鼻の角栓をピンセットで取り除くのはあまり良くないの?

目次

気になる鼻の角栓 そもそも角栓とは?

角栓というのは、古くなった角質と皮脂が混ざり合って、毛穴の中で固まってできたものです。古くなった角質は普通は皮脂が排出されるときに剥がれ落ちるようになっていますが、肌のターンオーバーがきちんとできていないと、角質が剥がれることなく肌の表面にとどまってしまいます。

皮脂は分泌されると毛穴を通って外に排出されますが、古くなった角質が残っているせいで毛穴が狭くなっていたり、皮脂の分泌が過剰だと、その皮脂が毛穴に詰まってしまうのだそうです。その毛穴の中に詰まった皮脂や角質が角栓と呼ばれています。

放っておくと皮脂は酸化し黒ずみます。こうして黒くなった角栓が目立つようになり、イチゴ鼻と呼ばれる状態になるのです。角栓によってふさがれた毛穴はニキビの原因にもなります。

引用元-角栓パックは使い方に要注意!間違うとイチゴ鼻になるかも?大人気オロナインパックからアフターケアのコツまで徹底紹介!|welq [ウェルク]

鼻の角栓をピンセットで抜く場合の注意点とは

ピンセットや毛抜きを使った鼻の角栓取りは非常に手軽です。

でもそれだけに、一歩間違うと余計に肌を汚くしてしまう可能性もあります。

ピンセットや毛抜きで鼻の角栓を取るときにまず注意してほしいのは、先の細い道具を使うということです。

先端が太いものを使うと、角栓を取る際に周りの皮膚まで傷つけてしまうかもしれません。

また、道具をしっかりと洗っておくことも重要です。

そもそも角栓の原因となるのは、汚れや皮脂。

汚れた道具を使ってしまっては、逆に角栓の材料を与えてしまうようなものです。

石けんなどできちんと洗ったものを使用しましょう。

引用元-鼻の角栓をピンセットや毛抜きで抜く方法【成功例と失敗例】

ピンセットで角栓を取り除くのはあまり良くない?

ピンセットは何の道具かと言えば、小さい物を分けたりする道具ですよね。他にも薄い物、脆い物が壊れてしまわないように摘んだりする時に使用をします。
緻密さが必要な時に使う物ですので、その先は非常に細く尖っていますし硬いですよね。
角栓を抜く時にピンセットを肌につけると、刺さったような感じがしませんか?

力を込めて無理矢理していると、ピンセットの先で皮膚が裂けたり等、傷ついてしまいます。
それで終われば良いのですが、傷ついたらそこからアクネ菌やら汚れやらが入って溜まって、ニキビになってしまいます。

美しくなるため、ニキビにならないように角栓を抜こうとしているのに、ピンセットで抜いたら余計に症状が悪化したなんて事もあります。
下手をすれば炎症等と言った大きな皮膚トラブルになってしまい、皮膚科に通うなんて羽目になるので注意をしなければなりません。

角栓を取るだけなのに、周囲の正常な皮膚を傷つけてしまうのも、美容にとっては問題ではないでしょうか。
だから、ピンセットで角栓を取るのは、オススメ出来る方法ではありません。

引用元-角栓をピンセットで抜いてはいけない3つの理由

ピンセットによる角栓除去と毛穴への影響について

毛穴が開いている状態であれば問題はありませんが、閉まっている状態だと角栓が引き抜かれるときに毛穴の奥から無理やり押し広げられて出てくるので毛穴が広がるのです。

例えるなら畑に埋まっている野菜を引きぬいた時のようなイメージです。同じように鼻からピンセットで摘んだ角栓を引き抜いた時に毛穴がボコっと開いてしまうのです。

ちなみにこの時の爽快さは角栓のせいでボコっと開いた毛穴が綺麗に角栓がとれたことを連想させるからです。むしろ心地よく角栓が取れた時ほど毛穴は開いていると考えても構いません。

ピンセット以外にも爪楊枝を使う人もいるでしょう。

爪楊枝を鼻の毛穴に突っ込むのは論外ですが、その周囲を押すことでニキビや角栓を押し出そうとした経験が誰にでもあると思います。

これも当然広がる原因です。むしろピンセットよりこっちのほうがダメージが大きいと言ってもいいでしょう。

爪楊枝やピンセットで角栓を取るのは毛穴の広がりを悪化させ、結果的にイチゴ鼻をよりひどくすることにつながります。

引用元-ピンセットで毛穴から角栓を取るのはいちご鼻が悪化する原因 – 整形せずに鼻を治すには

洗顔による角栓の取り方について

早い話、自分に合った洗顔料を使って、毎日洗顔をおこないましょう。

特に良いとされているのが、細かく泡立つタイプで弱アルカリ性の洗顔料です。

中でも、クレイタイプのものや火山灰が使われているものがオススメです。

細かい泡であるほど老廃物などを吸着し、洗い落としてくれます。

また、ベビーオイルやオリーブオイルなどのオイル類、オロナインなどの薬品でも角栓を落とせます。

蒸しタオルなどで毛穴を広げ、その状態でそれらを塗ります。

指先でやさしくマッサージをしていくと、2、3分ほどで角栓が取れていきます。

ある程度取れたら洗顔をし、ケアをおこないましょう。

引用元-その目立った鼻の角栓、無理にパックで除去すると危険! 原因を知り、正しい取り方とケアを! – ざつそく!

twitterの反応

https://twitter.com/knsttys/status/732205989110259716
https://twitter.com/S_now_mn0927/status/732081877092179968

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる