肩甲骨や鎖骨が痛いのはただの関節炎?

目次

左右の肩甲骨が痛い原因とは

左の肩甲骨の痛みの原因

左側の肩甲骨が痛む原因は、ずばり身体の歪みです。
毎日の生活の中で、無意識に行っている身体の癖から、身体が歪み、肩甲骨への痛みにつながります。

また、痛みの原因は直接肩甲骨ではないことも多く、首など離れた位置から来ていることも少なくありません。

私の場合も、肩甲骨をいくら刺激してもよくならず、鎖骨にある筋を押すと痛みが和らぎました。

右の肩甲骨の痛みの原因

右の肩甲骨の痛みの場合も、姿勢の悪さからくる身体の歪みが原因があります。
しかし、それとは別に、内臓からきている可能性もあります。

肝臓が疲れ切っている場合、右の肩甲骨付近の筋肉が凝り、痛みが出ることがあります。
肝臓が疲れる原因は、アルコールの摂りすぎや、暴飲暴食などが考えられます。

内臓が原因となると怖いですね。。。

引用元-これで肩甲骨のしつこい痛みとお別れ!左右の痛みの違いとストレッチ法 | 楽しい毎日

肩甲骨と鎖骨は体を支える大事な部位

骨盤は「体の土台」なんて言われますが、肩甲骨+鎖骨も土台となる場所。首や顔、頭、そして脳を支える体の要所です。頭から胸にかけての血液やリンパの流れ、呼吸、神経の働きにも多くの影響をおよぼしうる部位です。

「私の骨盤、ゆがんでますか?」と聞く人はいても「私の肩甲骨や鎖骨、ゆがんでますか?」と聞く人はいません。それほどこの考え方は一般的に広まっていませんが、肩甲骨+鎖骨はとても大事な場所です。

最近は、デスクワークや運動不足の方も多く、この肩甲骨+鎖骨や胸まわりが歪んだり、左右差が大きいかたもよく見かけます。肩こりや四十肩、五十肩、腕の痛みやしびれにも関係しているのでは?と思える患者さんも多くいらっしゃいます。

引用元-もう一つの骨盤 「肩甲骨+鎖骨」の話 – 千鳥整体漫録

肩甲骨とつながる肩鎖関節が痛い 炎症の原因について

肩鎖関節炎の原因

肩鎖関節炎はほとんどが外傷性のトラブルのようです。
相手とぶつかる事の多い格闘技やラグビーなどのスポーツで頻発する肩鎖関節脱臼がその原因の大半を占めています。

また重量物を取り扱う仕事では、両方の肩鎖関節に炎症がおこることもあります。
特にある程度重さのあるものを肩より高く持ち上げる作業を繰り返すと起こったりするようです。

激しい運動や肉体労働ではなくても、右肩だけに起こる肩鎖関節炎もあります。
いわゆるマウス症候群の一つの症状で、マウスを多用することで右肩の肩鎖関節に炎症が起こると言うものです。

このように肩と鎖骨の関節に炎症が起こった場合、まず外傷性のものばかりですので、感染症やアレルギーなどの心配は少ないでしょう。

スポーツや大きな強度の作業で傷めた場合は整形外科や整骨院へ行かざるを得ません。
外傷性だとわかっている時は、他に悪影響が出ていないかを確認する意味でも病院には行っておくべきです。

一方、マウス症候群の場合はPC作業を行う環境を見直すことで改善が期待できます。
パソコンデスクのような、デスク面より一段低くて手前に引き出せるキーボード・マウス台を用いるのがベストです。

マウスとキーボードをできるだけ手前で使うマウスの高さは、肘を90度に曲げた時に自然につかめる高さ
・身体を傾けない
・首は真っ直ぐにする
・画面の上端と目の高さを同じにする
・電話中には可能な限りマウスから手を放す
・適宜運動をする
これらを意識することでマウス症候群による肩鎖関節炎は改善・解消されるでしょう。
必要に応じて鎮痛湿布薬を利用するのも、急性期には有効な対処法です。

こうした原因がないのに痛みがある場合、睡眠中の姿勢に原因があるかもしれません。
朝起きた時に一番痛みが強い場合はそれを疑ってみるのも一つです。

ただ、寝る姿勢によって起こるのは、むしろ、胸鎖関節炎の方が多いようです。

これらのどれにもあてはまらず、他に何の原因も見当たらないのに痛みがあると言う場合は「総合病院の整形外科」で受診をお勧めします。

診察の上、整形外科自体を含めて適切な診療科へ回してもらえるでしょう。

鎖骨や肩甲骨も痛い掌蹠膿疱症骨関節炎とは

掌蹠膿疱症とは

掌蹠膿疱症とは
手のひらや足の裏などに水虫のような無菌性の赤い点々や小さい豆状の水ぶくれができる病気です。この水ぶくれが膿疱症です。この膿疱は数日で乾燥し1週間で皮がむけます。
その後、皮膚にひび割れが出来てくると同時にかゆみがでるという慢性の経過をたどるため、早期に適確な診断と治療が必要です。
今まで、診断がなかなかつきづらく治療方針もはっきりしない「難病」に近い病態です。
掌蹠膿疱症骨関節炎とは
この掌蹠膿疱症の合併症です。
胸骨、肋骨、胸鎖関節などに炎症を起こし、激しい痛みを伴います。

引用元-掌蹠膿疱症/掌蹠膿疱症性骨関節炎 | 霞が関アーバンクリニック

掌蹠膿疱症骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)の見つけ方について

掌蹠膿疱症性骨関節の見つけ方なのですが、
たまたま、僕の場合は
手のひらにぶつぶつなどが出来ていたので
病院に受診したところ
掌蹠膿疱症と診断されて
そこから掌蹠膿疱症性骨関節炎だということが
分かったのですが、

 

掌蹠膿疱症性骨関節は、
実は、手のひらなどにぶつぶつが無くても
手のひらの皮がめくれたりしなくても
肩甲骨や鎖骨、頚椎の痛みだけの場合もあります。

 

つまり、掌蹠膿疱症は発病せず、
掌蹠膿疱症性骨関節炎だけが発病する。

このケースもあります。

 

そのため、もし、あなたの肩甲骨が呼吸するだけでも痛いと感じ、
病院で検査をしても、痛みの原因が判明しない場合は、

掌蹠膿疱症性骨関節炎も疑ってみてください。

引用元-肩甲骨付近が痛い!呼吸するだけでも痛む。この症状の原因は? | 掌蹠膿疱症はこの治療方法で完治する!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる