花粉症による目のかゆみへの対策は?

目次

花粉症による目のかゆみについて

花粉症の症状を代表するものに、目のかゆみがあります。この目のかゆみというのは、アレルギー疾患に特有の症状です。

つまり、風邪にはない症状と言えますから、この症状が現れたらまず花粉症を疑う根拠となりえます。

目のかゆみとは具体的にいうと、目のまわりのかゆみ、まぶたのはれ、結膜のはれに分けられます。

かゆみや痛み、また涙が止まらなくなる厄介な症状です。これが飛散時期を経過するまで続きます。

まぶたは防衛機能として腫れることによって、外からのさらなる異物の侵入を防ぐ、という意味合いもあるのです。

結膜は基本的に、涙などから分泌される成分によっていつも濡れています。これは角膜を保護したり、眼球の動きをスムーズにするためです。

ただし、濡れているからこそ、花粉が付着しやすい場所でもあります。免疫反応が起こりやすい場所とも言えるでしょう。

目がかゆくなり、こするという一連の行為は、身体の異物を排出しようとする防衛機能のしわざです。

しかし、目をこすると異物が取り除かれるのではなく、単に角膜や結膜を傷つけることになってしまいます。

そのため、極力かゆくてもこすらないようにすることが大切です。

引用元-花粉症の目のかゆみ | 誰でもできる!花粉症対策と予防法

目のかゆみ対策としてのツボ押し

ツボを押す時は軽く目を閉じ、目の乾きを防ぎながら行うと効果的です。
攅竹(さんちく)
眉毛のツボです。鼻側の眉毛のはしにあり、指で触ると大きく凹んだ部分があります。その部分を親指か人差し指で押し上げるようにリズムよく3~5回程度、3~5秒程度ぐりぐりと回すように指圧してみましょう。
※鼻をかむポーズで人差し指を眉毛のはしに当てると言った方がわかりやすいかと思いますが、ちょうど人差し指があたる部分が攅竹になります。
承泣(しょうきゅう)
目の下の窪みにあるツボです。人差し指または中指で優しく◯を書くようにマッサージしてみましょう。
太陽(たいよう)
眉尻と目尻の真ん中からやや後ろ、こめかみ辺りにある別名「眼医者殺し」という危険な香りのする名前があるツボです。押すと鋭い痛みが走るので解り易いです。中指と薬指で顔を支えるようにしながら、人差し指で3~5秒ほどじんわりと優しく力を入れながらツボを押してみましょう。
※人差し指だけで力をかけるのは危険ですのでご注意ください。

引用元-花粉症対策は簡単?目の痒みで眠れない時もこれで大丈夫!| いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~

洗顔と目の戦場で目のかゆみ対策を

目に花粉が付かないように気を付けるには、先ずは顔の表面に花粉を付着させたままにしないことです。ぬるま湯で優しく肌表面の汚れを落とします。妊娠中は肌が普段以上に敏感になることもあるので、洗顔フォームや石鹸にも気を付けてください。

よく冷水で洗顔すると肌が引き締まると聞きますが、花粉を落とす目的なら冷水ではなくても大丈夫です。逆に頻繁に洗顔することで肌表面の潤いが足りなくなる恐れもあるので、自分の肌に負担のない洗顔を考えてみてください。

手洗いと同じように起床時や、外出先からの帰宅後に行うことがベストです。しかし、日中はメイクもしているのでなかなか洗顔をこまめにすることは困難です。しかし、目元だけでも簡単にウェットティッシュで叩いたりして花粉が顔に停滞しないようにしましょう。

目は市販の目の洗浄薬などを利用して、清潔を保つことができます。特に外出先からの帰宅後や、起床時、就寝時は目がゴロゴロしたり違和感を感じがちです。洗顔やコンタクトレンズの装着とセットで行うと忘れません。

ただ、洗浄薬を使用する場合は手洗いうがいと違って、洗えば洗う程に良いというわけではありません。洗浄のしすぎで眼球を保護している潤いが足りなくなる可能性もあります。目に負担をかけないように指定された回数を守りましょう。また、目に対する刺激を考えて、水道水での洗浄はプール上がりなど一時的な利用に留めておきます。

引用元-花粉症、目のかゆみと充血対策

花粉症対策の前にまずは予防をしよう

外出時はできるだけ花粉を避ける
晴れて風が強い日中は花粉がたくさん飛びます。とくに飛散のピークとなる昼前から午後3時ごろの時間帯はなるべく外出を控えましょう。外出時はマスクをし、帽子を着用します。ニットの服は花粉がつきやすいので、花粉の季節は、花粉の付きにくいスベスベした素材の服を選んで着るようにしましょう。

眼鏡
花粉症用の眼鏡が有効です。普通の眼鏡と違って、隙間から花粉の侵入を防いでくれます。ゴーグル型も有効ですが、最近は、デザインがいい眼鏡が出ています。普段かけている眼鏡でも目の表面に飛び込む花粉を減らすことができます。

コンタクトレンズ
コンタクトレンズは、結膜炎を悪化させたり、花粉が付着しますので、できれば花粉症のシーズンは避けたほうがいいでしょう。そのため、どうしても必要なら、使い捨てソフトコンタクトレンズの方がいいでしょう。詳しくは眼科で相談してください。

花粉を家に入れない
家に入るときは、衣類の花粉を払ってから。花粉を家に持ち込まないようにしましょう。窓や戸をしっかり閉める。外で干した布団や洗濯物には花粉がつくので、取り込む前によく払う。室内をこまめに清掃する。などを家に入れないのが一番シンプルで重要なことです。

引用元-花粉症の目のかゆみの4つの対策 | iGotit

花粉症対策は目を冷やして目のかゆみを抑える

かゆみの原因物質であるヒスタミンは、

冷やすことで発生を抑えることができます。

目がかゆい時には、目の周辺を冷やすことで、

かゆみを抑えることができるんですね。

 

この時に便利なのが「保冷材」です。

デパートでケーキを買うとついてくる10センチ程度の

保冷剤があるでしょ?あれがよく効くんですよ。

かゆい部分に保冷剤を当てて、すーっとすっきりしてください。

 

使用した後は再び冷凍庫に入れておけば、

何度でも使用することができます。

引用元-花粉症の症状で目のかゆみの対策法。目薬で治る?病院にいったほうがいい? | 誰かに話したくなる知恵袋

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる