日々の生活で健康に関した事や気になることをブログでまとめています。

健康ハウツーブログ

コーヒーも今や健康飲料?何杯までなら効果があるの?

      2016/03/31

コーヒーも今や健康飲料?何杯までなら効果があるの?

ひと昔前には体に悪いと言われていたコーヒーですが、

近年は健康に効果があるとして認識されるようにななりました。

ですが、やはり飲み過ぎはよくないとの事。

では、何杯くらいのコーヒーであれば健康に良いとされるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

心臓が痛い症状とつるような痛みから考えられる原因とは?

たまに心臓が痛いようなつるような症状を感じたことはありません...

たまに心臓が痛い症状の正体は?考えられる原因について

たまに心臓が痛いと感じたことはありますか?人は胸のあたりが痛...

胃が痛い時の食事はどのようなものがいい?

胃が痛む時の食事は中々難しいものです。ですが、食べないという...

心臓が痛い症状や動悸など 朝起きると痛む原因とは?

寝起きに心臓の動悸や心臓が痛い症状など、感じると非常に不安に...

目の奥が痛い!吐き気もするけど症状の原因は?

目の奥が痛いほどの頭痛に悩まされたり、吐き気の症状が出たりし...

インフルエンザで目の奥が痛い?これって急性鼻腔炎?

副鼻腔炎は、蓄膿症ともよばれます。副鼻腔炎は、風邪やインフル...

朝起きたら腰が痛い!その原因とは?

朝起きたら腰が痛いことはありませんか? 一晩寝れば腰の...

花粉症による目のかゆみは子供にも!症状を見逃さないために

花粉症の症状は、今まで花粉症でなかった人もなりますし、子供で...

目の奥が痛い原因とは?眩しいのはドライアイが原因?

目の奥が痛いと感じたり、眩しいと感じることが多い時は、目の異...

花粉症の原因であるスギ植林は伐採できない?その理由は?

近年、日本国内では人口の約10%から20%が、花粉症にかかっ...

もやもや病とは?症状について

もやもや病をご存知でしょうか?症状としては脳底部に異常血管網...

肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

突然鎖骨や肩甲骨に痛みを感じたということがあったら要注意。ほ...

鎖骨の左下が痛む原因は?気胸の可能性も?

普段生活していて、鎖骨が痛いと思ったら、 まずは原因を探り...

鎖骨が痛い 痛みの原因はどんなものがある?

鎖骨あたりにはたくさんの筋肉などがあります。そのため、外科的...

鎖骨の下が痛い原因は胸郭出口症候群?どんな病気?

なんだか鎖骨の下が痛むという方。肩こりなどが原因で鎖骨の下が...

尿が臭いのは病気のサイン?甘い匂いは糖尿病かも

糖尿病の初期症状として、尿に糖が混じる症状があります。 それ...

歯の矯正の金額はどのくらい?20代でも大丈夫?

最近になり20代以降の大人で歯の矯正をする方が増えています。...

背中へのマッサージは効果あり?リンパマッサージも

エステなどで背中のマッサージを受けると、とっても気持ちいいで...

アイプチでまぶたが赤い 原因や注意点について

アイプチを使用していて、まぶたが赤いと感じたことはありません...

顎関節症とは?食事中に耳の下が痛いときは注意

顎の違和感や耳の付近が痛いと感じることがある人は、顎関節症か...

スポンサーリンク

コーヒーは健康に良い?

ハーバード大学のダム教授らがおこなった研究によると、約13万人のコーヒー消費量と亡くなった人数を調査した結果、がんや心血管疾患など、命にかかわる病気のリスクとコーヒーの摂取量には、全く関係が無いということがわかったのです!

とくに、1日6杯ものコーヒーを飲む人であっても、健康に深刻な影響を与える病気を患う可能性が上がるわけではない、との研究結果でした。

さらに、先日東京大学が発表した研究では、日本国内9万人を対象に、コーヒーを飲む生活習慣と病気との関連性を調査していました。

その結果、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を患う危険性が、コーヒーをほとんど飲まない人よりも36%低かったのです!

他の脳疾患や呼吸器疾患も40%ほどリスクが下がっており、

「コーヒーは重大な病気のリスクを減らせる」

という結果になりました。

これは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸による血圧上昇効果や、カフェインの血管収縮作用が有効に働き、血液の流れが改善されたためと考えられています。

引用元-コーヒーに病気の予防効果あり!1日3~4杯は健康に良い?悪い? | 星々の煌めき

コーヒーは1日何杯くらい飲むのが良いのか

コーヒーにはカフェインが多く含まれていますから、過剰摂取はやはり体に悪いはず。調べてみるとコーヒーの摂取は1日3~4杯までに抑えた方が良いという説が多いようです。しかし、なかには4杯以上飲む人はウツになるリスクが下がる、口腔がんや子宮内膜がんの発症率が下がるという研究結果も報告されています。また、6杯以上飲むと前立腺がんのリスクが下がるという報告もあれば、がぶ飲みする人が長生きするという報告も。その一方で、55歳未満でコーヒーを4杯以上飲んでいると早死リスクが増すという研究報告もあり、正直何が何だかわかりません。ただし早死リスクが増すという報告はコーヒーと早死の関連性について不明瞭な点が残っているようです。結局のところ何杯飲むのが良いかははっきりしませんが、何事もほどほどが一番良いのではないでしょうか。

引用元-コーヒーは体に悪い?一日何杯まで飲んでいい?

コーヒーのカフェインによる健康効果について

カフェインの血管機能改善作用

カフェインは血管の一番内側にある血管内皮の機能を改善する働きがあります。血管内皮は、様々な物質が血管の内外へ移行することをコントロールしていますので、生命活動において非常に重要な役割を持っているんですね。

例えば、腎臓の糸球体は血液をろ過して老廃物を捨ててくれますが、この基本的な働きは血管内皮によるものです。

また、血管内皮の機能が失われると動脈硬化につながります。動脈硬化は心疾患や脳血管疾患の一番の原因ですよね。ですから、これが改善されると言うことは様々な病気を予防できると言うことでもあります。

カフェインは気管支にも働きかける

カフェインは気管支拡張作用があります。気管支が拡張されると呼吸困難などになりにくいので、呼吸器疾患の改善には役立ちそうですね。
また、呼吸器機能全体に対してもカフェインは改善効果を持っているようです。

これらのことから、コーヒーが呼吸器疾患による死亡リスクを下げたのではないかと研究グループは推定しています。

引用元-コーヒーは1日何杯まで?飲み過ぎは心臓死リスクを高め危険! | 健康生活

コーヒーを飲む事によるメリットとデメリットについて

【メリット】
①カフェインが脳内の中枢神経に働き、眠気を抑え作業効率をアップする効果が。
②一時的な血管収縮作用による頭痛の緩和。
③血流の流れを良くし、筋肉疲労の回復に効果的。

【過剰摂取した場合のデメリット】
①空腹時に摂取すると胃液の分泌により胃が荒れてしまったり、インスリンの調節機能が乱れ血糖値を上げ過ぎてしまう可能性。朝にコーヒーを飲むなら食後をおすすめします。
②カフェインには鉄分や亜鉛などミネラルの吸収を阻害する性質があるため、貧血に注意。
③カフェインは興奮剤の一種であるため、飲むとカラダは興奮状態となり、睡眠の質が低下することも。
寝る前の摂取は控えましょう。

コーヒーが健康に良いという研究においても1日3~4杯を基準として結果が出されていることから、やはり1日3~4杯がベストと言えるでしょう。

引用元-カフェイン入りのコーヒーって一日何杯まで飲んでよいもの? – エキサイトニュース

妊娠中の女性はコーヒーの飲み過ぎに注意

コーヒーに含まれるカフェインが、胎児に影響を与えると言われています。

お母さんと胎児をつなぐ胎盤の血流量が低下したり、大量のカフェインが胎児の体内に流れると胎児はそのカフェインを処理できないので、落ち着きがなくなったり、身体に負担がかかり早産や流産にもなりかねませんので飲みすぎは気をつけましょう。

妊娠中でも、カフェインの摂取は1日300ミリグラムまでは、胎児に影響がないことがわかっていますので、1日2杯程度におさめておきたいですね。

引用元-コーヒーに栄養はある?コーヒーに秘められた健康パワーの正体とは!?|welq [ウェルク]

 - ハウツー, 健康, 生活

ページ
上部へ