ストレスで咳などの異常 退職を考える前にリスクも考えておこう

目次

あなたは大丈夫?ストレスによる要注意状態とは

日曜日の夜に眠れない

交感神経の働きが活発になると眠れなくなります。他の曜日は快眠なのに日曜日の夜だけ全く眠れない場合、かなりのストレスを覚えていると言えます。

アロマや入浴法で副交感神経の働きを促すことはできますが、根本が仕事のストレスなので解決にはなりません。月曜日の仕事量を減らしておくことで安心感を得られます。

月曜の朝に食欲が無い

食欲が無い場合、抑うつ状態になっている可能性があります。この場合、会社に近づけば近づくほどストレスを感じます。一時的な抑うつ状態のため、気分の落ち込みは激しくなります。仕事が始まってしまえば惰性で何とかなるのですが、それまでに考え込まないことが大切です。

自殺者は月曜日に抑うつ状態なることが多いため、月曜日の朝の気分は要注意です。頭を抱え込むほど仕事に行きたくないのなら退職も考えた方が良いでしょう。

病気や事故を望んでいる

通勤時、仕事をするよりも風邪や通勤時の事故を望むようになれば直ぐに退職しましょう。仕事は生活のためにするためです。健康を害してでも仕事をしない方が良い場合、既にうつ病になっています。

私も上場企業に勤めていたときにこの状態になりました。教育が無いにも関わらず仕事を任せられたため、顧客に叱られる生活が続きました。月曜日は「このまま逃げ出してしまいたい」と思うほど憂鬱で、赤信号にフラフラと近づいていたこともあります。結局は早期に退職しました。

ため息が多い

ため息は身体がストレスと戦っているサインです。風邪の時に咳だと思って下さい。ため息は呼吸のように意識しないで出していることが多いです。普段よりもため息が多いなと感じたらストレスが溜まっている証拠です。日曜~月曜にため息が多いようならブルーマンデーになっていると思われます。

引用元-月曜日の「仕事に行きたくない度合い」で退職の決断ができる

ストレスによる咳の症状について

完熟したトマトに指を入れた時、トマトはへこんでしまい元の状態には戻らなくなってしまいますよね。私たちの身体もストレスを多く受けると、完熟トマトの様に元の通常の状態に戻らなくなり、なんらかの異常が現れます。ストレスによって引き起こされる様々な症状の中には、咳もあります。

咳が辛く、医療機関で様々な検査をしたにも関わらず原因が分からない場合があります。この様な時は、心因性のものかもしれないと疑ってみてもいいかもしれません。極度の緊張をした時に咳がでる、また日中は激しく咳が出るが夜には咳は出ないなどの症状がある人は、心因性である可能性が高いといわれます。

心因性の咳の場合、一番の治療法はストレスの原因を取り除くことです。しかし、ストレスの原因を取り除くのは簡単にはいきません。私たちの身体は、自分が苦しい状態にある時はもちろん、楽しい時にでもストレスを感じているからです。状況や気温の変化などでさえストレスの原因となりえます。

引用元-ストレス 咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

ストレスで退職を考えた時の退職後のリスクについて

①収入がなくなる

当たり前の話ではありますが、

今まで手にしていた安定収入がなくなります。

これはやっぱり、かなりの不安ですよね。

常日頃から、ある程度の貯金をしておくか?

または、会社に内緒で副業をしておくか・・・?

②税金や保険の手続きを自分でしなければならない

これはめんどくささと同時に、

意外と金額を取られるので痛手になります。

前向きに考えると、

「自分がどれだけ国にお金を取られているのか?」

しっかりと知るチャンスとも言えますよ。

③周囲の目が気になる

失業するって、どんな理由であれ、

どうしてもプラスのイメージにはなりませんよね。。。

どうしても、家族や親戚など、

周囲の目が気になってしまいます。

また、上司との軋轢で退職された方などは

特にその分の負い目がストレスになってしまいます。

追い打ちをかけてしまわないように、

事前に、心の逃げ道を作っておいた方が

良いかもしれません。。

引用元-STOP!上司と合わない…会社をやめたい?辞めた後のリスクを知ろう – 人生みんな!楽しく過ごそう!

自律神経の乱れによるストレスの改善は生活習慣の改善から

・早寝早起き

パソコンやスマホを見て夜遅くまで起きていることはありませんか?同じ時間に寝起きすることは生活のリズムを作り、自律神経を整えます。

・食生活の改善

暴飲暴食、ムリなダイエットは禁物です。栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
ビタミンBはうなぎ、レバー、青魚などから、「ビタミンACE」を緑黄色野菜やフルーツから、カルシウムを大豆や海藻などから摂取するといいでしょう。

・運動

ストレッチや散歩などで楽しく体を動かしましょう。心地よい疲れは質の良い睡眠を誘い、気分転換にもなります。体力を維持することもとても大切です。

・リラックス

リラックスをしているということは、ストレスが和らいでいるということです。ゆっくりと湯船につかって体を温めたり、ヨガで心を落ちかせたり、マッサージをしてもらうといいでしょう。ウトウトと眠くなってきたらリラックスしてきたサインです。

引用元-適応障害は甘えなの?症状や治療方法を紹介! | Hapila(ハピラ)

咳や喉に良い食べ物について

基本的には体を温める食べ物が咳や喉にいいです。
温かい飲み物で血行を良くし、体を温めるのがより効率良いです。
物を食べてる時は、咳は出ないですよね。
やはり、喉を温めたり潤しておくのが大事ですね。

・生姜湯(紅茶に生姜汁を入れたら飲みやすいです。)
・大根おろしと出た汁を飲む。
・はちみつをなめる。
・黒豆を煮て煮汁を飲む。
・かりんやきんかんののど飴をなめる。
・びわ茶

これらの食べ物は、喉にいいとされているものですので試してみてください。
特に生姜湯は、咳や痰、喉の痛みを押さえる作用だけではなく、
ちょっと風邪かなという時にも、発汗作用があり有効です。
もちろん、うがいや手洗いをしておくこともお忘れなく。

引用元-喉がかゆい!咳が止まらない原因とは?夜や朝に咳が出るのは? | 素晴らしき人生!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる