リウマチの原因は様々 ストレスが原因であることも

リウマチとストレスの関係について

精神的なストレスを抱えると、自律神経のうち交感神経が優位になります。
自律神経にはリラックスを司る副交感神経と緊張を司る交感神経がありますが、ストレスは交感神経を優位にする、つまり緊張状態を作り出すということです。
緊張状態が続くと免疫細胞のバランスは崩れると言われています。
免疫細胞が減ったり、働きが悪くなると、免疫系の病気、風邪などにかかりやすくなります。
そして逆に免疫細胞が増えたり、体内に元からある物質を敵と認識したりすると自己免疫性疾患になります。

引用元-ストレスとリウマチの関係性[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

リウマチの原因となるストレス要因を取り除く

関節リウマチを発症させないためには、自己免疫をしっかり整える必要があります。そのためには日常の生活を見直して、身体に過度の負担をかけないことが必要になります。

現代社会においてストレスはなかなか縁を切ることが難しい問題ですが、過度のストレスが原因で免疫に異常をきたすことはよくあることです。特にストレスによるホルモン異常や代謝異常には注意する必要があります。

ストレスを取り除く上で重要な点は以下の通りです。

睡眠を十分に取って身体を休める
夜更かしはせずに規則正しい生活を送る
人間関係で悩まないようにする
適度な運動で筋肉をリフレッシュする
良く笑って人と話しをする
ストレスは関節リウマチが発症する要因になりますので、心当たりのある人は十分に休息をとって心と身体を休める習慣をつけましょう。

引用元-リウマチは遺伝だけが原因ではない!生活習慣を見直して予防対策 | 健康生活

温泉はリウマチに効果はある?

一般的に炎症を起こした部分は、温めるよりも冷やす方が良くて、野球のピッチャーなら投げ終わった試合の後に、炎症を鎮めるためにアイシングで肩を冷やします。1日に何回も温泉に入って、熱を持った関節を長時間温めてしまうのは、炎症を悪化させる可能性があるので避けた方が良いでしょう。温泉に気持ち良く入って、美味しい食事でも食べて、ストレス発散し、リラックスできるのなら、いいと思いますよ。
当院はリウマチの専門治療を受けるため、島根県や山口県など遠方から来られている患者さんも多いです。場所が広島の中心街にあるため、診療後に近くのデパートで買い物をしたり、ご家族で食事をされたりと、通院の際に気分転換ができると喜んで下さる方もいらっしゃいます。関節の痛みは他人には分かりづらいものですが、ご本人にとってはとても辛い病気ですので、治療中のリフレッシュも必要だと思います。

引用元-関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!|広島リウマチ・内科クリニック|山西裕司 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

リウマチによるストレスが病状悪化の原因とならないための対処法

●病気や治療について理解する
関節リウマチや、その治療法についての情報を集めましょう。病気の正体を見極めることができれば、これは長いつき合いになる、イライラ、クヨクヨしてもしかたがないと思えるようになります。そのようにして心のバランスをとることも、療養生活をつづけていくためには重要です。
病気や治療法について勉強していれば、医師にも相談しやすくなり、治療にも積極的にとり組めます。それが病状をよいレベルで保つことにもつながります。
●プラス指向で考える
たとえば機能障害が進み、ひと月前にはできた動作がもうできないことを実感するとき。患者さんは、どうしても「できなくなった」ことを気にしてしまう事が多いです。
こういうときはプラス指向で、「まだできる」ことに目を向けましょう。その機能を保つためにはリハビリが必要だと身をもって感じるようになるはずです。そうして真剣にリハビリをつづけるうち、痛みが軽くなり、失った機能が戻ってくると、精神面にもプラスの効果を与え、患者さんは見違えるほど明るく元気になります。
●ひとりで悩まない
だれにもわかってもらえない「痛み」。患者さんの多くは、そのつらさをひとりで抱えてしまいます。このようなケアには、同じ病気をもつリウマチ患者との交流がよいでしょう。
病院での集団リハビリや、友の会など患者どうしの集まりは、ともに語り合える仲間づくりのよい機会です。家族にも伝えにくかった病気の苦しみも、同病の人にだったら打ち明けられます。苦しんでいるのは自分だけではないという連帯感ももてます。患者どうしの集まりに参加しょうと思う前向きな気持ちは、病気にもよいほうへと作用します。

引用元-関節リウマチとストレスとの関係

リウマチを予防するために生活習慣の見直しを

<腸内環境を整えましょう>
腸は「第2の脳」と呼ばれ、免疫や代謝作用をコントロールする臓器として注目されています。腸の働きが悪くなると免疫力も下がり、感染症などのリスクも上げることがあります。
また、便秘による宿便は毒素を体内に発生させる原因にもなります。

<清潔な環境を心がけましょう>
外から入りこむ細菌やウイルスによる刺激により、免疫が暴走する可能性があります。特に口腔内を清潔にすることは重要であるため、食後の歯磨きやうがいを習慣付けましょう。
また外出後のうがいや手洗いも重要です。

<喫煙を控えましょう>
煙草は、関節リウマチにおいても発症要因の一つ考えられています。その因果関係は解明されていませんが、関節リウマチを発症する人の中での喫煙率が高いと言われています。
また、関節リウマチを喫煙者が発症した場合、治療薬の効果が薄くなるとの指摘もあります。これは煙草の成分が免疫異常をもたらすことが原因と推測されていますが、その解明には至っていません。
しかし、家族に関節リウマチを発症した人がいる場合は、喫煙は控えた方が良いとされています。

<食生活に気を付けましょう>
関節リウマチを発症させないためには、腸内環境を整えて免疫を正常に保つことが大切です。
そのためには食生活を改善することが重要であり、もっとも簡単で確実な方法と言えます。
「肉類<魚類を食べよう」「野菜や果物をしっかり」「根菜をとって便秘解消」など、一般的なバランスの良い食事を心がけ、バランスの良い食事を行うことが重要です。

引用元-知ろう!関節リウマチ 判断基準や治療法まで、進歩を続けるリウマチ治療のポイント – KaiSeiBiz カイセイビズ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA