口内炎が中々治らないのはどうしたらいい?唇などの口内炎への対処について

口内炎は通常1〜2週間で治癒する

症状が軽い時や、他の病気の疑いがない場合、また、口内炎が1カ所のみにできている場合は、セルフケアで様子をみれば問題ありません。だいたい1~2週間ほどで自然に消滅し、傷跡も残りません。口内炎ができてしまったら、うがい・歯磨きで口の中を清潔にし、栄養バランスや生活環境の改善を試みましょう。特に、粘膜を守る働きを持つビタミンB2を補給すると治りやすくなります。また、痛みが辛い場合は、市販薬を使用して症状を軽減することもできます。

口内炎が長引く、炎症が口中や口の外へ広がっている、また発熱や全身倦怠感がある場合は、他の病気の可能性があります。例えばウイルス性口内炎の場合は、皮膚科や耳鼻咽喉科で抗ウイルス薬を処方してもらう必要があるので、なるべく早めに専門医を受診しましょう。

引用元-唇の裏にできるとつらい。口内炎の原因と治療法・セルフケア法 | ヘルスケア大学

唇などの口内炎が治らないのはなぜなのか

口内炎、一度出来てしまうと、「まだ治らないのかな~」とじれったい気持ちになりますよね。

口内炎の治らない原因は、大きく2つ。「体の中からの原因」「体の外からの原因」に分けられます。

 

「体の中からの原因」とは、体力や免疫力の低下、アレルギー、病気の症状。

 

「体の外からの原因」とは、ストレス、ビタミンなどの栄養不足や糖質や脂質の過剰摂取、口の中のケガ、ウィルス。

 

などが挙げられます。

 

体力不足やストレス、栄養バランスの偏りなど、「自分で原因を対処出来る物」であれば、休息をとったり、正常な食事に変えることで、ほとんどが2週間程度で治ります。

 

一方、「自分で原因が対処出来ない物」である、ウィルス性や病気が原因の物は数が多くできたり、出来ている範囲が大きかったり、治ったと思ってもまた出来たりと、なかなか治りません。

 

ちなみに、「口内炎」とは、口の中にできる炎症の症状全体を指します。

なので、唇、歯茎、舌に出来るのも口内炎ということ。

お口の中にぷちっと1つ、出来物ができていたら、「ああ、口内炎だな~」と思って対処しましょう。

引用元-口内炎が治らない原因!白いし唇にできたのは!痛くないのって?

口内炎の種類について

「口内炎」の症状にはどんなものがあるの?

 

プチっと丸い潰瘍(アフタという)ができる
唇の裏に水泡ができる
頬の内側の粘膜がただれる
口の中全体に白い苔のような物ができる
 

など、人によって症状・場所も様々ですが、初期から痛みがあることは、共通しています。

 

「口内炎」は何種類もあるってホント?

「口内炎」は、原因によって、4種類に分けることができます。1つ1つ見ていきましょう。

 

アフタ性

いちばん患者が多い口内炎。口内のあらゆる場所にでき、再発を繰り返すことも多い。

 

原因:ストレス/疲労/睡眠不足など免疫力の低下
かかりやすいヒト:10〜30代
 

ヘルペス性

ヘルペスウィルスの感染によるもの。成人者の70%が感染していると言われるが、発症するのはごくわずか。

風邪のような症状の後に現れ、舌や唇の裏に水泡ができるのが特徴。

 

原因:抵抗力の低下によるヘルペスウィルスの感染
かかりやすいヒト:就学前の乳幼児
 

カンジダ性

ヒトに常在しているカンジダ菌の感染による。唾液が減少した時によく見られ、口内のあらゆる場所にできる。

 

原因:カンジダ菌の感染
かかりやすいヒト:高齢者、糖尿/腎臓疾患者
 

外傷性

口の中を噛んだり、火傷をしたときにできる外傷性の口内炎。口内の傷に、細菌やウィルスが繁殖して起こり、舌や頬の裏側に出来やすい。

 

原因:口内の外的刺激による、細菌やウィルスの感染。
かかりやすいヒト:子ども、高齢者
 

「口内炎」と言っても、原因も症状も実に様々なんですね。アナタを苦しめた原因は見つかりましたか?出来てしまったら、早く治したいですよね。

引用元-なかなか治らない口内炎の治し方と原因てこんなにあった! | Hot! News Cafe

治らない唇などの口内炎への対処法について

 1つ目は、口の中を清潔に保つことです。
 一日に数回程どうがいをすることで、完治までの期間を短くすることができます。
 
 2つ目は、口の中の粘膜を傷つけないようにすることを心がけることが大切です。
 口内炎がなかなか治らないのは、歯磨きの際に生じる傷がさらに雑菌を侵入させてしまうことが原因と言われています。
 歯磨きをするときは、口内炎の部分に歯ブラシを当てないように気を付けて丁寧に磨くことが大切です。
 
 3つ目は、口の中を乾燥させないようにすることです。
 唾液の分泌を促進するガムを噛んだり、アメなどを舐めることで完治までの時間を短く知ることができます。
 
 以上の3点を考慮して生活するだけでも、時間をかけることなく口内炎を治すことができます。

引用元-唇にできた白い口内炎!治らない時の3つの対処法とは?

口内炎が数週間経っても治らない時は歯科医院へ

口内炎とは、文字どおり口腔内の粘膜に起こる炎症で、多くは頬の内側、舌、歯ぐきなどにでき、小さな白い円形のものから赤く腫れて潰瘍を引き起こすものがあります。食べ物や飲み物がしみる、歯磨きのとき歯ブラシが当たると痛む、会話しづらくなるなど、不快な症状を体験した人は少なくないでしょう。

引用元-こんな症状が実は病気のサイン?:口腔内の異変と早期発見・治療の重要性|口腔がん撲滅委員会

直径1mmくらいのものから約1cmの大きさまでさまざまですが、多くの場合、2週間くらいで治癒します。そのため口内炎ができても「ほっておけば治る」「大したことはない」と思われがちですが、口内炎を繰り返すことによって口腔がんを発症する、口内炎だと思っていた症状が実は口腔がんだった、ということもあるのです。2週間以上経っても口内炎が治らない場合は、速やかに歯科医院にかかるようにしましょう。

引用元-こんな症状が実は病気のサイン?:口腔内の異変と早期発見・治療の重要性|口腔がん撲滅委員会

twitterの反応


https://twitter.com/nanami_73_lucky/status/738356764131790849
https://twitter.com/Oh_Zayaku/status/738290490093666304


https://twitter.com/pa_iro_sps/status/737268194952372224


https://twitter.com/zum_dokuyo/status/736117893935468545

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA