腸閉塞になった場合の入院期間はどのくらい?

目次

腸閉塞になった場合の治療と手術について

治療の種類について

その種類としては2種類あります。

鼻からイレウス管という吸引チューブを胃や腸まで入れて、小腸の中にある嘔吐の元となるモノを体の外に出して、腫れが引いてくれるのを待ちます。おならや便が出るようになれば、一応治ったことにはなります。

しかし、腸が詰まった原因は治らないのです。よって、そのクセが残って再発してしまうというリスクというものは残ってしまいます。この方法で効果が出ない場合や緊急の場合は開腹手術という方法をしていかなくてはなりません。

手術の方法とは

手術での治療は、お腹の下腹部にあたるところの開腹手術となります。開腹ということはお腹をメスで開く手術です。

1度でもこの手術を受けたことがあれば、その部分ではないところからの手術をしていくことになっていいくため、クセも残ってしまうこともあり、また腸閉塞になりやすくなってしまいますので、軽度な症状の場合は避けましょう。

なぜなら、手術で開腹を何度か続けていると、開腹する部分がどんどんなくなってしまうからです。しかし、ひどいときは開腹手術の必要があるといえます。

引用元-腸閉塞の症状を紹介!悪化すると死亡することも? | Hapila(ハピラ)

腸閉塞での入院期間について

腸閉塞の症状が大きくなり入院が必要となる場合は、その入院期間がどのくらいの長さになるのか気になるという方も多いでしょう。もちろん個人差があるため必ずとはいえませんが、これまでの患者のデータが算出されています。ある病院では腸閉塞が原因で入院した患者さんの全体の平均入院期間は約13日となっていて、2週間ほどで入院を終えることがわかります。ある程度中期の入院となりますが、長期的な入院よリ比較的短いといえる期間ではあります。とはいっても、もちろん症状にかからないにこしたことはありませんので注意しておきましょう。
 
腸閉塞の治療には手術が必要な場合と必要でない場合があります。手術が必要な場合の方が少し入院期間が長くなる傾向にあります。手術の必要がある場合は平均して約17日です。手術なしの場合は約11日となっています。2週間かからないくらいで退院できることがわかります。
 
症状には個人差があるので、症状が軽度の場合は比較的早く退院できます。最も多いのは1週間から15日程となっていますが、早く治れば5日ほどで症状が改善されます。症状が早期で発見された場合は、入院期間も短くなります。より重度の症状になると、20日から30日ほどかかってしまうこともあります。手術をした方がやはり全体的に入院期間が長くなっています。

引用元-腸閉塞の入院期間

腸閉塞になる原因とは?

腸閉塞の原因は、いくつかの要因が考えられます。

腸が何らかの影響で屈曲したり腸の運動が妨げられ通過障害を起こす場合。これは以前に手術を受けたり、結核などで腹膜炎を起こしたことのある人に起こりやすい。
中高齢者の場合、腸の壁に腫瘍などができたり、結核などの感染が起こり、通過障害が起きやすい。
消化の悪い食物や、胆石や糞石などの異物がつまり、通過障害を起こす場合。これは小腸と大腸の境目を閉塞することが多く、また便秘気味の人にも起こりやすい。
腹部で腸以外の場所にしこりができ、腸を圧迫して障害を起こす場合。腸以外のがんや、腸をまたいでいる血管に圧迫されることによって起こります。
お腹の中にある狭い穴に腸が入り込み通過障害を起こした場合。ヘルニア(脱腸)による腸閉塞など。
腸が自然にねじれて障害を起こす場合(腸捻転)。腸が長い人に起こりやすい。
腸の動きが麻痺して内容物が停滞する場合。脊髄損傷や脳梗塞などの神経障害を持つ方や腹膜炎などの腹に炎症がある人に起きます。
腸の一部が連なる腸の中へ入り込んで通過障害を起こす場合。
腸の血管のつまりや高体温、ヒステリーなどによっても障害が発生します。

引用元-腸閉塞 症状・原因・治療方法

便秘の人は腸閉塞になりやすい?

腸閉塞の原因は、さまざまあります。ひとつは、以前に開腹手術をしたときに腸が癒着(ゆちゃく)してしまったことが原因になる場合です。盲腸や胆石の手術後に癒着が起こることがあるのです。それがひどくなると腸閉塞になってしまいます。

また、大腸がんなどの、腸に関わる病気は、腸閉塞を引き起こします。ですから、便秘であれば必ず腸閉塞になるとは言えないのですが、確かに便秘であることによって腸閉塞になりやすい腸内環境にあるといえるのかもしれません。

それは、便秘により胃腸の働きが弱まってしまうからです。もともと不必要なものが腸内にずっと溜まっていれば、大腸はつらい思いをせざるを得ません。腸の健康を考えれば、便秘は大敵なのです。

引用元-便秘の人は絶対に知っておこう!腸閉塞って何?わかりやすく解説! | 便秘の即効解消法!ツラい腹痛にサヨナラしよう!【腸内宣言】

超高速の再発を予防するために

腸閉塞は手術後の腸の癒着により再発する可能性の高く、人によっては何度も起こしてしまうリスクがある病気です。

そんな腸閉塞の再発を出来る限り予防するには、まず適度な運動を行い、同じ姿勢を長時間しないようになどして
腸の活動が活発に行われるように努めましょう。

それに腸閉塞にとってストレスはよくありません。
腸閉塞は腸の病気ですから、ストレスを受けてしまうと腸の動きが鈍くなったり、活発になったりして腸の動きが不安定になってしまいます。

そうならないようにするためにもストレスフリーな生活を心がけましょう。

腸閉塞の再発予防で一番気をつけなくてはいけないのはやはり食事です。

暴飲暴食をして腸に負担をかけるなどはもってのほかです。

腸閉塞の再発を予防するには、食事のメニューにも気を使いましょう。

取り入れてほしい食材はとにかく消化の良いものです。
消化の良いおかゆや雑炊、うどんなどはおすすめです。

豆類であれば豆腐や豆腐あんかけ、肉豆腐、豆腐の煮物などがお薦めです。

肉類でしたら脂身のない部分を選び、ロールキャベツやシチュー、グラタンなどにすることがおすすめです。

魚類でしたら、蒸した白身魚やカレイの煮付けなどがおすすめです。

腸閉塞になると便秘の状態になります。
なので食事の汁物なども含めて、毎日1~2リットルの水分を摂取して便秘にならないように気をつけましょう。

便秘にならないようにすることが大事なので、毎日一定の時間に排便する習慣をつけることも重要です。

また、どうしても便秘が改善されない場合にはお薬の力を借りましょう。

緩下剤薬を使いましょう。緩下剤薬には効果が出るまで10時間程度かかるものやそれこそ10分足らずで効果が出るものなど様々なので、お医者さんに相談して服用するものを選びましょう。

引用元-腸閉塞での入院期間と避けるべき食材は?再発を予防するには | これって、そうなんだ~!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる