低血圧の症状にはニンニクも効果あり?ニンニクの効果とは?

目次

ニンニクの主な栄養と疲労回復効果について

ニンニク(鱗茎)の基本的な栄養価を見ると、水分を抜いた主成分はタンパク質と炭水化物。全食品の中でも含有量が多いとされるビタミンB6を筆頭にビタミンB群・葉酸・ビタミンCなどのビタミン類、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類、アルギニンなどのアミノ酸を幅広く含み、100g中の栄養価でみるとバランスよく様々な栄養素を含んでいる食材と言えるでしょう。しかしニンニクを丸ごと頻繁に食する人は少ないですから、注目したいのは非栄養性機能物質と呼ばれる成分でしょう。

【疲労回復・滋養強壮】
ニンニクの効果で最も一般的なのが疲労回復や滋養強壮など、所謂「精がつく」ことではないでしょうか? ニンニクの特有の臭いのもととなっている硫化アリルの一種アリシンがビタミンB1が結合して出来る「アリチアミン (活性持続性型B1)」はビタミンB1単体の時よりも吸収率が高く、血中に留まっている時間が長いためビタミンB1の時よりも糖のエネルギー代謝が向上します。その結果、疲労回復や体力・スタミナの増強に高い効果が得られるのです。
アリシンやその他の硫化アリル類には殺菌・抗菌・抗ウイルス作用があり、風邪だけではなくインフルエンザの予防効果あることが実証されていますから、強壮だけではなく風邪・感染症の予防にも有効です。

また日本人科学者(小湊潔博士)が発見した、アリシンを加熱することでできる「スコルジニン」はニンニク成分の中でも強壮効果が高いことで知られています。スコルジニンもまたビタミンB1の吸収を助ける作用や強力な酸化還元作用、栄養素を完全燃焼させてエネルギーに変える働き、ホルモン系統を刺激し精力を増強する働きなどが認められていますから、アリシンの効果と相乗して疲労回復効果や強壮効果を発揮してくれます。ビタミンB1を多く含む食品(豚肉・豆類・雑穀)などと摂取することで強壮や疲労回復効果が高まります。

引用元-にんにくの栄養成分・効能・美容効果・食べ合わせ | SlowBeauty

高血圧症状のある人にニンニクは有効である

高血圧の悩みを抱える人には黒にんにくに含まれている
スコルジニンという成分も注目を集めています。

その理由は毛細血管を拡張する働きがあるので
血行促進や高血圧を抑えてくれる働きが期待できるからです。

そのため、黒にんにくで血液のトラブルを改善することで
脳梗塞や心筋梗塞などを予防する効果も期待できます。

そのため、黒にんにくはただ元気が出る滋養強壮の
イメージが強いと思いますが高血圧の改善にも
効果や効能が期待できるのです。

不健康な食生活を続けることで血液がドロドロになった方は
黒にんにくの効果で血液をサラサラにしつつ血管の収縮を防ぎ
血圧を下げて健康的な体へと導いて行きましょう。

引用元-高血圧の方こそ黒にんにくの効果がお勧め!健康診断も安心

高血圧だけでなく低血圧の症状の人にもニンニクは有効である

でね、今度は逆に低血圧の人にも協力してもらって、にんにくを食べてもらったら、2~4ヶ月間で正常な血圧値になったんだって。

つまり、にんにくは高血圧の人に対しては、血圧を下げる作用があって、低血圧の人には、血圧を上げる作用があるってことだね。

あなたにもわかってもらえたように、にんにくには、人間の体のリズムを整える作用があるってことなんだね。

おちゃんちの体は、常に一定の条件に保たれていれば(例えば数値が高すぎない、低すぎないってことね)、それが健康っていうことだけど、何かしらの原因でそこが崩れると、体調を壊し、病気になっていっちゃうんだ。

生活習慣を変えるのは大変なことだけど、その生活習慣が病気のもとになっている可能性もあるから、気をつけないとね。

にんにくはあなたやおっちゃんの健康のための強い味方なんだね。

引用元-高血圧を下げ、低血圧を上げる – にんにくマニア

ニンニクには血管を拡張する効能がある

にんにくを食べると血管が拡張するという現象は確認されていましたが、その仕組みは諸説あります。にんにくに含まれるアリシン、ジアリルスルフィド、アデノシンといった成分が血管平滑筋を弛緩させることで血管を拡張させるという説やにんにくに含まれるスコルジニンが末梢血管を拡張させるという説などがあります。

有力な説は、にんにくに含まれる硫黄化合物が血液中の赤血球と反応して放出される硫化水素が血管を拡張するという説です。

いずれにせよ、血管が拡張すれば当然、血流が良くなり血圧は下がります。その意味でにんにくにの血管拡張作用は高血圧予防や改善を促進すると言えるのです。

引用元-高血圧予防・改善 | にんにくの効能&効果21選

低血圧の症状音改善法とニンニクの摂取で低血圧を改善

【改善法】
通常は食事療法や運動療法、
睡眠の時間や質の見直しなどが勧められ、
投薬による改善方法は補助的なものとされています。
その理由として、投薬治療には、
ときによって動悸や頭痛、吐き気などの
副作用を招くことがあるからです。

特に高齢者には副作用のリスクが高い場合があり、
その使用は慎重に判断されることになります。

また、倦怠感や疲れ、めまいといった症状がひどくて、
日常生活に支障をきたしそうな場合などは、
生活習慣の改善と体力づくりなどの指導が行われます。

生活習慣の改善としては、
低血圧の原因のひとつとされている
自律神経失調を改善する方向で行われる場合があります。
これは、昼夜の生活リズムを規則正しくするように努めていくもので、
昼間は積極的に外に出て日射しを浴びるとともに、
夜更かしをさけるようにします。

また、ストレスが低血圧や自律神経失調に悪影響を与えることから、
なるべくストレスがたまらないような
生活を心がけるようにもしてください。

さらに、タバコやコーヒーなどが
血圧を下げる原因となることもあることから、
これらを控えるように指導することもあります。

引用元-本能性低血圧の症状と改善法

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる