肩こりと枕の関係とは 枕なしでも大丈夫?

目次

枕なしで寝ると肩こりにいいのか

その先生いわく、高い枕で寝ると、首がストレートネックになるので、よくない、とのことでした。
だから枕なしで寝ると、肩こりに効果がある、と。
うーん。
枕が高いせいで、ストレートネックになるというよりは、ストレートネックの人は、首が前に出ているせいで、低い枕だとしんどいので、高い枕を使うんじゃないでしょうか。
理屈の順序が逆だと思います。
この時点でおや、と思ったのですが、この先生の理屈で検証してみたいと思います。
あくまで、私の考えです。
これが全て正しいわけではありません。

まずこの先生が言うには、壁に背中をくっつけた状態で、後頭部もぴったり壁につくのが正しい姿勢だそうです。
だから、その壁を床に置き換えた状態、つまり、仰向けに寝たときも、枕を使わずに床に後頭部をつけた状態が正しい状態だそうです。
しかし、私から言わせると、壁と後頭部の間にほんの少しの空間ができるぐらいでも問題ないと思います。
ですから、正しい姿勢の人でも、枕なしで仰向けに寝ると、首が山なりになって、少しあごが上がります。
この姿勢が本当に楽なのかどうか、ということです。
さらに、猫背でストレートネックになっている人は、首がよけいに前に出ている分、首の山なりがきつくなり、さらにあごが上がります。
肩こりの人は、すぐに首がしんどくなってくるでしょう。

引用元-肩こりの人は枕なしがいい、は本当か | 枚方市くずは【整体院プラス】

枕なしの睡眠が合わない時は?

最近は枕にも種類が増え、いろいろな効能をもたらしてくれます。
肩、首こりにはテンピュールなど、ストレートネックに効果のあるという枕が良いでしょう。

肩や首のこりには柔らかめの枕よりも少々硬めの枕が良いでしょう。
ストレートネック枕で人気なのはやはりテンピュール枕です。
少々値は張りますが様々な種類があるので身体に合うものがあると思います。

安眠枕の中でも人気の枕は普通の一般的な枕に比べて値が張ります。
しかし、効能を考えると金額にも納得できるという高評価が多くなります。

また、コリの改善だけを目標にするなら、頸椎矯正枕を試してみても良いでしょう。
矯正枕を使った後は普通の枕で寝てもOKです。
価格は安眠枕などと同じくらいです。

もし、枕なし睡眠で改善がみられない場合は枕自体を変えてみてはいかがですか?
ぐっすり眠ることで夢をみる時間も減り、体を休ませることが出来るようになります。
朝、スッキリと目覚めることもできるでしょう。

引用元-枕なし睡眠は肩こりに効果があるの? | おすすめの首こり枕と解消法

肩こりの原因のひとつであるストレートネックとは

私達の頭部は、約5kgもある非常に重いパーツ。この重い頭を支えるために、首の骨は、緩やかなカーブを描いて重心を保っています。ところが、長時間にわたってうつむき姿勢を続けると、このカーブが失われ、頭部が前方に突き出た状態になってしまいます。これがストレートネック。進行すると首の骨が反ってしまう“後方ネック(頚椎後弯変形)”に発展することも。首のカーブが失われることは、立派な「身体の歪み」なのです。
以前は、独特の姿勢を続けねばならないボクサーやバレリーナに多かったこのストレートネックが、“新国民病”と呼ばれるまでに広がった原因は、現代の生活必需品とも言える「スマホ」です。気付けばスマホを見つめているという女子は黄色信号。このほか、PCと向き合う時間の長い女性や、机に向かい続ける受験生の方も注意が必要です。特に、目線だけでなく首を動かす必要があるノートパソコンをお使いの方は気を付けて。

引用元-スマホで首猫背に!急増中の「ストレートネック」って何?|モテ子BEAUTY

肩こりなど症状別にみる枕が及ぼす影響とは

肩こり
原因:高い枕、不安定な枕

特に枕に安定感がないと、頭がぐらぐらと動いてしまい首の筋肉が縮まった状態になり、肩への血の流れが悪くなってしまいます。

首の痛み
原因:高すぎる枕

枕が原因となっている代表的な症状です。
高すぎる枕は、眠っている間に逆に首の筋肉を疲れさせます。
また、高い枕は気道を狭くするので、いびきの原因ともなります。

頭痛
原因:不安定な枕、低い枕

不安定な枕は頭が安定しないので、首に負担がかかります。
低い枕は、心臓より頭が低くなり頭がうっ血状態になり眠りが浅くなります。

また、枕が合っていないと寝ている間に寝返りを打ちにくくなります。
寝返りは普通一晩に20~30回打つのですが、この寝返りをスムーズにできるかが熟睡のポイントとなります。
寝返りを打つことで、血液やリンパ液を循環させ疲労回復してるんです。

では、一体自分に合って枕ってどうやって選べばいいの?となりますね。
以前から、TVなどで合った枕の選び方みたいなことやってましたよね?
しかし今回は違います!逆転の発想!
枕が合わないのなら、枕を使わない!!です。

この考え方を勧めておられるお医者さんもけっこういらっしゃるようです。
これは枕なしだと身体と首筋が平行になって、頭や首にいく血液がスムーズになって、肩こりや首こりが解消されるというものです。

また、頭に行く決行が良くなるものですから、頭皮に栄養が行きやすくなり育毛にも効果があるということです。

更に、首がまっすぐな状態ですので、首のしわ予防にもなると女性の間では試されている人も多いようです。

枕なしで寝ることのメリットとは

枕を使わないことで体と首筋が平行になり、頭や首にいく血液がスムーズになります。

そのため首こりや肩こりが解消されてリラックスした状態で眠ることが出来ます。

枕は睡眠中正常な姿勢を保つために必要とされていますが、合わない枕を使うと逆に首の角度などに無理が生じてしまい首から伸びている神経を圧迫して体の不調に繋がってしまうケースが多いです。

慢性の肩こりなどに困っていた人が整骨院などで「枕なしでの睡眠を」と勧められるほど枕を使わないことによって得られる効果はあるそうです。

慢性の肩こりや首こりは広く肉体の倦怠感や頭痛などを引き起こす原因ともされています。

枕を使わなくなることで1つでも解消することで健康状態の改善、維持に繋がります。

また全身の血行も良くなり、むくみなどに悩まれる人には良い効果をもたらしてくれます。

睡眠中、喉の圧迫を防いでくれるので首周りに出来るシワが出来にくくなり、シワの防止にも一役買ってくれるので美容効果も期待できるでしょう。

引用元-枕を使わないと健康、美容に良い?枕なしで「いらない」という人が続出? | 美人情報局

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる