尿の色の異常について白い尿の原因とは?

尿の色が白い時は細菌や血球が混ざっている場合がある

白色の尿が出る時は、尿の中に細菌や
赤血球、白血球など色々な物が混ざって
しまっています。
なぜこのような症状になってしまうのかと
いうと腎臓や尿路が炎症を起こしてしまって
いるからなのですぐに病院に行って
診てもらってください。
そして濁っている時は膿が出てきて
いる可能性があって淋病や尿道炎に
かかっている場合もあるので注意して
くださいね。
今この記事を書いていても怖くなって
きてしまっていますが、病院で診て
もらうのが一番ですからね。
そして妊婦さんにも多く出る症状で
赤ちゃんが大きくなってきて膀胱を
強く圧迫されてしまい炎症を起こして
細菌が入ってきてしまうのです。

引用元-正常な尿は何色?色の種類によって体調が違うので原因をチェック! | サラカフェ

尿の色が白いのは病気?

東京都葛飾区にある新小岩なか内科さんによると、シュウ酸を多く含む食品や動物性のたんぱく質を多くとることによって、尿の中にシュウ酸カルシウムの結晶が出来て、尿が白い状態になるとのことです。

一時的な症状であれば、特に問題はないとのことですが、症状が続く場合は尿路結石ができやすくなる可能性がありますので、すぐ病院に受診をオススメします!!

では、シュウ酸が多い食品や動物性たんぱく質が多い食品ってどんなものがあるのか?気になりますよね!リサーチしてみました。

シュウ酸が多い主な食品

ほうれん草
キャベツ
レタス
サツマイモ
なす
小松菜
大根おろし
たけのこ
コーヒー
紅茶
チョコレート
バナナ
ナッツ類
基本的に野菜には多くのシュウ酸が含まれていますが、調理法や食べ合わせによって、シュウ酸を取り除くことが出来ます。

シュウ酸は水に溶けやすいので、野菜などは煮て、アク抜きをすることで、シュウ酸を70%カットすることが出来ます。

また、シュウ酸はカルシウムと一緒に摂取することで、便と一緒に体外へ排出されます。

引用元-尿が白い!あの濁りは病気?糖尿病? | トレンド総合ニュース

尿の色が白い原因として考えられる膀胱炎と腎結核について

白い尿の原因:膀胱炎
 
膀胱炎は女性に多く見られる病気の1つで、大腸からの細菌が膀胱内に侵入することで、炎症を引き起こしてしまいます。トイレが近くなったり、排尿時に痛みを伴うなどの症状に困ってしまう女性は、少なくありません。尿道が短い分、女性の方が膀胱炎にかかりやすいので、清潔にするように心がけましょう。
 
膀胱炎になって白い尿がでるのは、細菌感染による白血球の影響です。膀胱炎にかかった時は、医師の診断を受けて、きちんと薬を飲んで対処しましょう。
 
白い尿の原因:腎結核(じんけっかく)
 
昔は不治の病とも言われた、肺結核。結核菌が血液中に流れて、腎臓まで到達してしまうと腎結核(じんけっかく)を引き起こしてしまいます。実は、この病気はなかなか気づきにくいと言われています。
 
けれども、1つだけ目立つのは「尿の白いにごり」です。腎結核が進行すると、膿が溜まって尿の中に膿が流れ込んでしまうことから、白く濁ってしまうのです。

引用元-尿の色が白いのは、病気のサイン?

尿の色にも変化がある尿路結石の症状について

尿路結石の症状

腎結石

鈍い痛み・・・(ほとんど症状は出ないので、発見しにくい) 尿の色もオレンジ色などで、なんとなく尿が濃い感じ?
尿管結石

尿路結石の中でも、特に痛いのがこの尿管結石! 結石がある側のわき腹から下腹部にかけて、突然、刺すような激しい痛みが起こる。(痛みは2・3時間続く) 濃い血尿・吐き気などを生じる場合もある。
膀胱結石

尿管結石ほどの、激しい痛みはないが、下腹部がチクチクと痛くなる。また、膀胱に結石があるために、トイレが近くなる。
尿道結石

尿を排出する時に瞬間的な痛み、血尿が出る。

引用元-病気の話 | 救急病院・労災指定 医療法人(社団)大和会 日下病院

尿の色や性状の変化について

尿の性状ですが、一般に尿の中は無菌状態なので黄色~淡黄色をしており透んでいます。何らかの障害で腎臓のろ過機能が低下したり、腎臓や膀胱内に炎症があると、この性状に異常が生じます。
例えば、皆さんが体験される性状の異なった症状に、尿の濁った状態(混濁尿)があります。白く濁ったり、中にはふわふわとした白い綿のようなものが混ざっている時がそうですね。
手軽なチェック方法は、透明なコップに尿を入れ、底がきれいに見えなければまず、混濁尿でしょう。これは、腎臓や膀胱の中に血液や膿、細菌などが存在し、尿中に含まれる現象です。この原因疾患としてよく耳にするのが膀胱炎や尿路結石があります。
『血尿』は、腎臓から尿道口までの間に何らかの原因で出血がおこり、尿の中に血液が混じった状態をいいます。この血尿には程度があり、ハッキリと見た目でわかるものと顕微鏡のように精密な機械で発見するものとがあります。ですから色も真っ赤に染まるものや、少し色の変わったレンガ色のものもあります。
また、「出血しているから痛みがある」とも限らず、「あれ?どうも無いのになぜ血が?」と思うことも多いようです。しかし、尿の中に血が混ざっているわけですから当然見た瞬間驚きますし、また怖いなど不安になる症状の1つでしょう。

引用元-腎臓について – 泌尿器科 – 家庭の医学シリーズ – 藤元メディカルシステム

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA