口内炎が舌の付け根に出来て痛い!原因は?

舌の付け根などにできる口内炎の原因について

■ストレス、疲労、寝不足

免疫力が低下することで、体の抵抗力が弱まり、口内炎が出来やすくなります。

 

■栄養不足

お口の中の粘膜なども、健康に保つ為にはビタミン類が必要です。

偏った食生活などでビタミン類が不足した場合、口内炎が出来やすくなります。

 

■歯磨き、火傷などによる傷

うっかり作ってしまった傷に、細菌が感染して口内炎に移行してしまうことがあります。

 

■歯磨き剤

歯磨き剤に含まれている一部の成分、合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)が、炎症を悪化させる原因となることもあります。

 

■清掃不良

お口の中には沢山の細菌が生息しています。

お口の中が不潔になっていると、細菌が感染し、口内炎が出来やすくなります。

引用元-舌に口内炎ができる7つの原因とは!?8つの治療と対処法 | いしゃまち

■噛み合わせ(咬傷)

噛み合わせによっては同じところを噛みやすくなってしまうことがあります。

舌をかんでしまった所から細菌が入り感染した場合も、口内炎になります。

 

■合っていない義歯や補綴物(詰め物や被せ物など)

治療した所の適合が悪く、合っていない場合、舌に引っ掛かり傷を作ってしまうことがあります。

その傷ついたところから、口内炎になってしまうことがあります。

 

傷が出来ても口内炎にならないこともあれば、すぐに口内炎へと移行してしまうこともあります。

このことから、口内炎は、「傷の出来る原因の他に、体の免疫力や栄養状態などの複数の要因が関わっている」ということを示していると言えるでしょう。

特にアフタ性口内炎の場合、「これだけが原因!」とはっきり言い切るのは難しいかもしれません。

大人ニキビのように、口内炎ができる原因は複雑に絡み合っていることが多いのですね!

引用元-舌に口内炎ができる7つの原因とは!?8つの治療と対処法 | いしゃまち

口内炎ができる場所によっては症状が違う?

飲食の際や歯ブラシの時、痛くてしみる口内炎。
口内炎は口の中の粘膜が炎症している状態のことで、おもな原因や種類としては、物を食べる際などに歯で傷つけてしまうカルタ性や、ヘルペスなどが要因で水疱ができ、それが破れて潰瘍になるウイルス性などがあります。
他にも口の中に痛みはあまりないのですが、カビの一種が増殖して白い苔状のものが出来る口腔カンジタ症や、アレルギーが原因のアレルギー性、タバコによるニコチン性などもあります。
しかしこれらよりも一般的に多いとされているのが、原因不明のアフタ性です。
アフタ性の要因として考えられているのは、ビタミ不足や睡眠不足、ストレスや疲労などがあげられます。
また口内炎が出来る個所については、とくに原因に違いはないとされています。
舌の付け根や裏側など、変わったところに出来ることもありますが、出来た場所によって症状が違うということはないようです。
ちなみに要因とされているもので、生活習慣の見直しで症状が改善するものもあるので、生活習慣を改善してみるのも良さそうです。

引用元-舌の付け根などに出来る口内炎の原因

舌の付け根にできる口内炎の症状について

特に、舌の付け根にできた場合は、
非常に治りにくく、痛みも、
ほほの内側や歯茎にできるものとは
格段に違い、激痛が走ります。

「しみる」という痛さは、他に比べてましなのですが、
「動かす」ということに対する痛さは、それはそれは
ものすごく痛いです。

どうしても痛みが治まらず、
食べることに支障がでるとさらに治りが悪くなるので
口腔外科や歯科、内科などを受診されては
いかがでしょうか。

塗り薬は意外と効果ないのですが、
ビタミン系の薬を処方してもらえると、
内部から舌口内炎をやっつけられますよ。

引用元-1週間くらい前から口の奥、たぶん舌の付け根あたりにできものが… – Yahoo!知恵袋

舌の口内炎で気をつけることとは

食事の際に誤って舌を噛んでしまい、根元の部分に傷ができてしまいました。その状態で特に処置をせずに2、3日放置していると、徐々に白くなり、口内炎のような状態になり痛みが酷くなってしまいました。
食事の際には食べ物を噛みづらくなり、話をする際にも痛みが走って呂律が回らない時もありました。患部の大きさはどんどん広がっていき、歯と接触する部分もあったので、常時痛みが伴っている状況で、夜も寝つきが悪くなり苦痛でした。
市販の軟膏を患部に塗ってはみるのですが、食事の際や寝ている間に取れてしまうこともあり、薬独特の苦味が感じられ不快でした。併用して食後にはうがい薬で口内を清潔な状態に保つ努力と、ビタミン剤を飲んで口内炎の治りを早めるようにしたところ、1週間後くらいに徐々に痛みが鈍化してきました。
様々な対処を行ったことが功を奏したのか、2週間ほどで完治することが出来ましたが、長く症状が継続する場合は、舌癌を疑う必要もあるとの情報もありますので、今後は気を付けたいと思います。

引用元-舌にできた口内炎について【Doctors Me体験談】

舌の口内炎で違和感や治らないときは病院へ

舌の裏にできた口内炎を早く治すための方法は、基本的に他の部分にできたアフタ性口内炎と同じです。口内炎を発見した早めのタイミングで、治療を行うことが大切。殺菌作用のあるうがい薬やマウスウォッシュで1日数回うがいをし、口の中を常に清潔に保ちます。そして、粘膜を守る働きを持つビタミンB2を補給し、栄養バランスや生活環境の改善を試みましょう。

痛みが辛い場合は、市販薬を使用して症状を軽減することもできます。しかし、舌は頻繁に動かため、塗り薬や貼り薬は取れやすいのが難点。とにかく痛みを軽減したい時は、舌の付け根にも届きやすいスプレータイプの薬をこまめに使用するのがおすすめです。一時的ではありますが、瞬間的に痛みを抑えることができます。

なお、2週間を過ぎても治らない場合や、普通の口内炎と症状が違う時は、口腔外科へかかりましょう。特に、舌が白く変色したり、舌が硬くなったり、舌にしこりができたりしている場合は、舌癌である可能性もあります。舌癌の初期症状は口内炎とよく似ており、進行するまで放置されてしまうことも少なくありません。違和感を感じたら医師に相談することが大切です。

引用元-舌癌の可能性も!?舌の裏にできる口内炎の症状と治し方 | ヘルスケア大学

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA