ブログから学ぶ食生活改善 美容や健康について

ブログで学ぶ 食生活改善の基本とは

食品表示の確認

食生活の改善を始めるにあたって、習慣にしてほしいことがあります。 それは、『手に取ったものの食品表示を必ず確認すること』です。

これを読んでいるあなたは、以下のようなものばかり口にしていませんか?

・コンビニのおにぎりやサンドイッチ
・コンビニのお惣菜
・チョコレートやケーキ
・ジュースやコーヒー
『売られているもの・よく買われているもの=安全』とは限りません。 いつも口にしているものが何から出来ているのかをきちんと知る必要があります。

また、コンビニで売られているものにはほとんど添加物が入っています。 食品を長く置けるように、防腐剤やphp酸化剤などたくさんの余計なものが含まれているのです。

食事内容を見直すためには、『自分が何を食べているのか』を知ることが第一歩となります。 ぜひ、手に取ったら裏返す!ということを習慣にしてみて下さい。 「えっ!!こんなものから出来てるの…?」と買う気が失せてくることもありますよ。

基本の食事バランス

次に具体的な食事内容です。 食事改善を行うに当たって、毎回のメニューに以下のことを組み込むようにしてください。

・たっぷりの良質なタンパク質
・低GIの野菜と穀類(炭水化物)
・良質な油
ダイエットでは、カロリーよりも血糖値が重要です。 血糖値の上がり下がりが激しいと、体に負担が来ます。食べ過ぎにも繋がります。 低GIとは、この血糖値の上下が少ないということを意味します。

例えば、わたしは以下のような食生活を意識しています。

わたしの食生活 朝食:少しでも摂るようにして、血糖値を維持してインスリン値を低く保つ
昼食:タンパク質と穀類中心に摂る
夕食:野菜を意識的に摂る

引用元-わたしが試したダイエットのための食生活改善方法!項目別まとめ。 – RUKALOG

痩せるための食生活改善でダイエットにチャレンジしよう

自炊が一番

健康にもダイエットにも一番いいのが自炊です。自炊だと作った料理に何を使ったのかが自分で分かるので、味の調節(塩分や糖分の調整)もできますし、油分なども自分で調整ができます。

炒め物などはテフロン加工のフライパンを使えば油は必要ないのでそれだけでカロリーカットになります。忙しい中、自炊は難しいという場合は仕事が休みの日だけでも自炊に切り替えてみるというのもいいのではないでしょうか。

ご飯前にできること

食事で野菜もの(サラダなど)がある場合は、それを先に食べると普通に食べるより太りにくいと言われています。酵素のある食品を先に食べてから食事をするのは消化にもよく、案外満腹感も出てきます。

あと野菜ものがあまりない場合は、ご飯前に豆乳をコップ1杯飲むと美容・栄養的にもいいですし豆乳の消化で胃が満腹状態になり食事が自然と減らせるとも言われていて効果的です。

食事で気をつけること

ちょっとしたことに気をつけるだけで太りにくい食生活ができます。サラダでもマヨネーズやドレッシングをたっぷり使うのではなく、ノンオイルドレッシングやポン酢を使うとカロリーがかなりダウンします。

ラーメンもスープを残せばかなりのカロリーダウンです。肉料理でもロースよりヒレ肉を選べばそれだけでカロリーも低いですし、炒め物なども肉だけを炒めるのではなく野菜を入れれば栄養的にもよくなります。

引用元-食べたいけど…痩せたい女の為の食生活改善でダイエットチャレンジ | 女性の美学

食生活改善で便秘も解消

健康な腸を保つには食生活も関係しています。食材の中でも特に腸に良いものがあります。それは「油」です。油は腸内で吸収されにくく長くとどまるため便の滑りが良くなり出やすくなります。

油の中でも特に効果的なのが「オリーブオイル油」です。オリーブオイルにはオレイン酸という物質が多く含まれています(普通の油と比べて約2倍)。

オレイン酸は小腸で吸収されにくいので大腸に残り、それが便の元と混じって滑りを良くします。乳化作用もあって排泄物を軟化することで腸の運動も良くします。

オリーブオイルをそのまま飲むのは...という方は15㏄(大さじ1杯)を納豆やバナナにかけて食べるのがお勧めです(摂り過ぎには注意)。

便秘には食物繊維を摂れば良いというのは聞いたことがある方もいるかと思います。食物繊維は腸にとって大切ですが、正しい摂り方があります。

水溶性といって水に溶ける食物繊維、バナナ、リンゴ、アボガド、納豆(大豆が発行して水溶性に)などがあって、便を柔らかくする働きがあります。

不溶性といって水に溶けない食物繊維、かぼちゃ、さつまいも、大豆、きのこ類などがあって、腸の運動を活発にして便のかさを増す働きがあります。

重要なのはこの2種類のバランスです。水溶性:不溶性・1:2です。

引用元-便秘の原因は腸の形(ねじれ腸)!解消、改善体操方法や食生活! | 健康オタクのブログ

ブログでも多く取り上げられる食生活改善による肌荒れ解消

最近では、食文化の欧米化が目立ちます。

牛、豚などに肉がメインとなる食生活で、脂質を大量に体内に取り込むことになりました。牛肉や豚肉、バターや脂身などの動物性の油は、腸内で腐敗しやすく毒素の元になります。

動物性油脂は控えめにして、植物性油脂を積極的に摂取していきましょう。割合としては、5:1のバランスで摂取するとよいです。動物性油脂を抑えながら、定期的に魚を食べ、摂取量を調整するのです。

ニキビを治療に理想の食生活は「和食」です。

和食には、「動物性油脂」がほとんど使われておらず、様々な野菜を摂取できます。ごはんを主食とした、煮物、味噌汁、納豆や塩鮭など沢山のおかずで、バランスのよい食事をとることができるのです。

根菜や青野菜には食物繊維が豊富で腸の毒だしをしてくれます。豆類には植物性タンパク質が多く、肌の修復の手助けをします。

野菜や果物にはビタミンが豊富で美容によい成分です。鮭には、酸化を防いで美肌をキープするビタミンEがたっぷり含まれています。

玄米は、滋養に富み食物繊維が多く含まれているので便秘解消になります。発酵食品である納豆は、大腸の働きを助ける大切な食品です。

「ナットウキナーゼ」と呼ばれる成分が血液をサラサラにします。納豆を頻繁に食べると、全身の血液浄化に繋がるのです。漬物には、ビタミンB群や乳酸菌が含まれているので、野菜の吸収の手助けをしてくれます。

醤油や味噌、納豆、漬物などの発酵食品は、酵素が腸をきれいにしてくれます。栄養価も抜群です。粗食を中心に1日1杯の青汁で食生活は完璧です。

ニキビだけでなく、健康にもよい「和食」をぜひ生活の中に取り入れてみてください。

引用元-ニキビを完治させる食生活の基本!

疲れやすい人は食生活を改善してみよう

外食ばかりで、食生活が偏っているということは無いでしょうか。基本的に野菜不足という人がとても多いと言われているのが、現状です。野菜不足の場合は酵素が不足して、結果としては疲れやすいということになりがちです。

そういう人の場合には、サプリメントなどで野菜不足を補うことが必要かもしれませんどうしても自炊が出来ず、外食が多いということであっても、野菜を摂取することをまずは意識してみましょう。

酵素は元々体にあるものですが、年齢とともに減少傾向にあります。そのため体が酵素を作りだせなくなってくるのです。そのため外から補う必要が出て来ます。

サプリメントが一番手軽ですが、現在の食事において摂取できるようでしたら、野菜の摂取を心がけましょう。もちろん野菜だけではなく、バランスよく食べるということが一番大切です。

引用元-疲れやすい体質を劇的改善!5つの習慣でエネルギッシュな毎日を! | Dreamer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA