のどや耳の違和感の正体は?症状から見る病気について

目次

耳の違和感から考えられることは?

耳が痛い
・急性中耳炎
風邪をひいた後などに起きることが多いです。鼻の炎症が耳に波及して痛みや聞こえにくさを引き起こします。抗生物質などの内服、場合によっては鼓膜切開を必要とします。
・外耳炎
耳を触りすぎたりすると起きる、耳の通り道の炎症です。耳の穴をふさぐほど腫れることもあります。原因は、細菌によることが多いですが、カビによることも珍しくありません。
・慢性中耳炎
耳ダレが慢性的に出る方はこの病気の可能性があります。普段は耳ダレだけですが、炎症が強くなると痛みが生じることがあります。
・顎関節症
顎の関節が痛む病気です。顎の関節は耳の穴のすぐ前にあり、耳が痛いと感じることが多いです。
聞こえにくい、つまる感じ
・滲出性中耳炎
鼓膜の奥を中耳といいますが、その中耳に水(滲出液)が溜まる状態を滲出性中耳炎といいます。鼻から耳に空気を通す処置をしたり、鼓膜を切開して液を出す処置をしたりします。改善に時間がかかることも多いです。
・耳垢栓塞
耳垢がたまって、耳栓のようになることがあります。耳垢を取るだけで改善します。ただ、耳垢を取る際に痛みが出ることもあり、垢をふやけさせる薬を挿してから摘出する必要があることもあります。
・耳管狭窄
鼓膜の奥(中耳)と鼻をつなぐ管を耳管と言いますが、この管が開かない状態をいいます。飛行機に乗ったような耳の詰まり感を感じます。鼓膜の動きをみる検査や、鼻から耳に空気を通す処置が必要となることがあります。
・突発性難聴
急に片側の耳が聞こえにくくなる病気です。原因ははっきり分かっていませんが、聞こえなくなってからできるだけ早く内服や点滴の治療を必要とします。めまいを伴うこともあります。
・耳管開放症
耳管狭窄とは逆に、耳管が開きやすい状態です。通常聞こえは悪くありませんが、耳がつまる感じがあったり、自分の声が響いたりすることがあります。
耳ダレがでる
・慢性中耳炎
鼓膜に穴が空いている状態です。鼓膜の奥(中耳)から滲出液が出てきます。
・外耳炎
耳の触りすぎなどで耳の外側が炎症をおこし、滲出液、膿などが出ることがあります。
耳鳴り
・加齢性変化
年齢とともに聴力は誰でも低下していきますが、それに伴い耳鳴りが聞こえてくることがあります。聴力検査で診断がつきます。
・突発性難聴
耳鳴りをともなうことがあります。聞こえにくさより耳鳴りの症状の方が強くでることもあります。

引用元-あなたはどの症状ですか? | にしかわ耳鼻咽喉科

のどの違和感の原因について

気管支や扁桃腺の病気

風邪や気管支炎、扁桃腺炎などのどや気管支に関わる病気は数多いです。
またアレルギー性鼻炎を起こして後鼻漏となり、鼻水がのどに落ちて喉の違和感になるということもあります。
喉の違和感を覚えたら真っ先に疑うの気管支や扁桃腺の病気ですね。
症状が改善すれば喉の違和感は消えていく場合が多いですが、自然治癒しにくい病気もありますので必ず耳鼻科医の診察を受けましょう。
抗生物質などを服用すれば数日で違和感が消えるものもありますし、後鼻漏など治療に少々時間がかかるものもありますが、医師の指示に従っていれば悪化することはほとんどありません。

逆流性胃炎

これは文字通り胃酸が逆流してくる病気のことです。
胃酸は食べ物を溶かす強力な酸性の液体ですから、これが喉まで逆流してくるとのどが腫れて違和感の原因になります。
逆流性胃炎が悪化すると喉の違和感だけでなく声が出なくなる場合もありますから、症状がひどくならないうちに内科を受診し適切な治療を受けましょう。

甲状腺の病気

バセドウ病など甲状腺の病気になると症状のひとつとして喉の違和感を覚えることがあります。
その他にも急激に痩せたり、人相が変わったりするといった症状があります。
男性よりも女性に多い病気ですので、女性で風邪でもないのに喉の違和感が消えない人はその旨を医師に伝えて甲状腺の検査を受けてみましょう。

ストレス・自律神経の失調

病院で検査をした結果、「どこも悪くないのに喉の違和感が消えない」という場合はストレスや自律神経の失調が原因の可能性が高いです。
これはヒステリー球・咽喉頭異常感症という病名がつく心の病で、ストレス解消が最大の治療法になります。

引用元-喉の違和感の原因はこれかも! 対処法とともにご紹介します。 | 川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

のどと耳の違和感が同時にある時の原因は?

咽の違和感を引き起こす原因には様々のものがあります。
 原因の一つとして咽頭や鼻の炎症が上げられます。鼻の奥のノドとのちょうど境目あたりから鼻汁が落ちてくるのを後鼻漏と言います。これがノドに引っかかって違和感の原因になることがあります。
 また、扁桃に米粒のような、かすがたまることもあり、これを扁桃陰窩膿栓と言います。このような場合は鼻の洗浄や扁桃陰窩の洗浄を行うとともに炎症を抑える薬を使います。

 それ以外にも咽頭や喉頭に慢性的な炎症を起こしていることがあります。
 次ぎに考えられる原因としてノドのアレルギーがあります。咽の奥がかゆいような感じがする、髪の毛や毛糸がはさまっているような違和感が続いてせきがでる。普通の咳止めではあまり効果がないような場合、疑われます。
 さらに、ノドに胃液が逆流してくることで起きる違和感もあります。以前には日本人ではあまりないとされていましたが実際にはかなりの数の患者さんがいます。時にはこれが原因で耳の詰まり感や中耳炎を起こすこともあります。胸焼け・ゲップ・時として胸痛などが出ることもあります。横になったり力んだときに症状が強くなったり、胃液が上がってくるような人はまずこの咽頭喉頭逆流症があると診て間違いないでしょう。
今はとてもいい薬がありますので、これを使うと嘘のように症状が楽になります。

 その他にストレスなどにより違和感が出ることもあります。きっかけがはっきりしているときには診断は容易ですが、難しいこともあり、薬を使って改善するかどうかで診ることもあります。
 まず咽の違和感は明らかに腫瘍のようなものがないことを診ることが大事なことです。

引用元-のどに違和感があるとき ~咽喉頭異常感症~ | たけざわ耳鼻咽喉科

のどと耳の違和感はリンパ腺の腫れが原因であることも

喉のしこりの原因の一つには、「リンパ腺の腫れ」があります。喉というより耳の下の首の横あたりがぐりぐりしたものが出ているその状態が、「リンパ腺が腫れている」状態です。喉にバイ菌が入って炎症が起き、痛みを伴って、38度以上の熱が長期つづくようなら病院に行って必ず見てもらいましょう。

代表的なものでは伝染性単核球症という病気があります。これは発熱や、首の周りのリンパ節腫脹、肝機能障害などの症状をもつ病気で、EBウイルスに感染することで発症します。これは良性で自然によくなる病気なので安心して下さい。

リンパ節が腫れて悪性になる病気もあります。特に有名なのが「悪性リンパ腫」です。これはリンパ節のがんと呼ばれています。検査するのに簡単な手術が必要です。治療は抗ガン剤治療が主です。

リンパ節の病気は身体から触れて分かる時が多いので、そのような症状がある時は病院で診てもらうようにして下さい。

引用元-喉にしこりがあるのは癌だけ?病気以外のよくある3つの原因や、喉ではないリンパ節の腫れと見分けるための3つのポイント|welq [ウェルク]

逆流性流動炎でものどと耳に違和感が出る

喉の違和感

胃液の逆流が食道に留まらず、喉の方まで上がってきてしまうことにより違和感があります。酸の刺激で喉の奥がイガイガしたり、痛みがあったり、吐き気をもよおしたりと、風邪のひきはじめのような症状ですね。まれに声枯れを起こす方もいます。

風邪だと思って治療していても改善がみられない場合は逆流性食道炎の可能性があります。そのままにしておきますと、炎症を起こした部分が悪化してしまい出血する場合がありますのでご注意を。

耳の違和感

耳、鼻、喉は繋がっているので、喉まで上がってきてしまった胃液が唾液と混ざり合って、耳管へまで到達し耳の違和感を引き起こします。耳の症状は、耳鳴り、痛み等が現れるようですが、なかなか自己判断は難しいので注意が必要です。

耳の症状の場合、他の病気である可能性の方が高くなります。耳のみに症状がある場合は耳の病気を疑い、胸焼け等の症状と併せて違和感がある場合は、逆流性食道炎も視野にいれます。逆流性食道炎による耳の違和感は症状の一部である、程度に考えましょう。

引用元-耳や喉に違和感?思わぬところに症状の出る逆流性食道炎度をチェック | 健康生活

twitterの反応

https://twitter.com/shino00k/status/730544705721622529

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる