顔の湿疹をどうにかしたい!赤い湿疹の原因は?

目次

顔の赤い湿疹の原因の一つ脂漏性皮膚炎の原因について

大人に脂漏性皮膚炎が出来る原因は、皮脂の大量分泌です。これには男性ホルモンが大きく関わっています。
 
男性ホルモンは皮脂を分泌するホルモンですからね。
 
 
男性ホルモンが増えると皮脂量が増えます。ですので男性のほうが脂漏性皮膚炎になりやすいのか?というとそうではありません。
 
女性も月経周期の影響で、生理前の約2週間の時期に、男性ホルモンと似たような働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。
 
この黄体ホルモンが分泌されることで皮脂量が増えるので、ニキビが出来たり、脂漏性皮膚炎になりやすくなります。

引用元-脂漏性皮膚炎が顔に!これってニキビじゃないの? | プロが教えるニキビ道

その他にも、ストレスや不規則な生活をしていたり、洗顔、洗髪のしすぎや、すすぎ残しも皮脂分泌を盛んにする原因になります。
 
また、遺伝的要因も関係しているようです。そういうえば、私の知り合いで親子で脂漏性皮膚炎になっている人もいたので、可能性がありそうです。

引用元-脂漏性皮膚炎が顔に!これってニキビじゃないの? | プロが教えるニキビ道

顔の脂漏性皮膚炎の症状と対策について

症状
髪の生え際、小鼻の脇、頭皮に多く発生、赤みを帯びた紅斑様で、時には、脂っぽいかさぶたを伴うケースもよく見られます。皮脂腺が発達し、皮脂分泌の多い部分に発症するので、鼻周りの頬や額、眉間、胸や背中、腕など、顔や頭以外にも出来ます。

痒みを伴うこともありますが、その程度は、ほとんど感じない人から、ひどい痒みに悩まされる人まで様々です。

症状は以上のようなもので、男性女性共に、多くの肌に現れるありふれた炎症といえますが、その解明はあまり進んでいません。

対策
脂漏性皮膚炎の原因として、「マラセチア」ではないかと言う説があり有力です。マラセチアとは、皮膚、特に皮脂を分泌する皮脂腺の出口から毛穴にかけて住んでいる真菌(カビ)です。

脂漏性皮膚炎の患部にこの真菌の増加が見られ、外用抗真菌薬を塗布すると、1~2週間で症状が消えます。ただし、数ヶ月で再発することが多く、外用抗真菌薬の再塗布が必要になります。

二ヶ月程度外用抗真菌薬の塗布を続けると、8~9割が完治するという報告もあります。

ところが、中には外用抗真菌薬の使用で逆に悪化する例も報告されています。肌にはニキビで有名なアクネ菌を始めさまざまな微生物が住んでおり、それらが原因になっている場合があるためです。真菌の減少が逆に禍したのでしょう。

補完する対策として、抗ヒスタミン剤の内服で痒みを防止したり、ビタミンB2(フラビタン)・ビタミンB6(ピロミジン)の摂取で皮脂を減少させ、予防的効果を期待する対策もとられます。

いずれにせよ、脂漏性皮膚炎の治療には、まず第一に外用抗真菌薬を使うのが良いとされています。

昔は、とにかく炎症をなくそうと言うことで、ステロイドが多用されていたそうです。しかし塗るのをやめると直ぐ再発するので、塗り続けた結果、副作用で、酒さ(しゅさ)様の皮膚炎、毛細血管が拡張し皮膚萎縮が起こり、赤い皮膚になってしまう弊害がよくみられました。

引用元-皮膚の赤み…脂漏性皮膚炎 | サッポー美肌塾

顔が赤い症状は毛細血管拡張症であることも

毛細血管拡張症は頬や鼻などに出やすく、毛細血管が何らかの原因で広がってしまい、肌の上からその毛細血管が透けて見えてしまうために、顔が赤く見える症状を指します。肌をよーく観察すると、毛細血管が赤い糸のように浮き出ているのを見つけられる方もいるでしょう。

この症状もはっきりとした原因がわかっておらず、気温差が大きい環境にいると出やすいとか、交感神経が働きすぎて血管が広がったままになってしまうからとか、過剰なケアによって皮膚が薄くなって角質層がうまく機能していないからだとか、さまざまな理由が考えられています。

引用元-顔の赤みをどうにかしたい!顔の赤みが起こる原因とその対処法を教えて…。|welq [ウェルク]

肌荒れによる湿疹にも注意

きちんとスキンケアしているという自信がある人は肌荒れに気付かないことがあります。肌荒れすると痛みやかゆみはなくても赤みが出たり、小さいぶつぶつができたりすることがあります。

 

自分に合ったスキンケアの方法を見つけるのに苦労した方は、それを変えるのにとても勇気がいります。

しかし、年齢や環境により肌の状態は変わり、異なるスキンケアを必要としていることもあります。

痛みやかゆみがなく赤いぶつぶつができて悩んでいる方は一度皮膚科で相談してみましょう。自分に合ったスキンケアが見つかるかもしれません。

引用元-顔がかゆい!赤いぶつぶつができる6つの原因

赤い湿疹で顔がかゆい場合の原因はダニ?

まず、顔がかゆい症状に湿疹や赤みを伴っていたり、腫れを生じてしまうという場合には、ダニが原因になっている可能性が考えられます。
ダニによる皮膚の症状と言えば、赤くポッコリと膨らむ湿疹をイメージしますよね。
これは痛みも伴い、同時にかゆいという困った症状です。
ですが、中にはカサカサとした肌の乾燥を伴い、赤く広がる湿疹を発症してしまうというケースもあります。
これもかゆいため、どうしても掻き壊してしまい、炎症を広げてしまうリスクがあるので注意が必要です。
種類が豊富なダニは、引き起こす症状も様々です。
例えばニキビを発症する種類もあります。
そのため、顔がかゆくて赤いという症状がある場合には、これが原因になっているのではないか、ということを疑ってみると良いでしょう。

引用元-顔がかゆくて赤い | 顔かゆいラボ

twitterの反応

https://twitter.com/20101008mi/status/732551179868078081


https://twitter.com/_kunder___/status/731384179204575233


https://twitter.com/Kr___dr/status/730985586094264320

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる