を護っているのです。

頼りになるリンパ球ですが、ときには処理しきれない異物なども存在します。 「リンパ節」は、そうした異物や病原体・ガン細胞などを一時的に溜め込めるようになっています。

リンパ節は、体の外から細菌などの異物が侵入した時に、 そこで細菌と戦って食い止める役割を果たしているということです。 手に怪我をした時に、腋の下のリンパ節が腫れる。 足に怪我をした時に、そけい部のリンパ節が腫れる。 こうした現象は、リンパ節の防御機構の一つといえます。

腫れたり違和感を感じたりするリンパというのは、リンパ節です。 そして、リンパ節に違和感があるときは、防御機能が働いている最中ということです。

引用元-リンパが張る・腫れる違和感 症状からの病気チェック

足の付け根の腫れについて

手にけがをした時にわきの下が腫れたり、
足をケガして足の付け根が腫れてしまう原因はリンパ節が病原体と戦って、炎症を起こしてしまうことにあります。
 
 
ですので、突然足の付け根にしこりができた場合、リンパ節が腫れている可能性があります。
 
 
また、足の付け根が腫れてしまう病気で怖いのが悪性リンパ腫です。
 
 
痛みがないのが特徴ですが、
その他に全身の倦怠感や体重減少などの症状が併発することもあります。
 
 
ですので、足の付け根が腫れる以外にこれらの症状が現れた場合は要注意です。
 
 
リンパの腫れは内科で受診しましょう。

引用元-足の付け根にしこりが!原因は?何科で受診すればいいの? | リレの生活知恵袋

足の付け根のリンパ腺の腫れについて

足の付け根は、首や脇の下などと同様にリンパ腺が集中している部分です。

リンパ腺が集まったリンパ節は、ウイルスや細菌感染により腫れますが通常は痛みはありません。

しかし足の怪我が原因で起こることが多いので、これをしこりの痛みと感じることもあります。

 

腫れが小さく熱を持っていない場合は自然になくなりますが、段々大きくなったり熱を持ったりする場合は悪性リンパ腫の可能性があります。

体重の減少・倦怠感などの症状が出ることもありますので、気づいたら早めに医療機関で相談しましょう。

引用元-足の付け根のしこりが痛い!注意すべき4つの原因

足の付け根のリンパ腺の腫れは鼠径ヘルニア?

ヘルニアとは腰だけに発生するものではなく、体の組織が正しい位置からはみ出し、痛みなどの影響が出ることをいいます。鼠径ヘルニアであれば、本来お腹の中にある腹膜、また腸の一部が鼠径部にある筋膜の間から突出する症状をいい、脱腸ともいわれます。

この場合は整形外科での受診をおすすめします。鼠径ヘルニアは誰にでも起こり得る症状で、乳幼児の場合はおもに先天的な要因から、大人の場合は体の組織が弱ってしまうことから症状が発生するといわれています。自覚症状としては、リンパが腫れる、歩くと痛い、しこりがある、ときどき鼠径部にするどい痛みを感じるなどといったものが多いようです。

引用元-鼠径部の痛みとは?痛みや腫れの場所は右?左?女性に起こりやすいの?腰痛などと一緒に起こる原因や症状を説明します!|welq [ウェルク]

足の付け根のリンパ腺の腫れで他に考えられる病気とは?

足の付け根に、触るとグリっとしたしこりができたことはありませんか。股関節は大きな関節で、体の中でも首、わきの下と並んでリンパ腺が集中している部分なので、リンパ節のトラブルが関係していることが多いようです。

◆股関節に腫れがみられるものには、脂肪のかたまりやリンパ節の炎症のほか、悪性リンパ腫、粉瘤(ふんりゅう:アテローム)、鼠径(そけい)ヘルニア、軟部肉腫などがあります。比較的よくみられるのは、脂肪細胞が増殖して塊になった良性の腫瘍(しゅよう)で、さわるとグリグリと動くのが特徴です。大きくて気になる場合は、外科的に取り除く場合もあります。

◆ウイルスや、細菌感染などのためにリンパ節が炎症を起こして腫れる場合もあります。痛みをともなうことも多いようです。足の付け根のリンパ節の炎症は、足のけがや感染で起こることが多いです。性感染症で腫れる場合もあります。細菌性の場合、抗菌薬の服用が必要になります。ときに悪性の場合もあります。

◆リンパ腫といわれるリンパ節の腫瘍の場合もあり、悪性のこともあるので要注意です。

その場合、発熱や体重の減少、寝汗などの症状がみられることもあります。

◆粉瘤は、皮膚にできた袋状の構造物の中に角質や脂肪などが溜まってしまい、こぶのようなかたまりができるものです。やはり、皮膚の下にコロコロ動くしこりとして気づきます。大きくなって、触っているうちに細菌が感染して化膿すると、痛んで膿(うみ)が出ることもあります(感染性粉瘤)。

引用元-足の付け根にできたしこり 痛くないからと放置しても大丈夫? | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学

twitterの反応

https://twitter.com/Appleteruyohu/status/734751168027611136
https://twitter.com/rai_128/status/693032866721062912


https://twitter.com/paul_monkey_/status/519448528523780096
https://twitter.com/_muyami/status/478417182334803968
https://twitter.com/Jin_Guy00/status/418623732093952000

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる