アイプチによるまぶたのかぶれは放っておくと大変なことに

目次

アイプチでまぶたがかぶれてしまう原因とは

かぶれた原因のひとつとして、接触していた物になんらかの刺激物質が含まれていたということが考えられます。まずは、アイプチなどの使用を中止し、できるだけまぶたに物が接触しないようにして下さい。一重を見せたくないという気持ちはあるかもしれませんが、症状が悪化してしまってからでは手遅れです。患部を清潔に保ち、あまりいじらないようにしましょう。

応急処置としてできることは、とりあえず冷やしてみること。また、皮膚がかさかさになっている場合は保湿も大切です。良いといわれているのは、馬油やひまし油など。ステロイド剤を処方されることもありますが、肌が弱い方は負けてしまうこともあるそうです。様子を見て保湿剤などを適宜使用するようにしましょう。

皮膚科では、多くの患者がアイプチ使用によるかぶれを訴えて来患しているそうです。単純にまぶたという部位が敏感であるという要因もありますが、アイプチに含まれている「ラテックス」という成分がかぶれを引き起こしている、とも言われています。二重をあきらめきれないという方には、埋没法などのプチ整形か、アイホーンなどのラテックスを使用していない製品がオススメです。

引用元-アイプチでかぶれてしまった方、必見

まぶたのかぶれを長引かせているとたるみが出てしまう

そうなると、瞼の皮膚がゆるんでたるみが出てきます。

そして、まぶたは他の皮膚と違ってとっても薄いので

老化するのは早いですが、たるむとなかなか元に戻らなくなります。

そして、ひどくなってくると、

眼瞼下垂(がんけんかすい)と言う病気なる事もあります。

その病気は、一般的には加齢で

眼瞼挙筋の筋力の低下でなるのですが

アイプチなどで二重を作り続けている人は

そうでない人に比べてまぶたの負担が大きいので

早く老化してしまうのが理由だそうです。

そうなると、手術で治す事になるのですが

切開するので費用もかかりますし、元通りになるとは限りません。

怖いですね。

引用元-アイプチでかぶれたら!迷わない対処法

アイプチでまぶたにかぶれが出たらすぐに使用を止める

アイプチでまぶたが腫れたりかぶれを起こした時の治し方についてですが、まず最初に行うことはアイプチの使用を止めることです。
自分の肌に合わないものを使用していると、更に悪化するだけなので早く治したければ使用を直ちに止めることが大切です。
また腫れやかぶれを繰り返すと、シワが増えたりと目元の老化を防ぐことが出来ません。
また腫れて熱を持っている場合には、清潔な冷やしたタオルなどで冷やします。
冷やすことにより痒みや腫れがおさまり、治りが早くなるからです。
できるだけ早く冷やしてあげることが大切です。
気になるかぶれや腫れなどは、直接手で触らないように擦るべきです。
手などについた雑菌などで更に炎症が酷くなってしまうからです。
できるだけ触らないようにして、薬を塗る際などは清潔な手で触れるようにすることが大切です。

引用元-アイプチでまぶたがかぶれた場合の治し方

アイプチによるまぶたのかぶれは病院を受診しよう

現在は二重まぶたのぱっちりした目が大流行していますから、若い女の子を中心に二重になれるグッズのアイプチが大人気です。
糊や接着剤でまぶたをくっつけて二重に見せてくれますが、これらの成分が肌に負担になってしまうこともあります。
まぶたはとても皮膚が薄くて乾燥しやすいデリケートな部分です。
そこへ肌に負担になる成分を毎日付けていると、何らかの肌トラブルが起きることも多くなります。
また、しっかりとクレンジングで接着剤を落とそうと、つい力を入れてこすってしまうと、さらに肌との摩擦が起きてしまって肌を傷めることにもなります。
アイプチが原因でまぶたがかぶれたり赤くなってかゆくなったり、腫れてしまうこともあります。
このような症状に見舞われたら、すぐに病院で診てもらって治すのが一番です。
ステロイドなどの短期間で症状が収まる薬を出してくれますから、医師の指示に従うようにしましょう。

引用元-アイプチによるまぶたのかぶれを治す方法

アイプチでまぶたにアレルギー反応を起こすことも

主なアイプチの接着剤は、絆創膏の接着剤と一緒で、ラテックスというゴムの成分から作られています。

このゴムの成分でアレルギー反応を起こすと、

アナフィラキシー反応と言って、

全身にじんましんがひろがったり、喘息からくる呼吸困難、血圧低下などの

強いアレルギー反応を起こすことが知られています。

同じラテックスを含む炊事用のゴム手袋で負けたり、絆創膏ですぐにかぶれる方は要注意です。

引用元-ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : アイプチの危険性とトラブル。もしも使ったアイプチが合わないとこんなひどいかぶれをおこすことも

皮膚はいろいろな刺激にさらされていますが、

表面にある角質がそれらの刺激の侵入を妨げてくれているのです。

しかし、まぶたの皮膚は非常に薄い皮膚なので、角質も弱いのです。

まぶたの皮膚をつまんでその薄さを比べてみてください。

ほっぺたやおでこ、口などの皮膚と比べてみると非常に薄いことがお分かりになると思います。

比例してまぶたの角質も薄いために脆弱で、

しかも瞼には皮脂腺もないので、乾燥によりさらに角質は傷みやすいのです。

引用元-ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : アイプチの危険性とトラブル。もしも使ったアイプチが合わないとこんなひどいかぶれをおこすことも

twitterの反応

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる