睡眠を促してくれる効果的な音楽はクラシック

目次

睡眠を促進する効果的な音楽はクラシック

人が穏やかに睡眠に入るには、体がリラックスした状態になることが最も重要な要素の一つです。音楽が睡眠と関係するのはこの部分で、音楽を聞くことによるリラックス効果を得ることが質の良い睡眠につながります。人の睡眠には交感神経や副交感神経といった自律神経が深く関わっていて、副交感神経が優位に立つことによって脳や体がリラックス状態になり、脳や体が寝る方向へ向かって変化します。人によって効果的な音楽は多少違いますが、こうした作用が大きいのはクラシックやオルゴールなどの静かで穏やかな音です。基本的な音楽の方向は子守歌で、子守歌のようにゆったりとしたテンポの音楽であればクラシックに限らなくても効果が期待できます。

引用元-音楽が体を睡眠に導く~不眠症に効果的な音楽とは?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

クラシック音楽の睡眠への効果があるのは右脳を刺激するため

クラシック音楽には、
右脳を刺激することで左脳を休ませてくれる効果があります。

ご存知の方も多いかとは思いますが、
人間の脳というのは、
左脳(言語脳)
右脳(非言語脳)

に別れています。

普段過ごしている時は、
左脳を主に使っている状態なのです。
ですので、左脳は右脳よりも疲れてしまうことが多く、
休息しないことが続くと、脳の思考力は低下します。

この左脳を休ませるためには、
右脳を刺激することが重要となってきます。

クラシック音楽を聴くことにより、
右脳を刺激し、左脳を休ませることができるのです。

アルファ波が出てくる

クラシック音楽は、
アルファ波という脳波を引き出す効果があります。

このアルファ波が出ている状態は、
リラックスして精神的に安定している状態です。

アルファ波は、
「1/fゆらぎ」という周波数により、発生するのです。

例えば、自然現象ですと、、
川の流れの音や海の波の音もそれに当てはまります。
クラシック音楽にも、この「1/fゆらぎ」を発生させる効果があるのです。

そのことにより、リラックスした状態を作り、
睡眠の質も向上させるのです。

このようにクラッシック音楽というのは、
脳に直接働きかけることによって、リラックスした状態を作ってくれるのです。

引用元-睡眠にいい音楽!クラシックは安眠効果を期待できるの?

その他クラシック音楽の効果とは

免疫細胞のリンパ球を増やすなど免疫力の強化
精神的な不安の軽減
痛みの緩和
このようにクラッシック音楽は、私たちの「脳」に働きかけて、深いリラクゼーション効果を与えてくれます。

その中でもモーツァルトの音楽は癒し効果が特に優れているといわれています。

モーツァルトの音楽は、生体機能に刺激を与える高周波を多く含んでいます。
この高周波音は脊髄から脳にかけての神経系を刺激し、その結果健康を支えている生体機能に良い影響を及ぼすのです。

引用元-クラシック音楽のリラクゼーション効果がすごい! | 美肌マニアの美容情報

睡眠前のクラシック音楽の効果的な聴き方とは

睡眠前にクラシックを聞く時は、ヘッドフォンを使って集中できる環境を…という事は推奨されているようですね。

ただ、普段ヘッドフォンを使わない人にとっては、むしろ邪魔になってしまう可能性もあります。 睡眠環境を整えるために聞くわけですから、一般論に流されず、まずは自分が一番リラックスできる方法で聞く事が大事ではないでしょうか。

クラシックの内容は、ピアノ系よりも弦楽器系の方が睡眠への効果は高いとされているようです。(低音と高音が適度に混ざるのが良いのだとか) クラシック音楽はもともと芸術ジャンルなわけですから、ここの理論も人それぞれ感じ方が違うように思います。

今は、動画サイト等でも気軽に試し聴きする事ができますので、まずはいろいろ聞いてみてから、自分に合ったCD等を購入してみる事をおすすめします。

引用元-寝る時/睡眠前クラシックの効果・本当におすすめ? | 眠れない時寝る方法のまとめ

睡眠に効果的なクラシック音楽のおすすめはモーツァルトの子守唄

かの有名なモーツァルトの音楽です。

実はアマチュアのフリースが作曲した曲で

あると言われております。

しかし、モーツァルトの名前が人々に

広まったので現在でも「オーツァルトの子守唄」と

いう名前で呼ばれています。

子守唄と題名についているように

非常に眠気を誘う曲です。

子どもが安心できるリズムですので、

胎児に音楽を聞かせる「胎教」にも

おすすめされる曲です。

引用元-睡眠の為のクラシック10選!!良質な睡眠が取れるクラシック音楽とは? | 電魂 -denkon.net-

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる