足の付け根のリンパに違和感?痛いときは要注意!

足の付け根はリンパが集まる場所

身体全体にはりめぐされたリンパ管。

話題になるのはリンパ管の節が
たくさん集まっている場所。

これは、

アゴのラインや
頭の後ろにある髪の毛の生え際の辺り
あと、

耳の前後
首筋
腋の下

などが
いわゆるリンパって呼ばれていますね。

あ、そうそう

大事な、そけい部(足の付け根)も
リンパが集まる場所です。

このリンパ管は腸から吸収された食べもの
脂肪分を体内に運んだり、

血管から漏れ出た水分を回収したりする
役目をもっています。

リンパ管は血管ともつながっています。
リンパ球は、血液とリンパ液の中を行き来して、
老廃物を運びます。

で、リンパのお仕事は、リンパ節で捕まえた
病原体などを、 リンパ球などが処理することで、
身体を護ること。

なので、身体の中のバイ菌が侵入してきたりすると
リンパが大活躍して、少しむくんだり腫れたり
することになるのです。

いわゆる細菌性の炎症です。

引用元-足付け根が痛い!原因はなに?子どもも要注意9の症状と病気 | 猫の手も借りたい

足の付け根のリンパ節の炎症について

足の付け根は、首や脇の下などと同様にリンパ腺が集中している部分です。

リンパ腺が集まったリンパ節は、ウイルスや細菌感染により腫れますが通常は痛みはありません。

しかし足の怪我が原因で起こることが多いので、これをしこりの痛みと感じることもあります。

 

腫れが小さく熱を持っていない場合は自然になくなりますが、段々大きくなったり熱を持ったりする場合は悪性リンパ腫の可能性があります。

体重の減少・倦怠感などの症状が出ることもありますので、気づいたら早めに医療機関で相談しましょう。

引用元-足の付け根のしこりが痛い!注意すべき4つの原因

足の付け根が痛い時はリンパが圧迫されている可能性も

生理前に感じる足の付け根の痛みは、リンパの流れが悪くなっているケースがあり、これは他の病気のサインである可能性も否定できないので注意が必要です。違和感を感じたら、まずは様々な病気の可能性を考えてみることが重要と言えます。

骨盤内うっ血症候群
生理前後の女性ホルモンの作用によって、子宮とともに血管が収縮することがあります。それが骨盤内の静脈のうっ血を引き起こし、リンパの流れが悪くなって足の付け根に強い痛みを生じることがあります。

血流が一時的に悪くなるだけで、内臓や子宮などには異常はありませんが、時には静脈瘤ができることもあります。リンパマッサージをして足の血流を上げるようにすると、改善につながります。

子宮内膜症
子宮内膜が子宮以外の部位に異常増殖し、出血をくり返す病気です。炎症を起こすため、生理前に限らず、下腹部痛や腰痛、足の付け根の痛みなどが起こります。子宮付近での違和感を感じたら、疑ってみる必要があります。

引用元-生理前の足の付け根の痛みや違和感とリンパの影響 | メディシル

リンパの腫れなど足の付け根が痛い時の対応について

様々な病気の可能性がありますが、一般的にはしこりが段々大きくなる場合や弾力がなく硬い場合、外から触ったときにぐりぐりと動く感じがない場合に大きな病気の可能性があるとされています。

粉瘤…整形外科
脂肪腫…皮膚科か形成外科
変形性股関節関節症…整形外科
リンパ節の腫れ…内科
での治療が行われます。生理周期との関連がある場合は婦人科を受診すべき場合もありますが、自分では分かりにくい事も多いので、この病気、と決めつけずに診察を受けるよう心がけましょう。

風邪によるリンパ節の腫れの場合、すぐに風邪薬を飲む事でリンパが働かなくなり、風邪がいつまでたっても治らない場合があります。安静にして栄養を取り、水分を採って治す方がよいでしょう。

同様に、怪我によるリンパ節の腫れの場合も、消毒液を多用するよりも自然治癒力を活かした方がよい事があります。もちろん深い傷やかみ傷の場合はすぐに医療機関に行きましょう。

引用元-足の付け根のしこりが痛い!原因や病気、予防法について! | Hapila(ハピラ)

足の付け根が痛い時リンパ腫が悪性であることも

足の付け根に、触るとグリっとしたしこりができたことはありませんか。股関節は大きな関節で、体の中でも首、わきの下と並んでリンパ腺が集中している部分なので、リンパ節のトラブルが関係していることが多いようです。

◆股関節に腫れがみられるものには、脂肪のかたまりやリンパ節の炎症のほか、悪性リンパ腫、粉瘤(ふんりゅう:アテローム)、鼠径(そけい)ヘルニア、軟部肉腫などがあります。比較的よくみられるのは、脂肪細胞が増殖して塊になった良性の腫瘍(しゅよう)で、さわるとグリグリと動くのが特徴です。大きくて気になる場合は、外科的に取り除く場合もあります。

◆ウイルスや、細菌感染などのためにリンパ節が炎症を起こして腫れる場合もあります。痛みをともなうことも多いようです。足の付け根のリンパ節の炎症は、足のけがや感染で起こることが多いです。性感染症で腫れる場合もあります。細菌性の場合、抗菌薬の服用が必要になります。ときに悪性の場合もあります。

◆リンパ腫といわれるリンパ節の腫瘍の場合もあり、悪性のこともあるので要注意です。

引用元-足の付け根にできたしこり 痛くないからと放置しても大丈夫? | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学

twitterの反応


https://twitter.com/tell_05/status/729644174471880706


https://twitter.com/daiki_dqx/status/727404536516628480
https://twitter.com/ryo00k/status/727103845751386112
https://twitter.com/MinaMi25rin/status/725930598229938177

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA