子供の頭痛の症状でこめかみが痛い場合の原因は?

子供のこめかみの頭痛の原因とは?

目がちかちかしたり、音や光などの刺激に敏感になったりすることもあるので、階段の上り下りなど、足元が不安定な場所では気を付けてあげましょう。

 

締め付けられるような痛みが出る場合は、緊張性頭痛の可能性があります。

こちらは脈打つような感じではなく痛みが続くのが特徴です。

 

ちなみにストレスが原因の頭痛の場合、大人だとストレスと疲れのたまってきた週末に起こることが多いのですが、

子供はストレスから解放されたとき、例えば放課後などに起こり、週末は元気なことが多いため、怠けもの、仮病などと思われてしまうこともあります。

 

頭ごなしに決めつけず、医師の診察を受けるなどきちんとした対処が必要です。

引用元-子供の頭痛の原因!後頭部やこめかみによって違う? | 子育て支援ブログ赤子くらぶ

子供のこめかみの頭痛は偏頭痛であることも

主にこめかみが痛む場合は、偏頭痛か耳や口内の病気が原因と考えられます。

まず、痛みがどのようなものかを確かめましょう。

急に痛みだしたのか、痛みはずっと続いているのか、こめかみだけが痛むのか、などです。

子供の偏頭痛の場合、痛みの持続時間が1時間程度で治まった後はけろっとしていることが多いです。

場合によっては頭痛と同時に腹痛を訴える子もいます。

偏頭痛の原因にもよるので、肩こりが原因のすべてだとは言えません。

ただ、肩こりが原因である場合でも冷やすより温める方が効果的です。

蒸しタオルなどを首に巻いたり、お風呂でしっかり温まるなど、体を冷やさないように心がけましょう。

引用元-子供が頭痛でこめかみが痛いのは肩こりが原因?対処法は血管を冷やす事? | 気になる話題や役に立つ事!雑学王に俺はなる!

増加傾向にある子供の偏頭痛

頭痛にもいくつかの種類がありますが、最近の子どもに増えているのが片頭痛です。普段は何の症状もないのに、ひとたび頭痛が始まると、心臓が脈打つのに合わせてズキンズキン、ガンガンと激しく痛むのが特徴です。ちょっと頭を動かすだけでも痛くて、階段を登ったり、走ったりして動悸が激しくなると、さらに痛みがひどくなります。人ごみの中や明るい場所などで、騒音や光に反応して痛みがひどくなることもあります。頭の片側だけやこめかみの辺りが痛むことが多いのですが、ひどくなると頭全体に痛みが広がり、吐き気をもよおすこともあります。

片頭痛の原因は、不規則な生活やストレス、睡眠不足、家族の既往歴、気圧の変化など、さまざまな要因が考えられます。脳内や周辺の血管が収縮して狭くなって、それが拡張するときに、広がりすぎて近くにある感覚神経を刺激し、同時に血管の周辺に炎症が起こることで頭痛を引き起こすと考えられています。

片頭痛が始まったら、痛みのある部分を冷やして、暗くて静かな部屋に寝かせます。体を温めて血液の循環がよくなると、かえって頭痛がひどくなりますので、入浴は避けましょう。

引用元-中野こどもクリニック >頭痛

子供の頭痛の特徴について

偏頭痛の症状が大人と異なる
特に別の箇所に疾患などがない場合、子供の頭痛は大半が偏頭痛によるものです。
しかし、大人が普段経験している偏頭痛とは症状が異なるため、その感覚を当てはめてしまうと子供の頭痛を見逃してしまいがちです。

子供特有の症状や原因に注目する必要があります。
突然始まって突然治まることが多い
何の前触れもなく起こることが多い偏頭痛ですが、子供の場合は特にそれが顕著です。

今まで特に異常がなく元気だったのに突然頭痛を訴えることがあり、そして数時間ですっかり治って元気に戻るケースがほとんどなのです。

そのため、大人から見れば子供が嘘をついてその場をしのいでいるだけに見えてしまうというケースが多くあり、頭痛の対処をされない間子供がつらい思いをしてしまうのです。
ズキズキする痛みよりは重苦しく締め付けられるような痛み
大人が経験する偏頭痛とは、片側のこめかみ付近がズキズキと脈打つように痛むのが特徴ですが、子供に起こる偏頭痛は少し違います。

片側の頭がズキズキする痛みというよりは、前頭部もしくは側頭部の両方が締め付けられるような痛みなのです。
これは、大人の頭痛で言うところの緊張型頭痛と似ています。

引用元-子供の頭痛の原因と症状は、大人とは違います | 頭痛外来の福岡自律神経カイロプラクティック

子供の頭痛から考えられる他の病気は?

まず、よくあるのが偏頭痛です。偏頭痛でも緊張型偏頭痛があり、これは、身体的ストレスや、精神的ストレスが原因なので、子供のメンタルを考えてあげる必要があります。

次に、自家中毒という病気も考えられます。これは、吐き気を伴う頭痛のときに考えられる病気で、原因は感染、過労、ストレス、などが考えられます。頭痛と同時に吐き気がしたらこの病気を疑いましょう。

そして、髄膜炎という病気にも気をつけましょう。髄膜炎は発熱、頭痛、錯乱の症状があります。最悪、死に至ることもある怖い病気なので、食欲不振や、吐き気の症状が出たらすぐに病院に行きましょう。

また、頭を打ったことによる頭痛の場合もあるので、どこで打ったのか状況を聞き、吐き気などがする場合、病院へすぐに行きましょう。大事なのは、大人が落ち着いて子供の頭痛の症状を見てあげる事です。

虫歯や、中耳炎など、一見頭痛に関係なさそうな病気でも、頭痛の原因になってる事もあるので、頭だけでなく、身体全体を注意して見る事が大事です。

頭の痛む場所で原因は違う
また、頭の痛む場所により、原因も変わってきます。こめかみが痛いと訴える場合は、偏頭痛である可能性が高いです。1~2時間ほどで治る事が多いですが、なかには、3日間くらい続く場合もあります。

また、後頭部が痛いと訴えるとき、熱があるときはウイルス感染である可能性が高いです。寒気や、吐き気があるときは髄膜炎の可能性もあります。慢性的に痛む場合は、ストレスや、ゲームのやりすぎなど、目が疲れて頭痛になる可能性もあります。

引用元-子供の頭痛い原因|病院は何科に行けばいい?【症状別】 | お悩みiroha

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA