足の裏の痛い魚の目の取り方とは?

足の裏に魚の目ができる原因とは

魚の目を発症する大きな原因の1つに足に合わない靴を履くことがあります。例えば、足の横アーチが低下した状態で歩く、足の内側や外側に過度な体重をかかる、薄いソールのパンプスやサンダル、ミュールを履いて舗装道路を歩くことです。
サイズが合わなかったり、無理して小さめの靴を履き続けてしまうと、足を必要以上に圧迫し、角質が硬くなり、魚の目になりやすいです。
外反母趾などで足に変形があったり、偏平足などで歩き方に癖があり、足の内側や外側に偏った力が加わることも同様に皮膚に負担をかけることになります。

引用元-魚の目の治療法!発生原因である芯を除去しないと再発する|メディチェ

中でも親指や小指部分にできる魚の目は、外反母趾と併発する場合が多いので、特に締め付けるような靴には要注意です。
また、男性より女性の方が魚の目になりやすく、さらに子どもの方が魚の目ができやすい原因は、成長期に問題があります。
足がどんどん大きくなってしまうため、大きさに靴が窮屈になったり、大きくなるからと大きめのサイズの靴を履かせることによって、サイズが合わなくなってしまい、魚の目ができやすくなります。

引用元-魚の目の治療法!発生原因である芯を除去しないと再発する|メディチェ

足の裏の魚の目の取り方 自宅で治す方法とは

市販薬を使う
《スピール膏・イボコロリなど》
硬くなった角質を柔らかくするサリチル酸が配合されたものです。サリチル酸を塗布する事で、皮膚の角質層が腐食します。その下では新しい皮膚が作られ、腐食した部分が取り除けるようになるものです。
1日に数回患部に塗布したり、一定の期間貼ったままにします。魚の目が大きい場合は、柔らかくなったところを、少しずつ取り除いていきます。商品には液体やテープなど種類がいくつも出ていますので、自分が使いやすいものを利用しましょう。

悪化を防ぐ
《うおのめパッド》
今以上に悪化しない為のものです。魚の目の部分に貼って圧迫から守ります。これでまだ軽いものなら、軽快する場合があります。

してはいけない処置
《自分で削る・軽石で擦る》
ハサミやカッター、軽石などを使い自分で芯を取ろうとするものです。でも芯は思ったより深く入り込んでいます。その為、自分では芯を完全に取り除く事ができないばかりか、正常な皮膚を傷つける事になる場合もあります。また細菌感染を起こす事もあるので、削ったり擦って治そうとするのは止めましょう。

引用元-魚の目の正しい取り方・治し方、知ってますか | いしゃまち

魚の目を自分で取る時の注意点とは

パッドタイプの市販薬は、なるべく小さく切って、芯の部分にだけ貼るのがポイントです。大きすぎると、周りの皮膚がやわらかくなってしまい、歩くときに芯が余計に当たりやすくなることがあるので注意しましょう。

1度で取れないときは、無理に削り取ろうとしないこと。無理矢理ほじくり返すと、炎症を起こすこともあります。また、芯が奥深くまで入り込んでいて、痛みが激しいような場合は、セルフケアで何とかしようとせず、皮膚科を受診することをオススメします。

糖尿病の人も、セルフケアは控えたほうが良いでしょう。というのも、糖尿病で神経障害を合併していると、足の感覚が鈍くなるので、魚の目のセルフケアをするときに、皮膚を傷つけてしまうことがあるのです。糖尿病の人は、傷の治りも遅くなるので、傷口から細菌が入ると、壊疽を引き起こす危険性があります。

引用元-自宅でできる、魚の目の芯の正しい取り方|メンズスキンケア大学

足の裏の魚の目の治療とはどんなものなのか

魚の目の治療には、自宅でできる治療と皮膚科での治療があります。

自宅で行う場合は、薬局で売っている貼り薬を使います。
皮膚科での治療は、程度にもよりますが、ひどければレーザーやメスを使った外科的治療になります。

魚の目は、たこと違って内側に向かって症状が起きているので、外から角質を削っても痛みは解決できません。
できてしまった芯を取り除くことが治療の目的となります。

軽い症状なら自宅ケアでもよいですが、芯をしっかりと取り除かなければ完治ではありません。
魚の目の芯は意外と深くて長いものです。自宅で数回試してみて、うまくいかないようなら、皮膚科を受診することをおすすめします。

引用元-足にできる「魚の目」と「たこ」違いは?治療と予防

魚の目が足の裏などに出来ないように予防しよう

予防は足の保護が大事
タコや魚の目が出来ないように予防するには、まず足の裏の保護が大事です。
特に日頃履いている靴を見直すことが、予防の最善策となります。

女性が好んで履くハイヒールやサンダルは、足を綺麗に見せるための履物で、足をいたわる履物とは言い難いものです。
中敷きも付いてないし、中底は靴底と同じくらいに硬いため、裸足で歩いているのと変わらないくらいの刺激が足の裏に掛かっているのです。
たびたびタコや魚の目に悩まされている人は、柔らかい中敷きを入れるか、履いていく靴の種類を変えるといった対策を取ることが予防と治療に繋がります。

治療は医師の診断を仰いでから
タコ・魚の目の治療は、まず皮膚科を受診して医師に診断してもらうことが大事です。
前述したように、ただのタコ・魚の目だと思っていたらウィルス性のイボだった、となれば下手に自己治療をすれば患部が拡大するというように、裏目に出てしまうことがあるからです。

タコや魚の目の治療の基本はスピール膏などのサリチル酸を配合した薬品を患部へ塗布する、というものです。
サリチル酸は皮膚を腐食する作用を持っていて、タコや魚の目のように硬化・肥厚した角質の除去に適しています。
しかし、健康な皮膚も腐食してしまうので患部からはみ出ないように塗布しなければなりません。

魚の目の正体がウィルス性のイボであった場合は、外科手術で除去することになります。
液体窒素を使って患部を凍結させたり、電気メス・レーザーを使って患部を焼き切るといった荒っぽい方法になりますが、感染拡大を防ぐには効果的です。

引用元-実は女性に多い魚の目はどうやって防ぐ?そして治す?|Women’sフットケア

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA