舌の口内炎の原因は?特徴や対処法について

目次

舌にできる口内炎の特徴について

口内炎は口内の様々な場所に発症しますが、舌の口内炎は最も辛い口内炎です。舌の働きには味覚や熱を感じる以外にも、食べ物を喉に送るのを助けたり、言葉を発するという人間にとってとても重要な役割を担っています。

舌が健康でなければ、満足に食事をすることもできません。家族や友人との楽しい会話や、歌を歌うこともできなくなります。舌に口内炎が発症すると、患部の位置にもよりますが日常の中で舌が動くだけで刺激があり痛みが出てしまいます。

特に舌の奥、根元にできてしまうと、ちょっとした動きでも痛みを感じます。側面に発症した場合には歯に接するため、常に痛みを伴います。舌に口内炎ができてしまうと日常のほとんどに支障をきたしてしまいます。

引用元-舌にできた口内炎の原因と治療法 | ヘルスケア大学

舌に口内炎ができる原因について

口内炎にもいくつか種類がありますが、原因は、基本的には歯茎にできるものと同じです。

舌に出来る口内炎の中でもっとも多いのは、潰瘍ができる「アフタ性口内炎」です。

また、刺激が原因で口内炎が出来る「カタル性口内炎」というものもあります。

これ以外にも、ヘルペスや帯状疱疹といったウイルス性口内炎があります。これはウイルス感染が原因となるもので、唇や口の中の粘膜に小さな水疱ができ、破れるとびらんや潰瘍になって痛みを伴います。

 

 

アフタ性口内炎の原因

 

■ストレス、疲労、寝不足

免疫力が低下することで、体の抵抗力が弱まり、口内炎が出来やすくなります。

 

■栄養不足

お口の中の粘膜なども、健康に保つ為にはビタミン類が必要です。

偏った食生活などでビタミン類が不足した場合、口内炎が出来やすくなります。

 

■歯磨き、火傷などによる傷

うっかり作ってしまった傷に、細菌が感染して口内炎に移行してしまうことがあります。

 

■歯磨き剤

歯磨き剤に含まれている一部の成分、合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)が、炎症を悪化させる原因となることもあります。

 

■清掃不良

お口の中には沢山の細菌が生息しています。

お口の中が不潔になっていると、細菌が感染し、口内炎が出来やすくなります。

引用元-舌に口内炎ができる7つの原因とは!?8つの治療と対処法 | いしゃまち

舌の側面の口内炎について

の側面に白い突起物が出来る事もよくあります。口内炎の場合や舌の奥の両側のつけねが赤色のイボのように腫れている場合、舌扁桃が腫れている場合もあります。
 
治りにくい場合は、夜就寝中に自分の舌を噛んでいるためかもしれません。歯の一部が尖っている場合舌に負担がかかり、側面などに症状が出ることがあります。
そのような場合マウスピースを装着して様子を見ることも必要です。
 
食事の時等に唇や口の中を間違えて噛んだりすると口内炎となることもありますね。
 
 
慢性鼻炎や風邪などで舌の付け根の舌扁桃慢がはれるということもよくあります。
歯による物理的な刺激による症状の場合はかかりつけの歯科でみてもらいましょう。
 
 
舌扁桃は、のどの扁桃腺と同じような物が舌の付け根の両側にも誰でも存在します。ただ舌癌と見分けがつきにくい場合もありますので、どうしても心配な場合は、口腔外科、耳鼻咽喉科での診察をおすすめします。

引用元-舌の口内炎

舌の口内炎は場所によって原因があるのか

舌にできる口内炎も、他の場所と同様に栄養不足やストレスによる免疫力の低下などが考えられますので、予防方法は、通常の口内炎と同様です。

場所によっての違いは、舌の側面は歯が当たりやすいので、歯が尖っている場合に舌を傷つけることや、入れ歯などの金属があたりアレルギーを起こりしていることなども考えられます。また、カンジダ菌というもともと口の中にいつ菌が、抵抗力が弱くなっている時などに活発化すると、舌の側面に違和感やピリピリ感が出ることがあり、これは「カンジダ性口内炎」と言われています。

舌の裏側にも出来ることがありますが、これも他の場所と同様に栄養不足や粘膜の損傷であることが原因と言えます。しかし、舌がんは舌にできる口腔がんがありますが、これは主に舌の裏側で発生するそうです。また単なる 口内炎と思っていた症状が、このような重大な病気の前兆ということもあるとのことです。

舌の表面も同様ですが、側面とどうようにピリピリとした刺激はカンジダ菌が原因のこともあるようです。また、舌の表面が白く苔が生えたようになることがありますが、これは「舌苔(ぜったい)」と言って、舌の表面の角質がなんらかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まって、舌が白く苔が生えたように見えます。細菌や口呼吸、消化器系の疾患なども考えられますが、原因不明なことも多いそうです。特に治療は必要ありませんが、口臭の原因となりますので、舌ブラシを使って取ることができるそうです。

引用元-【口内炎を発症する10個の原因】早く治すにはビタミンBが最適?舌や唇など部位別チェック!|welq [ウェルク]

舌などの口内炎を早く治すためには?

●しっかり栄養を摂る
口の中が痛いとどうしても食事を摂るのが嫌になりますよね。しかし、栄養を摂ることは口内炎を早く治すためにも大事なことです!食事がしにくい場合は栄養不足にならないように、お粥や高カロリーなゼリーを食べるようにしましょう。
●よく寝てよく休む
口内炎ができてしまったということは、身体が「疲れたよー!」というサインを出しているということです。身体の抵抗力を高めるためにも、しっかり休んでストレスを溜めないように心がけることと、質の良い睡眠をとって疲れを溜め込まないようにすることが大事です。
●ビタミンB2とビタミンCが大事
口内炎ができてしまう原因の一つに、ビタミン不足が挙げられます。もちろん、普段の食事からビタミンを補給することがとても大事ですが、口内炎ができたということはビタミンが足りていないということなので、サプリメントを使って不足しているビタミンを補ってあげると治りが早くなりますよ。
●ケナログ®を塗る
外側の皮膚なら軟膏を塗るのも難しくないのですが、口内炎は口の中ですから簡単には行きませんよね。この方法は、1日に3回塗布したら30分放置して外すというやり方です。まず、ガーゼを小さく切ってケナログをたっぷり目に乗せます。軟膏の付いたガーゼを軟膏側が口内炎になるようにして口内炎にかぶせます。これで完了、30分後に取り外してOKです。
●お口を清潔に
口の中に細菌が潜んでいると口内炎の直りが悪くなってしまいます。ですから、歯磨きやフロスなどで口の中を綺麗にしましょう。もしも、歯磨き粉が口内炎にしみてしまうのであれば使わない方が良いです。

引用元-口内炎は喉や舌にもできる!?原因や早く治す対処法は?|ケアミー

twitterの反応

https://twitter.com/1k28mai/status/738379426375704578


https://twitter.com/hinadoglove/status/737582499774103552
https://twitter.com/pDoRrZPlbAd9Wte/status/737175202593837057


https://twitter.com/satooors/status/735824694910148608

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる