耳の違和感の正体は?圧がかかったような症状の原因について

耳の違和感は気圧などが原因で起こる

外気温(寒さ)

耳の毛細血管はとても細く、急激な寒さでや冷えで血行が悪くなります。

耳がピリピリ・チクチクしたり、ひどい時はちぎれるような痛みを感じます。耳の奥がキーンとすることもあります。冷たいものを食べると頭がキーンとする「アイスクリーム頭痛」と同じです。

温めたりマッサージをするなどして血行を良くしてください。マフラーやイヤーマフ、帽子などで外気にさらさないようにするだけでも効果があります。

気圧の変化

通常耳の中は、外の気圧と同じになるように保たれています。急激な気圧の変化によって体の外と内側に気圧差が生じると、鼓膜が押されて痛みを感じます。

飛行機の着陸時や山に登った時、エレベーターに乗った時など気圧が変化したときに耳が詰まったような感じになります。耳抜きはツバを飲み込む、鼻をかむようにするなどの方法があります。痛くなる前からこまめに行いましょう。飴などを口に入れておくことも有効です。

引用元-耳の違和感の原因は?セルフケアの方法と対処法について | Hapila(ハピラ)

気圧の変化がある飛行機と耳の違和感の関係について

飛行機に乗るとなぜ耳が痛くなるのか

耳が痛くなる理由がわかっていれば対処もしやすいのでまずはその理由から。

これは、よく知られているように気圧の変化です。
上空は気圧が低く、離陸して上昇すると気圧が下がる。
上空から着陸に向けて降下すると気圧が上がる。

気圧の変化によって耳が痛くなるということは他のサイトなどでもよく書かれているので、航空情報サイトらしくもう少しつっこんだ説明を。

耳にかかる圧力といっても具体的には耳の鼓膜の内側にある中耳(ちゅうじ)の話です。
この中耳は空間になっていて、そこから非常に細くて空気の通りにくい管(耳管)が鼻の奥まで繋がっています。
イメージとしては、ストローの先に風船をつけたようなものです。

飛行機が上昇して気圧が低くなると、この風船はふくらみます。このままだと風船(中耳)が耳の中で膨らんだままなので痛みがでます。
しかし、風船は外の気圧と同じ圧力になろうとするため、ストロー(耳管)から空気を出して外と同じ気圧になります。

逆に飛行機が降下すると、外の気圧が高くなるので風船はしぼみます。このままだと風船(中耳)が耳の中でまわりから押さえられている状態なので痛みがでます。風船は外の気圧と同じになろうとするため、今度はストロー(耳管)から空気を取り入れて外と同じ気圧になります。

この時、耳管に空気が通りにくいと気圧の差がある状態が続き、耳が痛くなります。
耳の痛みは気圧の差が大きいほど大きくなります。
専門的にはこのような飛行機の気圧によっておこる中耳炎を航空性中耳炎と言います。

ちなみに、飛行機は上空でも気圧が保てるようになっているのですが、地上と同じ気圧を保つというわけではなく、だいたい地上2000m程度の気圧を維持するような与圧システムになっています。

この耳管なのですが、人によって太さ、曲がり方、空気の通りやすさが違います。
耳管が細い人は空気が通りにくいので、頭の小さい赤ちゃんや子供は耳が痛くなりやすいです。
また、風邪をひいたりして耳管が腫れていたりしても耳が痛くなりやすいです。

そしてこの耳管は、中耳から空気を抜きやすく、中耳に空気を入れにくい構造になっています。
ですので、上昇中はあまり耳がつまったままになることはないのですが、降下中につまったままになることが多いようです。

引用元-飛行機で耳が痛くなりやすい人の為の耳抜きの方法

日常生活で耳に圧がかかったような違和感がある時の考えられる原因とは

突発性難聴の怖いところは、1週間以内に治療を始めないと治る見込みがほとんどなくなってしまう事です。

原因はストレスや疲れだと言われています。

睡眠不足も関係しています。

症状は朝起きてすぐ耳に違和感がある、何となく聞こえにくい、高いところにいるような圧がかかった感じがする、水が入った時のような感じがする等の耳閉感と耳鳴りです。

耳鳴りの音は様々ですが突発性難聴の耳鳴りはキー、ピー等、高音の事が多いです。

治療の薬は特効薬というものはありません。

自然治癒も見込めない病気です。

副腎皮質ホルモンの内服、点滴、ひどい場合は入院で高圧酸素療法をする場合もあります。

一度治った場合でも、再発の可能性もある怖い病気です。

引用元-耳が何かおかしい時に考えられる原因となる病気5つ

耳の違和感では耳管狭窄症であることも多い

耳管狭窄症とは、耳管の換気機能が低下する病気です。

耳管は鼓膜の内側(中耳)と鼻の奥をつないでいる器官で、中耳はこの耳管により換気して中耳内の圧力を調節しています。
耳管を通じての換気が上手くいかないと中耳内の圧力と外界との圧力(気圧)に差ができてしまい耳がつまったような(塞がれたような)違和感を感じます。耳鳴を感じる方もいます。

飛行機やエレベーターに乗ったときに、耳がつまった経験はありませんか?
これは、急な上昇や下降による圧の変化に耳管の換気機能がうまく対応できなかったために起こる症状です。

そして、唾を飲み込むと治りませんでしたか?
これは、唾を飲み込む動作をすると鼻の奥にある耳管口が開閉して換気できるからです。

このように普段の生活でも一時的に耳がつまった感じがすることがあります。すぐに元に戻るようであれば、特に問題はありません。
ただ、すぐに戻るけど一日に何度も耳がつまり不快な方や耳がなかなか通らず不快な方は、お近くの耳鼻科で診てもらいましょう。

引用元-耳管狭窄症

あくびの時の耳の違和感はなぜ起こる?

大きく口を開けてあくびをすると、なんとなく耳の奥に違和感を覚える方は多いでしょう。
ぺこん、と何かがへこんだような音や、空気が抜けるような感じがする方もいると思います。
これは、耳と鼻が「耳管」という管が開いたことによる現象です。
通常、この耳管は鼓膜の奥にある「内耳」を不必要な圧から守るために閉じています。
トンネルに入ると耳がこもったような感じを覚える方もいるでしょう。
これは、内耳と大気圧に差ができることによって起こる現象です。
そこで、あくびをするように口を大きく開けると耳管が開放されて、違和感が治まります。
このように、あくびをすると耳の中に違和感を覚えるのは自然のことなのです。

引用元-あくびをすると耳の奥が痛い。その原因と解消法とは?

twitterの反応

https://twitter.com/K0kE_4/status/733306353012248578
https://twitter.com/SeiZanNoi/status/731856371767869440


https://twitter.com/upenaruiruy/status/724646966890631168

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA