口内炎が治らない!のどにも口内炎はできる?

のどにも口内炎はできる

あなたは、口内炎が喉にできることを知ってますか?
 一般的には、口内炎は頬の内側や歯茎、舌などにできることが多いです。
 しかしながら、喉も口内なので、口内炎ができてもおかしくはないのです。
 
 喉にできる口内炎も原因は同じで、傷ができた時によくできるようになります。
 そして、栄養状態が悪かったり、ストレスや疲れが溜まっていることが要因になっていることが多いです。
 たいていは、そのままにしていても1週間程度で治ってしまうものです。
 
 ただ、口内炎が喉にできると、食事を飲み込む時に直接当たって痛みが酷いということにもなります。
 他の箇所と違って、直接の刺激を回避することができないのです。
 そうなると、まともに食事もできず栄養供給ができなくなってしまうこともあり、治りも遅くなってしまいます。

引用元-喉の口内炎が治らない時は?

のどにできる口内炎の多くの場合アフタ性やカタル性である

アフタ性口内炎とカタル性口内炎は喉の口内炎の約半数ほどを占めます。アフタ性口内炎は円形で真ん中が白くその端は赤く痛みもあります。

カタル性口内炎ははっきりとした形はなく赤い斑点や白いただれが見られ、痛みは少ないです。

 

どちらにしても喉にできてしまうと確認することは難しいですね。喉にできるアフタ性・カタル性口内炎は不衛生が原因となることが多いです。

それは喉の奥では噛んだり擦れたりする物理刺激が少ないからです。

 

口腔内の不衛生は自身が一番よくわかっていると思います。まずは、こまめなうがいで口腔内を清潔に保ちましょう。

少ししみますが、食塩水でのうがいは効果があります。食塩水が辛い場合はイソジンや緑茶なども殺菌効果がありますので試してみてください。

 

十分な栄養を摂取することも大切で、特にビタミンB2を意識して摂取したいところです。しかし喉に口内炎がある時は、食事を摂るのもかなり困難で、内服薬やサプリメントを飲むのも辛いでしょう。

痛みが強く、どうしても早く治したい場合は点滴が効果的です。内科等で相談してみましょう。

引用元-喉にできた口内炎が痛い!その原因と治し方を解説

中々治らないのどの口内炎の種類について

喉にできる口内炎の種類は主に次の通りです。
◆ヘルペスによる口内炎

ヘルペスウイルスの感染が原因で、咽頭のまわりに多数の小さな水ぶくれができた後に破れて口内炎になります。飲食物や唾液などが患部に触れると痛みを伴います。これはウイルスが原因のため、医療機関で医師から抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらい服用したら1週間~10日程度で治ります。
注意点としては、口の中が不衛生になると細菌が増え、口内炎のさらなる悪化、そして治癒するのが遅れるため、殺菌作用のあるうがい薬やスプレータイプの口内炎の薬を合わせて処方してもらっておきましょう
◆ヘルパンギーナによる口内炎

エンテロウイルス属に属するコクサッキ―ウイルスの感染が原因で口内炎になります。ウイルス感染後2~5日の潜伏期間を経て発症します。これは子供に多く見られる病気で複数の水疱などの口内炎に加え、発熱や喉の炎症も引き起こします。ヘルペスウイルスと同様に喉に飲食などが通過すると、かなりの痛みを伴います。治療方法は残念なことに抗ウイルス薬がないため対症療法(症状に合わせて治療を行うこと)しかできません。
また大人に二次感染・発症すると重症化するので、日頃からの体調管理に気をつけてください。治癒後も1週間程、ウイルスが唾液中に排出し感染を拡大させる恐れがあるので、手洗いうがいなどの実施の徹底を行いましょう。
◆アレルギーによる口内炎

アレルギーを起こす原因物質に触れることによって喉に口内炎ができます。主な原因物質は食べ物や金属、化学物質や薬などがあります。治療方法は抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモン薬などの服用による対症療法ですが、もしアレルギー反応が強い場合は、喉や気管、気管支にアレルギー反応による強い炎症や浮腫(むくみ)が起こり、それによって空気の通り道をふさいでしまい、窒息する危険があるので、一度専門の医療機関へ受診することをお勧めします。
◆外傷(ヤケド・ケガによる口内炎)

喉の外傷やヤケドなどによる細菌感染が原因で口内炎を引き起こすこともあります。これは、殺菌力のあるうがい薬などで喉を清潔に保っておけば1週間程で回復します。
◆原因の特定できない口内炎

原因がわからないものについては、疲労やストレス、睡眠不足による免疫力低下が考えられますので、充分な休養とバランスのとれた食事に気を付けていれば、1週間程度で治ります。しかし、症状が繰り返し再発や、長引くようであれば腫瘍やその他疾患が疑われますので、専門の医療機関を受診してください。

引用元-口内炎は喉や舌にもできる!?原因や早く治す対処法は?|ケアミー

中々治らないのどの口内炎の原因は口にできる口内炎と同じ

喉に口内炎ができる原因は、恐らく普通の口内炎や舌炎ができる原因と同じだと思います。
 
胃が荒れている何らかの胃腸障害が起きていたり、体力が弱まって免疫力が低下したりしている場合に口内炎ができるのと同じですね。あとは口内環境が不衛生だったりした場合ですね。
 
実際に私が喉に口内炎ができた際は、免疫力が弱まっていたり、つい歯磨きをするのを忘れて寝てしまった時などでした。
 
何はともあれ、喉に口内炎ができたからと言って過度に心配する必要はなく、普通の口内炎と同じよに辛抱強く治るまで我慢するしかありませんね。

引用元-喉に口内炎ができる原因と治療法

のどの口内炎の治し方について

塩水でうがい

おばあちゃんの知恵のような方法ですが、塩水でうがいするのは効果があります。少ししみますので、あまり無理しないように実施してください。

 

アフタ性口内炎、カタル性口内炎、ヘルパンギーナや外傷による口内炎に有効です。

ヘルペスウイルスによる口内炎のときもできるだけ炎症を抑えるためにぜひ試してみてください。

引用元-喉に口内炎ができて痛い!【5つの原因や治し方を知っておこう】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

うがい薬や緑茶でうがい

塩水でうがいするのが少し辛い、という方は、イソジンのようなうがい薬でも大丈夫です。

このようなうがい薬には、殺菌作用がありますので、口の中や喉をきれいにし、細菌の繁殖を抑えてくれます。

 

緑茶も同様に殺菌作用があるのでうがい薬が手元にない、という方にはオススメです。うがいは、1週間ほど継続するようにしましょう。

 

喉スプレーで消毒する

口の中の口内炎なら、塗布薬を塗ったりして対処することも可能ですが、喉ではなかなかそうもいきません。

 

そんな時に役立つのがスプレータイプの薬です。市販の薬でも、トラフルやクールスロートなどの名前で口内炎・喉の薬が売っています。

この方法は、すべての喉の口内炎に有効です。喉がすっきりし、痛みを多少抑えることもできます。

 

ヘルペスには抗ウイルス剤

ヘルペスウイルスが原因の場合、口内炎だけでなくウイルス自体にも対処する方が早く治ります。

 

もし、高熱があって喉が痛い場合は無理せず病院を受診してください。原因がヘルペスウイルスだとわかれば、抗ウイルス剤を処方してもらえます。

引用元-喉に口内炎ができて痛い!【5つの原因や治し方を知っておこう】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

twitterの反応


https://twitter.com/daaaaikeeeeeeey/status/724969591382794240


https://twitter.com/yossystar/status/720394764487516164
https://twitter.com/HALpiss7/status/718045899419615232
https://twitter.com/doragava0309/status/697784059158593536
https://twitter.com/rokuma_/status/685423450916139008

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA