妊婦に起こる胃痛の原因とは?5ヶ月頃の中期に気をつけることとは

妊婦の胃痛の原因について

妊娠初期

妊娠初期によくある胃痛や胸焼けは、つわりによるものです。これによって妊娠に気がつく方もいます。個人差が大きく、ひどい胃痛やむかつき・嘔吐を繰り返し、食事もとれない方もいます。原因は、ホルモンバランスの変化で、妊娠して大量に分泌されるプロゲステロンが、胃腸の働きを弱めてしまうため、消化不良を起こしやすくなり、胃痛・胃の不快感・むかつきといった症状が出ます。また、妊娠中は何かとストレスが溜まりがちで、自律神経が乱れ、胃粘液分泌の減少や胃酸過多が起こり、胃痛に繋がることもあります。

引用元-妊婦の胃痛、原因と解消法まとめ。薬は飲める? – こそだてハック

妊娠中期~妊娠後期

安定期に入るとつわりがおさまる方が多いですが、続く方もいます。また、今度は後期つわりの症状に苦しめられる方もいます。後期つわりでは、胃痛・胸焼け・吐き気・げっぷなどの症状が見られます。妊娠後期におこる胃痛は、出産日まで続くこともありますが、出産後はうそのように痛みがなくなりますから、安心してくださいね。

引用元-妊婦の胃痛、原因と解消法まとめ。薬は飲める? – こそだてハック

他の人はどう?5ヶ月頃の妊婦の胃痛について

みんなどうだった? 妊娠中期の「胃痛」の体験談

キリキリする感じの胃痛と、弱い生理痛のような下腹部の鈍痛がありました。我慢できない痛みではないが、妊娠中だったので不安でした。

甘い物好きの私ですが、妊娠中は体重管理や胃痛等で我慢していました。そんな私の目の前で夫はパクパク…。しまいには「食べる?」なんて聞かれることもありました。(31歳)

妊婦の時に油っこいものを食べると胃痛で夜中に目が覚めて大変でした。(28歳)

胃痛がつらかった妊婦期は、産婦人科で薬を出してもらいました。赤ちゃんにはまったく影響ない薬を出してくれるので、小さなことでもなんでも産婦人科の先生に相談するといいと思います。

総合病院だったので、胃痛がひどかったときに内科に紹介状を書いてくれ、すぐに診てもらえたのは良かったです。

胃痛、便秘がひどかったので漢方の胃薬とヨーグルトを食べてました。

引用元-妊娠中期胃痛 赤すぐ|妊娠中期の胃痛についての説明や妊婦さんの体験談

妊婦の妊娠中期の胃痛への対処法について

対処法としては、ゆっくり食事をとる、食事の回数を増やして、1回あたりに食べる量を減らす、寝る時は上半身をやや起こして子宮の上腹部圧迫を緩和するなどで対処する方法があります。胃薬を服用することも可能ですが、妊娠中の服用は注意が必要なため医師に相談するようにしましょう。

引用元-妊娠中期の腹痛や胃痛など。様々な悩みの原因や対処法。今すぐ病院に行くべきなのはどんなとき!?|welq [ウェルク]

妊娠中に胃痛症状でどうしてもお薬を飲みたいという場合は服用できるのでしょうか?例えば、市販薬の太田胃散、第一三共胃腸薬などは服用可能だと言われていますが、妊娠中は体が特別な状態にあるため、念のためかかりつけの医師に服用する旨を伝えるようにしてください。できるだけ産婦人科の先生に相談して処方薬を服用した方が安心でしょう。

引用元-妊娠中期の腹痛や胃痛など。様々な悩みの原因や対処法。今すぐ病院に行くべきなのはどんなとき!?|welq [ウェルク]

妊娠中期に再来するつわり

妊娠初期にやっとつわりが終わり、これからは気分爽快に妊婦生活を送れる!と思ってるころに、何となくつわりのような吐き気に襲われる人がいます。一度はなくなった吐き気が妊娠中期に再来するということがあるのです。

これは、つわり第2波とか、第2のつわりと呼ばれるものですが、妊娠中期以降に再び吐き気が起こる人、また、妊娠初期には吐き気がなかったのに妊娠中期になって吐き気がある人は、妊娠初期のつわりの吐き気とは別のものと考えましょう。

妊娠初期に起こるつわりの原因は、プロゲステロンというホルモンの増加が原因でした。妊娠中期にはプロゲステロンの影響を受けることが少なくなるので、ほとんどの妊婦さんは妊娠初期の時点でつわりによる吐き気から解放されます。

しかし、ホルモンが影響しているのではなく、胃痛や胃の違和感から来る吐き気はお腹が大きくなってくる妊娠中期以降の吐き気の特色です。妊娠初期のつわりには胸焼けや吐き気の症状がありますが、胃痛やげっぷの症状はありません。

妊娠中期に入ると胎児が大きくなることで胃が刺激され、圧迫されて胃酸が逆流することが原因で吐き気、胸焼け、ゲップ、胃痛などの症状がある吐き気になるわけです。

強い酸である胃酸が食道を逆流してくるので胸がチクチク、ヒリヒリします。つわりの第2波が来ない人もいますし、妊娠初期の続きで切れ目なく吐き気がする人、プロゲステロンの影響と共に、胃の圧迫も影響している混在型の人もいます。

引用元-妊娠中期の吐き気の原因と8つの対処法

5ヶ月頃の妊婦さんは食事や胃痛などに注意

妊娠中期は、食事の内容に気を付けましょう。

妊娠中期になると、安定期と呼ばれる時期となりママの体調も良くなってくることが多いです。つわりも明けてくるので食事も美味しく頂けるようになります。

ここで注意したいのが、食事の内容です。

妊娠中期は気分が良い日も多くなるので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。妊婦さんは2人分食べなきゃといって食べるママもいますが、妊娠中の過度の体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

特に食べつわりの人は注意が必要です。食べつわりの食欲のままに食べていると、急激に体重増加になることもあります。過度な体重増加にならないように気を付けましょう。

■妊娠中の体重増加は何キロまで?
妊娠中の体重増加は、7~12kgぐらいの範囲が理想とされています。妊娠前にやせていた人は、9~12kgぐらいの増加になるように体重を管理していきましょう。

妊娠中期でも胃痛やムカムカがある
妊娠初期のつわりのように、妊娠中期でも胃痛やムカムカが残っているときもあります。胃痛やムカムカといった症状は、子宮が大きくなることで物理的に胃や腸が圧迫されることによって発生すると考えられています。

長い人では妊娠後期まで症状が残っている人もいて個人差が大きいようです。

対策としては、食事を数回に分けることなどがありますが、症状がひどいときは産婦人科を受診して症状を診てもらうようにしましょう。

引用元-妊娠中期の注意点

twitterの反応


https://twitter.com/hitop17/status/722667094119161856

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA