え!また顔に湿疹! 湿疹や皮膚炎その原因って?

目次

湿疹について

湿疹とは
皮膚に炎症が起きてしまうことです。

別名で皮膚炎とも呼ばれます。

一言で湿疹と言っても分類があるのです。

・接触性皮膚炎
・内因性湿疹
・脂漏性湿疹
・乾皮症/皮脂欠乏性湿疹
・ビダール苔癬(たいせん)
・尋常性湿疹

これほどの種類があります。

そしてこれらの症状は
先ほどもいったように、皮膚に炎症が起きてしまいます。

つまり、湿疹とは皮膚に起こる炎症の総称です。

皮膚に炎症が起こる病気として
湿疹と似た物に蕁麻疹(じんましん)がありますが

湿疹とじんましんは別物です。

蕁麻疹の主な症状は
湿疹と同じく皮膚に炎症がおきる(かゆくなる)点では
同じですが、その後の病状の変化が違います。

じんましんは
症状が短時間で現れたり、
消えたりを繰り返しますが、
湿疹は一度発生した場合には、数日の間は症状が続きます。

また、
蕁麻疹は蚊に刺されたような膨らみができることが多いですが
湿疹の場合はカサツキを伴います。

このように皮膚がかゆい(炎症)という点では同じですが
湿疹と蕁麻疹は別物なのです。

引用元-湿疹の原因はストレスにもある!顔や手にかゆみが起こるストレスの恐怖 | ブレインミルクの消耗。

湿疹や皮膚炎の原因について

湿疹・皮膚炎を引き起こすきっかけとなる原因には、大きく分けて次の2種類があります。

湿疹・皮膚炎の原因(1)外的因子

皮膚表面に接触する何らかの異物や体外からの刺激のことで、化学物質、ハウスダスト、花粉、ダニ、細菌、紫外線、化粧品、紫外線、摩擦による刺激などが含まれます。

湿疹・皮膚炎の原因(2)内的因子

遺伝的なアレルギー体質、乾燥肌、皮脂分泌異常、発汗異常など、体内側の要因が「内的要因」です。

例えば、漆などに接触したことによって発生するかぶれは、外的因子が原因の湿疹・皮膚炎です。

しかし、アトピー性皮膚炎のように、アレルギー体質など内的因子があるところにハウスダストなどの外的因子が加わって湿疹・皮膚炎が発生することも多く、こういった外的要因と内的要因が複雑に関連して発生する湿疹・皮膚炎は、原因の特定が難しい場合があります。

引用元-湿疹・皮膚炎の原因 | ヘルスケア大学

心の状態による顔の湿疹

特にアトピー性皮膚炎の場合、イライラ、不安、苦痛、焦り、怒り、などのよくない感情を抱きやすくなります。このような感情は熱の性質を帯びているので、かゆい湿疹を引き起こしやすくなります。そして、熱の性質は上へと移動しますので、人間の体でいうと「顔」に出やすいのです。顔に湿疹が出た時は、足を温めるというのが基本です。これは覚えておくと良いでしょう。

顔の湿疹がどこに出るかを見れば心の状態を知ることができます。例えば怒りや、強い焦りなど激しい感情が心を支配するようになると「おでこ」に出ます。かゆみや痛みで「どうして自分だけ」という自分に対する怒りや不満でも「おでこ」に出ます。また、不安や失望などでクヨクヨしていると「口もと」に出ます。ストレスや心配事でオドオドしていると「口もと」や「頬」に出ます。

かゆみと痛みの中で感情をコントロールすることは難しいことですが、「深呼吸」を 繰り返しおこない、心を落ち着けましょう。ある意味あきらめるのも一つの手です。入院治療で劇的に良くなるケースがあります。入院してしまえば、仕事をしたくても できませんし、何もない白い壁の病室でただ「ボーっと」しているだけです。1週間 の入院なら1週間あきらめるしかありません。 このような環境が感情をコントロールして、治りを早めるようです。入院ができない場合でも、せめて休みの日は家で「入院している」と心の中で仮定して、家事も何もおこなわずにあきらめてみてください。顔の赤みが引いて、落ち着いてきます。

引用元-アトピー改善PART.5~顔の湿疹が示すメッセージ | スピリチュアル情報のトリニティ:女性向けスピリチュアルニュース、コンテンツを配信

顔の湿疹が出た時は病院へ行ったほうがいい?

顔をかいてしまうのが我慢できないほど、
痒みが激しいときは
湿疹ではなくて「アトピー性皮膚炎」の
可能性があります。

 

また顔だけではなくて、全身に湿疹ができる
ときは皮膚のトラブルでなく
内蔵疾患などが原因かもしれません。

このような症状がでたら
早めに病院に行きましょう。

 

最初は皮膚科を受診してみましょう。

皮膚科が近所にない場合は
内科でも対応してくれます。

引用元-顔の湿疹の原因はなに?原因別対策はコレ! | QRIONE調査団

顔の湿疹は化粧かぶれ?化粧かぶれの場合の主な原因について

新しい化粧品だけでなく、普段使っているものでもかぶれを起こす事があります。
化粧かぶれが起きる原因を3つに分けてみました。

 

原因1.新しい化粧品が肌に合わない
 

化粧品に含まれているどの成分が原因なのかを知っておくのも大切です。
知らないと、同じような化粧品を購入してしまって化粧かぶれを繰り返してしまいます。

よくあるのは、アルコール、保存料、香料、油分などです。

原因2.紫外線
 

いつもの通りのメイクやスキンケアなのに、紫外線の刺激が化粧品に反応し、急にかぶれが発生することがあります。

スキーや運動会、屋外でのスポーツ観戦など、多少の予防はしていても、思いがけず長時間紫外線を浴びてしまい、紫外線対策が間に合わなかったというような時に起こりやすくなります。

原因3.その他
 

睡眠不足、季節の変わり目、空気の乾燥、生理前のホルモンバランスの崩れ、洗顔のしすぎ、食生活の偏り、ストレス、などによって、肌のバリア機能が低下し、いつもの化粧品なのにかぶれが生じます。

状態が悪い時は、インスタント食品、スナック菓子、コーラなどは控えましょう。ひどい時は、コーヒーや紅茶なども刺激物になります。

引用元-我慢できない顔の湿疹やかゆみの原因って何?化粧かぶれや皮膚炎の対処法

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる