1日の中で入浴後にストレッチをするのが一番効果的?その理由とは

目次

入浴後のストレッチが効果的な理由とは

ストレッチをするならお風呂上りが効果的。お風呂に入りからだが温まることで、筋肉がほぐれ柔らかくなっているからです。筋肉が柔らかい状態になると、からだが硬くても無理なくからだを動かせます。からだへの負担も少ないため、気持ちよく動作を行えるのです。

また、お風呂上りは血行がよくなっているため、ストレッチ効果を得やすいことも理由の一つ。血行がよくなることで脂肪燃焼効果が高まるので、より痩せやすくなります。

引用元-入浴後の20分以内が大事!効果的な太もも痩せストレッチの方法 – モデルプレス

入浴後のストレッチは柔軟効果が高くなる

あなたの体は固いですか?それとも柔らかいですか?
じつは、体の柔らかさというのは痩せやすさにも関係していて、体の固い方は柔らかい方に比べると太りやすいんだそうです。
というのも筋肉は、体を動かすだけじゃなく血液を流れやすくするポンプの役割もしています。体が固いということは筋肉が固いということで、筋肉がポンプの役割がはたせず血流が悪くなり、代謝が落ちてしまうんですね。
また、体が固い方の体の稼働域は、柔らかい方の稼働域と比べると狭くなり、同じ運動をしていても体の固い方の方が消費エネルギーが少なくなります。つまり体が固い方は、柔らかい方より運動をしても痩せにくいということなんですね。
ということで、体の固い方は少しでもストレッチをして体を柔らかくして、少しでもダイエットしやすい体を作った方が良いんですが…。私も体を固いので分かりますけど、体がガチガチな状態でストレッチなどの柔軟体操をすると、とにかく痛くてたまりません。本来なら、その痛みに耐えてこそ体が柔らかくなるんでしょうけど、正直難しいです…。
そこで、固い体を柔らかくするには、お風呂上がりにストレッチをすると良いんですよ。
お風呂に入れば体が温まり、固くなっている筋肉がほぐれ伸びやすくなります。なので、お風呂上がりにストレッチをすれば、筋肉が伸びやすく柔軟効果が得られやすいんですね。
少しでも痛みを和らげて柔軟効果が得られやすいお風呂上がりのストレッチ。やってみて損はないですよ。

引用元-楽して痩せる!お風呂上がりのストレッチでダイエットする方法7選| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

ストレッチを効果的に行うために

ストレッチをする時は、リラックスした状態で、身体の力を抜いて無理な負担をかけないようにしましょう。

正しい姿勢で、息を吐きながらゆっくりと筋肉を伸ばします。

その時にどの筋肉を伸ばしているかを意識することがポイント。

身体が硬い人は、無理して痛くなるまで伸ばさないように。

痛くなる直前で止めるようにしましょう。

伸ばしきったら、その状態で約10秒間静止します。

筋肉が緊張してしまうので静止した時も息は止めないように。

その後は、息を吐きながらゆっくりと元の状態に戻していきます。

基本はこの繰り返しですが、気をつけたいことは、身体の反動を使わないことです。

反動をつけてストレッチをすると、筋肉が必要以上に伸びてしまい、筋や腱を痛めてケガにつながることもあります。

無理せず、自然な状態で行うことが大切です。

入浴後のストレッチのポイントと注意点について

自律神経の整ったお風呂上がりのストレッチは、
さらに体の代謝を上げ、痩せやすい体を作ることができます。

お風呂上がりのストレッチは、
体が温まっているうちに始めるのがポイントです。

ただ、注意してほしいのは、
十分な水分を補給しながら行うことです。

お風呂上がりの体は水分が不足しているので、
補給しないと脱水症状を起こしてしまいます。

血流をよくするためにも、
常温、または人肌の水を飲みながらストレッチしてくださいね。

引用元-ダイエットを促進するお風呂上がりのストレッチ5選|効果やタイミングは? | 今これが知りたい!旬な情報のトリセツ

1日の中で入浴後から寝る前までにストレッチをするのが1番効果的

眠っている間、軽い寝返りくらいはしても基本的にはじっとしていますよね。
筋肉や関節は、動かさずじっとしていると硬くなるという特徴があります。
そのため朝一番は一日のうちで一番体が硬い状態です。
 
例えば、朝起きた時に腰が痛くても動き出すと痛みが治まってくるという経験をされた方もあるでしょう。これは寝ている間に硬くなっていた筋肉が起き上がって動くことでほぐれ、それが痛みの軽減に繋がっているということです。
そのため、朝起きてすぐのストレッチは、体を動かすための準備としてはいいのですが、筋肉を伸ばす・柔軟性を向上させるという視点で考えると効果的ではないと言えます。

一番良いのは、夜の入浴後から就寝までの間です。
入浴により体が温められた状態は筋肉も一番リラックスしており、なおかつ就寝までの時間というのは、気持ちも落ち着いてきている時間帯です。
活動しているときは交感神経が活発ですが、お風呂に入って精神的にもリラックスした状態の時には副交換神経が活動します。
その時間にゆっくりとストレッチをすることで、より副交感神経が刺激され、心地よい眠りに繋がりやすいのです。
 
また、寝る前のストレッチは一日使って疲労した筋肉のメンテナンスとしての効果もあることからもお勧めです。
このことから、ストレッチに効果的な時間は寝る前と言えるでしょう。

引用元-ストレッチのウソ?ホント?ストレッチを行う時間帯や頻度、効果的な使い分けなど、疑問ポイントを一挙解明! – Column Latte

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる