顎の下にしこりが!痛い症状や腫れはリンパが原因?

顎が痛い様々な症状について

顎のリンパ痛みは、歯の痛みや感染症と深いかかわりを持つので、歯リンパ腺とも呼ばれています。

顎のリンパ腺が腫れると、口を動かしたり物を飲み込んだりする時に異物感を感じるので、とても不便になります。
また、痛みが強いと顎を動かすこと自体ができなくなります。
このため、異常に気付いた時には慎重に観察し、治まらないようなら医師の診察を受ける事が必要です。

顎のリンパ痛みはその他に、風邪などの細菌やウィルス、口内炎で発生する事もあります。
顎のリンパ腺は自分でも触りやすい部位ですから、日頃からお風呂の際などに気を着けておくとよいでしょう。

引用元-リンパ痛み顎について解説

顎の下のしこりはリンパ腺の腫れが原因?

顎の下にしこりがあるのを発見すると、怖い病気ではないかととても不安になりますね。しかし、そのほとんどはリンパ腺の腫れによるものです。

首にはリンパ腺が集まったリンパ節がいくつもあります。リンパ腺に細菌が侵入するなどして炎症を起こすとリンパ節が腫れます。

 

顎の下にある顎下リンパ節は風邪や歯の炎症(虫歯や親知らずの痛み)、ストレスなどから腫れることが多いです。

原因に思い当たる場合は、まず原因治療から行いましょう。風邪が治ると自然に腫れは引きます。そして虫歯や親知らずの治療が進むと腫れが引いていく場合も問題ありません。

 

ストレスが原因の場合は判断しかねますが、しこりが大きくなったり、他に発熱や倦怠感や体重減少などの症状があったり、痛みが増していくといったことがなければ問題ありません。

生活リズムを見直し適度な運動をするなどしてストレスを解消しましょう。

引用元-顎の下のしこりが痛い!考えられる5つの原因とは?

人間の体内にある免疫系のひとつ、リンパ

リンパは人間の体内にある免疫系のひとつで、体内に張り巡らされたリンパ管と、要所に位置するリンパ節とからなります。

血管系統との違いは、体内を循環するのではなく一方通行であること。

全身から回収されたリンパ液は、リンパ管を通って左鎖骨下で静脈に入りますが、そのところどころに関所のように存在し、リンパ液をクリーンにし、何か問題があるときには免疫系を発動させる役目を果たすのがリンパ節です。

リンパ液は毛細血管から体内組織に染み出した液で、古くなった細胞などの不要なもの、またウイルスや細菌などを処理する役割があります。

リンパは筋肉の収縮によるポンプ作用で移動しますが、血液とは違ってとてもゆっくりとした流れです。

リンパ液内の有害なものをブロックする役割をもつリンパ節は、人体にとってとても大事なものなのです。

引用元-顎に突然しこりが?!その痛い原因はリンパが腫れているのでは? | 幸せアンテナ.com

顎の下のしこりの対処法について

体調管理をする

顎の下のしこりが一時的な腫れによるものや、良性腫瘍の場合です。悪性腫瘍が疑われる場合や長引く場合については、病院を受診することをお勧めします。痛みがひどい場合も無理には行わないでくださいね。

風邪で免疫力が落ちていたり疲労で体力が落ちていたりすると、リンパ腺炎症や口内炎など顎付近にも影響が出ることがあります。原因を切り分けるためにも、まずはしっかりと体調管理をしましょう。疲労しきっている時は無理をせず安静にして、十分な睡眠と栄養を取るように心がけてください。

日常生活は普通にできる程度の体力がある場合は、40度前後の湯船に浸かりリンパマッサージをしたり、適度な運動で血液の流れと共にリンパの流れを良くしましょう。代謝が良くなることで吹き出物なども改善できることがありますし、ガングリオンが小さくなったり自然に治ってしまうこともありますから、ぜひ試してみてくださいね!

病院を受診する

体調管理をしても一向によくならない、原因と思われるものに対処しても一向によくならないという場合は、無理に自分で治そうとせずに病院を受診してください。不安や症状のストレスを抱えつづけておくのは他の病気の引き金にもなりかねませんし、自分で出来ることには限りがあります。1~2週間しても良い方向に向かわない場合は、諦めてお医者様の力を借りましょう!

・何科を受診すればいいの?

ここまで紹介してきたように、顎の下にしこりができる原因は様々です。どの科を受診すればいいのか非常に悩むことと思います。虫歯であれば歯科医院で構わないのですが、基本的には耳鼻咽喉科を受診しましょう。ただ、問診と薬の処方だけを主にしている病院ですと対応できないものもありますので、少し設備の整っている耳鼻咽喉科か総合病院を受診してください。

引用元-顎の下のしこりの原因を紹介!痛みがある場合は病気? | Hapila(ハピラ)

顎が痛い原因は外耳炎であることも

外耳炎の症状というのは、大体の場合には耳の痛みという症状ですものなのですが、まれにほかの部分に痛みを起こすということがあります。
今回は、「外耳炎と顎の痛み」について説明をしていきたいと思います。
外耳炎になることで外耳道が炎症を起こします。
これが顎の痛みにつながるものになってきます。
では顎が痛くなるという症状でいくつか原因がありますので説明を始めたいと思います。
耳とうのは、横にリンパ腺が通っています。
これは皆さんも知っていることかもしれませんが、リンパ腺というのは、腫れることで痛みを帯びます。
これが外耳炎とどのような関係があるのかというと、外耳炎の炎症がリンパ腺に影響を与えるということがあるということです。
そのため、外耳炎によりリンパがはれ上がり、顎が痛くなるということがあります。

引用元-外耳炎で顎が痛くなることがあるの?

twitterの反応


https://twitter.com/kuonreki/status/735875279076220929
https://twitter.com/riiiiin_1O15/status/735257317038395392


https://twitter.com/chimisono/status/735000773105319936


https://twitter.com/____BLUE83/status/734377472855150592
https://twitter.com/mikkie_cweb/status/733894992452673536

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA