紅茶やコーヒーが健康に役立つ? その効果とは?

コーヒーや紅茶と健康について

コーヒーと健康

少し前まで、コーヒーの飲みすぎは発ガンのリスクがあると言われていました。しかし、ハーバート大学によると飲みすぎることの健康への影響は少ないとの研究報告が出されています。しかし、淹れ方によっては悪玉コレステロールを多く吸収することもあるため、注意が必要です。

コーヒーは紅茶に比べ、多くのカフェインを含んでいます。カフェインの効果により、気管支喘息が改善したり、偏頭痛の緩和も期待できます。二日酔いを和らげる効果もあるようです。さらに糖尿病の発症や、アルツハイマーの発症を抑える効果も確認されています。

紅茶と健康

紅茶に含まれるカフェインは30mgとコーヒーより少なく、ポリフェノール合成物を多く含んでいます。このポリフェノール合成物は抗酸化剤と呼ばれており、がん予防にも役立ちます。実際のがんのリスクの減少については、まだ十分な検証が成されていないようです。今後の研究に期待ですね。

全ての紅茶は植物の葉から作られ、収穫後に十分に乾燥させます。乾燥時の酸化する過程において、有害な化学物質が取り除かれます。

アレルギーに悩む方には、紅茶のほうがおすすめです。しかし最近では、中国やインド、スリランカの茶葉から、アルミニウムや鉛なども検出されることもあるようです。健康に気を遣う方は産出国にも注意が必要ですね。

引用元-コーヒーと紅茶はどちらが健康にはいいか? | Coffeemecca

紅茶とコーヒーに含まれるカフェインのメリットやデメリットについて

●カフェインのメリット
一般的に知られているカフェインの作用と言えば、

●興奮作用
●集中力アップの効果が期待できる脳内物質のドーパミンの増加作用
●利尿作用
などがあります。

引用元-コーヒー、紅茶、緑茶、本当にいいのはどれ!? | オフィス移転・開店・開院のお祝いはオフィスギフト【Office Gift】

カフェインによるドーパミンの増加を最大限に生かすには、集中したいことの約1時間前に摂取すると良いと言われています。大切な会議の1時間前に、コーヒータイムなんていかがでしょうか。

また、国立がん研究センターの研究チームの最近の調査結果によると、カフェインには血管や呼吸器の働きをよくする可能性があるとも言われています。
つまり、カフェインには、集中力を高めたり、人体の健康にとってプラスの効果があると言えるのです。

●カフェインのデメリット
みなさんは、「カフェイン中毒」ってご存知ですか?
その名のとおり、カフェインを多量に摂取することにより、頭痛や吐き気、不眠等の中毒症状を引き起こすことを言います。

これらの中毒は、カフェインのデメリットと言えます。しかし、摂取量に気をつけてカフェイン中毒を回避できるのであれば、デメリットではなくなるのではないでしょうか。

引用元-コーヒー、紅茶、緑茶、本当にいいのはどれ!? | オフィス移転・開店・開院のお祝いはオフィスギフト【Office Gift】

紅茶とコーヒーでカフェインの量が多いのは?

どちらもカフェインが多く含まれる飲み物として有名ですね。カフェインには、利尿作用と覚醒作用があるので、寝る前に飲むと眠れなくなる・・・ともよく聞きます。

飲みすぎるとカフェイン中毒などと身体に悪影響を起こしてしまいますが、カフェインには消化促進・脂肪燃焼といったダイエット効果も!

また、紅茶やコーヒーを飲んでいる人は寿命が長くなる、という研究データなどもあり、カフェインは健康面でも良い効果が得られると注目されています。

では、どちらがカフェイン量が多いのでしょうか。

 

<グラムで比較>

紅茶とコーヒーをグラムで比較すると、紅茶のほうがカフェインは多いと言われています。

では、紅茶のほうがダイエット効果が高いのか?というと、落とし穴が・・・

 

<1杯で比較>

コーヒー1杯に含まれるカフェインは60~100mg

紅茶1杯に含まれるカフェインは30mg

そう、カップで比較すると、コーヒーのほうがカフェイン量が多いのです。

引用元-紅茶とコーヒー、ダイエット にいいのは? 違いと カフェイン と 健康 の関係について

紅茶とコーヒーならどちらが健康に良いの?

カフェイン摂取の観点からいえば、紅茶ですね。

缶製品(100ml当り)の含有量でみれば、コーヒーは約60~80mlのものが多く、紅茶は約10~30mlのものが多いです。しかし、どちらも嗜好品ですから、適度に飲む分には問題はありません。1日我慢して、頭痛・疲労感・集中力の欠如・うつ症状などが現れる場合には、依存性がありますので控えた方が良いでしょう。禁断症状も1週間程度で消失しますよ。
では、どの程度で依存性になるかについては、個々のカフェインに対する耐性が違いますので一概には言えません。どうしてもカフェイン摂取が気になるのであれば、コーヒーは1日に150ccカップ2杯に抑えれば良いと思いますよ。普通のものであれば、カフェイン摂取は1日に250mgまでに収まるので問題ないと思います。但し、風邪薬や栄養ドリンクを服用する場合にはご注意下さい。
カフェインはアルコールや煙草と違い、健康被害がほとんどないために医学的に話題になることは稀です。尚、肝癌や肺癌リスクが軽減されるという説もありますが、あくまで説であって科学的根拠が確立された訳ではありません。また、高血圧との関係については、予防する説と誘因する説の両方があります。

引用元-紅茶とコーヒー、どちらが健康に良いですか? – コーヒーをよく飲みま… – Yahoo!知恵袋

コーヒーは脳卒中のリスクを低下させる?

コーヒーを飲む習慣には、脳卒中のリスクをかなり低下させる効果があることを明らかにした、2つの大きな研究が発表されました。

 1つの研究は、8万人以上の女性を24年間も追跡したデータを分析したものです。1日に2~3杯のコーヒーを飲むことで、ほとんど飲まない人と比べて、脳卒中のリスクが2割減少することがわかりました。週に5~7杯でもリスクは12パーセント低下しました。カフェイン抜きコーヒーでもこの脳卒中の予防効果はみられました。

 「この効果はコーヒーに含まれるどの成分によるものかは明らかでありませんが、カフェイン以外のポリフェノール類などが良い効果をもたらしているようです」とこの研究をおこなったハーバード大学医学部のロブ・ヴァンダム教授は述べています。

 もう1つは、 米国の国家の大規模健康調査からの、コーヒーを飲む習慣をもつ 40歳以上の9384人のデータを分析したものです。カリフォルニア大学ロサンゼルス校のデヴィッド・リベスキンド教授が、米国脳卒中協会の国際コンファレンスで報告しました。

 この研究では、毎日6杯以上のコーヒーを飲む人々は、1日に1~2杯のコーヒーを飲む人々と比べて、一過性脳虚血発作(TIA)か脳卒中を起こすリスクが約4割も低下することがわかりました。さらに、コーヒーを飲む習慣には、脳卒中のリスクの低下につながる血管の保護効果もあることが明らかになりました。

引用元-忙しい人ほどコーヒーブレイクを。 コーヒー、紅茶・緑茶に「脳卒中の予防効果」あり! ――「お茶の時間」を楽しむ余裕が健康をもたらす!?|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA