子供が口内炎になってしまう原因とは?病院へ行く時は何科?

子供の口内炎の原因について

日頃の生活が原因となる口内炎がほとんど
口内炎とは口の中の炎症のこと。口内炎にも実はいろいろな種類があり、原因も様々です。中でも最も多いのはアフタ性口内炎と呼ばれるもので、赤くて丸い炎症や白い膜がかかったような炎症が確認できます。種類によって原因が異なるものの、大抵は口の中の傷が原因となったり、栄養バランスの偏り・疲れ・睡眠不足などが原因です。
ウイルス性の場合も
一方でウイルス性の口内炎も子供たちにはよくあることです。特定のウイルスによる感染症の症状のひとつとして口内炎の症状が出ることがあります。ウイルス性の疾患からくる口内炎の場合でも解熱剤などの対症療法のみとなることもありますが、中には抗ウイルス薬の服用が必要なものも。
口内炎の数が多い場合や口内炎と合わせて発熱などの症状がある場合などはそういった別の疾患を疑う必要があります。かかりつけの小児科を受診しましょう。

引用元-子供の口内炎の原因と対処法。受診のタイミングは?|cuta [キュータ]

子供の口内炎の症状は大人と一緒?

口内炎は口の中の様々な部分にできます。頬の裏側や歯茎に現れやすいですが、舌や喉にできることもあるのです。炎症の状態は、大人と同じで白い斑のような潰瘍ができたり、赤く腫れ上がったりします。ヘルペス性口内炎は激しい痛みを伴う炎症で、歯茎が赤く腫れる、ヘルパンギーナは水泡状のものが見られるなど、アフタ性口内炎とは異なる特徴が見られます。

一般的なアフタ性口内炎であれば、口内炎ができるだけで、1~2週間程度で自然に治るので、大人と同じような経過をたどると考えてください。特定のウイルスが原因の場合は、高熱を出してから他の発疹などと一緒に口内炎が現れます。

引用元-幼児・子供の口内炎。原因と症状、治療法は?病院で薬をもらえる? – こそだてハック

子供の口内炎で代表的なものについて

 (1)伝染性歯肉口内炎(ヘルペス性歯肉口内炎):
  幼児期に多い口内炎で、ヘルペスウィルスの感染で起ります。潜伏期間は2~7日間。症状は、まず発熱です。熱がでたばかりのときに診察すると、のどが赤いだけで、医者は「かぜ・へんとうえん」などと診断することになります。熱がつづいているうちに歯ぐきがはれて出血しやすくなり、口の粘膜いっぱいに小さなカイヨウを生じ、歯肉口内炎であることがわかってき ます。熱は5日くらいでさがり、それから痛みがとれてきて、粘膜のただれも1~2週間で治ります。

  問題は食物のあたえ方。刺激の少ないものをえらび、かたいもの、熱いもの、酸味のつよいものなどはさけます。冷たい牛乳、アイスクリーム、ヨーグルト、ミルクセーキなどは、食べてくれることが多いようです。水分だけでも、なんとかくふうして飲ませてください。

  歯肉口内炎の治療もいろいろですが、口のなかにクスリをぬるかどうかは、医者によって考えがちがいます。ただれた口の粘膜いっぱいにクスリをぬられたら、どんなに苦しいことでしょう。私は、のむクスリだけで治療しています。

 (2)再発生アフタ(反復性アフタ性口内炎)
  大人に多い口内炎ですが、伝染性歯肉口内炎と混同されやすいので説明しておきます。再発性アフタは反復してかかることが多いのですが、原因は不明です。歯肉口内炎のような発熱が多いのですが、原因は不明です。歯肉口内炎のような発熱やひどい痛みはありません。粘膜のカイヨウ(アフタ)は1個~数個くらいなので、ぬるクスリで治療します。1週間ぐらいで治ります。

 (3)鵞口瘡(口腔カンジタ症):
  赤ちゃんに多いのは、なんといっても鵞口瘡(口腔カンジタ症)という口内炎です。カンジタというカビが繁殖しておこります。赤ちゃんのほっぺたの内側に乳カスのようなものが生えていて、いくぶんお乳ののみがわるくなることもあります。手当としては、ピオクタニンという青インクのようなクスリを綿棒にふくませて、白いマクのみえるところにぬってやるのです。1日1~2回の使用で、たいてい数日で治ります。ファン ギゾンシロップという内服薬を、のませる代りに口腔に滴下して治療するという方法もあります。

引用元-ふじわら小児科 小児科 藤原小児科

子供も口内炎は違う病気である可能性も?

子供の口内炎では、手足口病やヘルパンギーナなどの病気の可能性があります。

どちらも乳幼児ではよくある病気のひとつです。

特徴的な症状を紹介しますので、口内炎があるようならチェックしてみてはいかがでしょうか。

手足口病の症状は、熱はだいたい37~38℃程度のことが多く高熱というより微熱といった感じです。

そして、発熱の症状が無く、口の中や体などに発疹ができるという特徴があります。

ヘルパンギーナの症状は、突然インフルエンザか?と思うような39℃以上にもなる高熱が出ます。

こちらの発疹は口の中や喉だけにできるのが特徴です。

喉が痛むので食欲不振になったり、よだれを垂らすことが増えたりします。

子供によっては気分が悪くなってもどしてしまったりもします。

これらの症状が見られたり、口内炎が長引くときには早めにかかりつけの病院を受診することをおすすめします。

引用元-子どもの口内炎は病院行くべき?放置すると危険ですよ | 流行の情報をまとめてみた!

子供の口内炎で病院へ行く時は小児科へ

子供に口内炎ができてしまった場合でも、大人と同じように歯科・皮膚科・耳鼻咽喉科で見てもらうことができると思います。

ただ、子供の場合にはほとんどの子の場合にはかかりつけの小児科があると思います。

特に熱が出ている場合には、まずはかかりつけの小児科を受診することをお勧めします。

もしかしたら口内炎だけではなく手足口病やヘルパンギーナにかかっている可能性があるからです。

そしてかかりつけの先生に相談をして、そのまま治療をしてもらうか、専門である耳鼻咽喉科にかかるかどうかというのを決めるというのもよいと思います。

引用元-口内炎が口や舌にできたときの病院は何科?子供は小児科? | 暮らしのなかの気になること確かめよう!

twitterの反応


https://twitter.com/aka4_11kuro/status/738704221604712448
https://twitter.com/confinedman/status/738627901294186496

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA